上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 


●1-7ロッテ



すべては清田へのあの一球。あれですべてが終わった。


もちろん伏線は山ほどあった。立ち上がりから二本の安打を許すなど、どうも今日は「良いときの山井じゃない」ことは分かっ
ていたので、早かれ遅かれ3,4点は取られるであろうことは概ね予見できた。
対する渡辺俊は球のキレ、制球共に抜群で、「ああこれは厳しい試合になるな」というのも概ね予見できた。

が、予想外にも先制したのは3回表の中日だった。
こうなれば6回以降は河原高橋浅尾岩瀬と繋いでいけばなんとかなるわけで、山井は残り3イニングを必死で投げ抜けば、
千葉の初戦、しかも難敵・渡辺俊を相手に大きな大きな勝利がかなりの確率で手に入るぞと。
そんな皮算用を始めた矢先の3回裏、サブローにタイムリーを打たれてさっそく振り出しに戻してしまう。

それでもまだ同点である。しかし今夜の山井には過去二度の日本シリーズのような神がかり的投球は期待するだけ酷の様
で、4回裏は先頭の福浦に二塁打を打たれ、さらに二個の四球で満塁という自滅に近い形で大ピンチを作ってしまう。






その後の悲劇は皆さんの知っての通りなわけだが、清田への攻め方にしたって0-2からその球を放れば、そりゃ誰だって打つ
わなと言わざるを得ないような置きにいった高めの直球であり、今日の敗因は山井が悪すぎたと、その一言で片付く実に単純
明快な敗戦だったように感じる。ポジティブに捉えれば、シリーズの流れ云々は関係ない、明日にひきずらぬ負け方であった。


「こっちの先発がダメダメで、あっちの先発が絶好調なら、そりゃ負けるわな」でOK。それ以上でもそれ以下でもない。
ロッテ側からすれば本拠地で自分たちらしい試合ができてさぞかし中日は深い痛手を負ったろうくらいに思ってるのだろうが、
はっきし言ってこんなもんは、せいぜい蚊に刺された程度のものである。あれ?なんか痒いな、的な。
だから明日はやり返しとばかりに今シリーズまだ見せていない「中日らしい勝ち方」でタイに戻せば何ら問題はないのだ。


でもよくよく傷口を見ると、いくらなんでも蚊は言いすぎた。ミツバチくらいにしておこうか。
いや、意外と痛くなってきたからスズメバチ・・・てか、ぶっちゃけ結構痛いです。




明日はPerfumeへ行かなかったことを後悔させないような試合を期待します。

スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2010.11.02(Tue)23:59 | 山井大介 | Comment : 03 | Trackback : 00 | 

○3-1巨人




9回表、マウンドに現れたのは・・・山井だった。
そりゃそうだ。ここまでノーヒット投球の投手を、ここで交代させる筋合いがどこにある。


だが3年前のあの秋、そこにいるべき山井はおらず、代わりにマウンドに立ったのは岩瀬だった。
今なお議論の対象となる、あの伝説の「日本一完全試合リレー」
今夜の試合は、まるで野球の神様が山井にもう一度チャンスを与えたような、そんな運命的な試合だった。



ちなみにあの采配に関しての私の意見は、当時から一貫して「落合支持」である。

確かに中日ファン以外の人間からすれば「見たかった」というのはよく分かるが、中日ファンがどれだけ日本一に飢えていた
かというのは中日ファンにしか分からないことであるし、あの時の山井の投球なら9割方完全試合は間違いなかったにせよ、
それでもやはり岩瀬という存在は、目の前に迫った日本一をより確実に取りに行くには最高の切り札だったのである。


と言うようなことを落合支持派がどれだけ声高に主張したところで、納得できない人には永遠に納得してもらえないようだが、
今回の「ノーノー未遂」はどんな主張よりも強い説得力を持って、あの采配の正当性を立証してくれたように思う。









9回先頭の坂本の打球がレフトスタンドに突き刺さったとき、おそらく多くの方は「あ~」と苦笑したことだろう。
ただ苦笑で済むのは打たれてもなお2点の優位があったからで、もしこれが1-0の展開ならと思うと背筋が寒くなる。


たとえば1989年、巨人の斎藤雅がノーノー直前の9回に打ちこまれ、落合のサヨナラ弾でまさかの逆転負けを喫した試合
などは、中日にとっては栄光の記憶であっても巨人にとっては思いだしたくもない屈辱の記憶にちがいない。
要はノーノーや完全試合などは勝利の副産物でしかなく、あくまで優先すべきはチームの勝利であるべきだ。
ましてやそれがシーズンの中でも一番大事な大手をかけた日本シリーズの9回であれば、尚更のこと。


もしあの時、山井が続投していたなら。
坂本のホームランは、その答えだったように思えてならない。







フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2010.08.18(Wed)23:11 | 山井大介 | Comment : 04 | Trackback : 00 | 

○中日4-0広島








人生の分岐点は様々なれど、じゃんけんでそれが決まるというケースは珍しい。



今から6年前の9月12日、デイゲームの広島戦を前に先発投手を決めかねていた落合監督は、たまたま食堂にいた
長峰昌司と山井大介にじゃんけんをさせ、勝った方がこの日の先発というあり得ない選出を行った。
それに「チョキ」を出して見事に先発の権利を得た山井は、ドームなのにサングラスという風変わりな出で立ちで
マウンドに立ち、なんとなんと誰も予想だにしていなかった完封勝利を挙げてのけたのだ。
これがいわゆる「山井のじゃんけん先発」である。


この日のことはなぜかよく覚えているのだが、当時の山井は入団して3年目の若手に数えられる投手で、正直言って
実力、人気共に対した評価はなく、おまけにこの時期は例の球界ストライキ問題のゴタゴタの真っ最中であり、
当日の試合も「スト回避」によってなんとか開催された、という次第であった。

そんなところに山井などという微妙な投手が先発するというので、試合前にバッテリー紹介がされた時の球場の雰囲気は、
少なくとも「やったー!今日は山井だ!」的な期待に満ち溢れた感じはなく、どちらかと言えば「なんだ、山井か」
的な。それくらい、当時の山井は完全なローテの谷間投手であった。



だが、山井はめちゃくちゃド派手に完封を成し遂げた。
試合後に井端が「山井があんな性格だとは初めて知った」と話すほど、従来の山井からは想像もできないような
軽快な投球と飛び跳ねるようなガッツポーズを連発し、一躍山井は人気投手の座をつかんだのだ。


だから、山井といえば07年の完全試合の件がついて回るが、私からすれば山井のベストピッチはあの2004年の試合なのだ。
そして落合監督も、おそらくあの日のあの投球が記憶から抜けないがために、毎年毎年期待はずれに終わる山井に固執し
続け、遂に期待に応えるやYahoo!トップに出るくらいの今夜のようなベタ褒めを本心からしたのではなかろうか。


いずれにせよ、あの日の試合前、もしもじゃんけんで山井が「グー」を出していたならば・・・。
あるいはとっくの昔に解雇され、人々の記憶の中にも残らない程度の投手に終わっていた可能性は極めて高いと思う。
人の人生とは分からないものだ。まさかたった一発のじゃんけんでその後の運命が大きく変わるとは。

あの日あっての今日の完封。
かつて長嶋茂雄はじゃんけんで「グー」しか出さないので有名だったそうだが、
山井は一生「チョキ」に感謝し続けるべきだと思う。


その山井、完封直後の「じゃんけん」で出した手は・・・







「最初はグー、じゃんけん」







ここはさすがに「パー」だった。






フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2010.07.16(Fri)23:59 | 山井大介 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 

○中日4-2横浜







「昔も今も変わらぬうまさ、これだ!豊橋名産ヤマサのちくわ 」
のCMでおなじみの愛知県豊橋市にて、ヤマサならぬヤマイが快投を演じた。



今季の山井は久々に開幕ローテに入りながら、ふがいない投球が続き3度目の先発後に降格。5月を丸々ファーム
での再調整に費やした後、6月頭に戻ってきてからはまずまず安定した投球が続いている。

元々力のある投手なのは誰もが知るところだが、どうも精神面に弱点があるらしく、序盤からグダグダのテンポで
四球を与え、走者をためるだけためて手痛い一発を繰り返すというおなじみのKOパターンはいまひとつ山井大介とい
う投手に信頼を置きかねる要因にもなっている。


荒れ球の投手といえば同じく先発の当落線上を行き来する中田賢一が思い浮かぶが、中田のそれが100歩譲って「個
性」であり良くも悪くも中田の特徴と捉えることができるのに対し、山井の場合は単に試合のテンポを崩すだけの
「短所」に過ぎず、山井の制球が乱れているときは十中八九でボロ負けすると言い切っても構わないと思う。

逆に、制球の決まっているときの山井はとてつもなく安定していて、ヘタすればエースになれんじゃねぇの?
的な淡い期待を抱かせるほどの抜群のものを見せてくれるから面白い・・・というかよく分からない。
山井は、「普通の投手」の尺度では計り知れないぶっ飛んだ投手なのである。



仮に「抜群にいいとき」の山井をいつも維持してくれれば今頃球界でダルビッシュとタイマンを張れるほどの大
投手になっているのだろうが、残念ながらそういう姿を現すのは年に1,2度のことで、大抵は「グダグダな山井」で
あるために、プロ入り9年目にして未だ19勝という、ポテンシャルとは大凡かけ離れた数字に留まっているのである。


これは本当に惜しいことだ。本来的には15勝くらい軽く収めるだけの能力があるにも関わらず、なんだか訳の分か
らない不安定さのためにまともに働きぬいたシーズンがないまま間もなく10年目を迎えるとは。
私も何百人と投手の浮き沈みを見てきたが、こんなに期待値に対する貢献度が低いのに何年経っても期待値の下が
らない投手というのはちょっと記憶にない。つくづく「普通の投手」じゃないのだ。









ところで、話はガラリと変わって管直人首相はかつて田中角栄の推し進めた「第一の道」、小泉純一郎の講じた
「第二の道」に続き、両極端な各政策の中道を行く「第三の道」を経済対策の基本理念として打ち出したという。

今山井が参考にすべきはこの中道を行くという考え方で、めちゃくちゃすごいエース級の投球をする必要はなく、
かと言ってノーコン病の酷い投球も勘弁。ならばその間をとって、そこそこランナーは許すものの抑えるとこは
きちっと抑える、「10勝6敗防御率3.40」程度の「普通の成績」を目標にするのが賢明なのではなかろうか。


完全試合でも大量失点KOでもない、まずは「普通の投手」になること。
今日の投球は「普通に」良かったので、こういうのを続けていけば「普通の成績」は残せると思う。






フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2010.06.23(Wed)23:24 | 山井大介 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 




休む男




野球選手にとって最大の屈辱は、打たれることでも四球を出すことでもなく、試合に出られないことだ。
選手たちが汗水たらして練習に励むのは、すべて試合で結果を残すための準備にすぎない。
試合に出てナンボ。そこで結果を残してナンボ。

そんな選手の想いを、故障はたちまち粉々に壊す。
故障は選手を心身ともに苦しめる。
出たい、出たい。出られない。
野球選手としての意義を奪い去り、多くの有望な選手を葬ってきた、故障。

大きな故障から立ち直るのはとても難しく、その難しさゆえに「カムバック賞」が作られた。
裏を返せば故障からの復帰は表彰されるほど稀なことなのだ。


ところが山井大介は、度重なる故障から幾度となく復活しては、
また新たな故障によりしばし休眠というパターンを足掛け8年に渡り続けている。

幸か不幸か選手生命に関わる致命的な故障に見舞われていないのも一因だろうが、
普通ならシーズンを棒に振るような故障が続けばメンタル的にやられてしまうものだ。

しかし山井は生き返る。
もう誰も期待もしなくなったとき、突然生き返り、マウンドに立つ。
悲壮感もなく、まるでここが俺の居場所だと言わんばかりに、当たり前に。

するとどうだろう、久々の登板を感じさせぬ好投をひょいとやってのけ、
さらに2,3度投げたのち、山井は歴史に残る名投をやってのける。
それもどういうわけか、いつもシーズン終盤に。

そうなればファンは期待する。
いよいよ来年は山井が先発ローテの一角か、と。

ポテンシャルを発揮すれば、最低でも二桁は計算できる。
山井自身も「来季こそは」と口にし、決意を表す。

だが、山井はまた眠る。
まるでそうする義務を負っているかのように、長い長い眠りにつく。

2007年11月1日。
あの日以来、山井は輝きを失くした。

2008年は1試合投げただけで故障によりアウト。
2009年は本来の力を発揮できず17登板止まり。

定石なら、31歳でこんな成績ならいつ解雇されてもおかしくはない。
しかし山井は違う。

いつかまた、あの輝きを。
一試合でもいいから見たい、見せてくれるのではないか。
山井大介というのは、そういう希望を持たせる投手なのだ。

その点、今中慎二という男も儚い希望だけで命を繋いだ投手だったが、
はっきり言って山井と今中とでは実績が雲泥の差。比べるのは筋違いだろう。

なのに、山井は他の投手と異なる「何か」を持っている気がしてならない。
だからどうしても、期待せずにはいられない。

また戻ってきたら、とんでもないことをやってくれるんじゃないかという、淡い希望。


ほとんどいないのに、たまに戻ってくると圧倒的にすごすぎる。
そういえば「週刊少年ジャンプ」にも、似たような作家がいるとかいないとか。



フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2010.02.04(Thu)21:30 | 山井大介 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
 | HOME |  >> NEXT PAGE
 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ