上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 




遂に秋季練習がはじまり、谷繁監督、落合GM、森ヘッドが一同に会した。
三人は簡単な挨拶を済ませると、隣接する合宿所で三時間以上に渡り”トップ会談“を行った。
落合GMが会見で「秋季練習を見て戦力外を判断する」と示唆していたこともあるのか、
ナゴヤ球場はこの時期とは思えぬ緊張感に包まれたようである。

それにしても新体制が決まってからのこの一週間、とにかく毎日が楽しくて仕方がない。
次は何が起きるのか、朝になったら何が起きているのか。
サプライズな展開が次々と待っていて、つい裏声で「フゥーッ!」と叫びたくなるほどだ。
「ジョイナス」なんて言われても微塵も高まるものはなかったが、今は自然に「フゥーッ!」である。


もちろん、この二年間とはちがう雰囲気を敏感に感じているのは選手自身に他ならない。
今日の練習後、吉見は報道陣に「久しぶりにグラウンドでピリっとした空気を感じた」と話したのだ。
久しぶりに、が示す意味はおそらく文字通りに受け取っていいのだろう。
思えば高木政権初年度の春キャンプ時、練習時間を割いてのサイン会に真っ向から苦言を呈したのが吉見だった。


「正直言ってやり過ぎちゃうかなと思います。」
「僕は選手には野球を最優先に考えてほしい。『勝つことが最大のファンサービス』
と言った落合監督の言葉はまさにその通りで、僕はそれが正しいことだと思う。
強いから(球場に)見に来てくれるのであって、5位、6位じゃあ、
いくらファンサービスしてもお客さんは来てくれない。」
「サインすることがファンサービスじゃない。
監督にもそう伝えているんです。もっと違う形があると。サインを断るだけで
『(今年から)ファンサービスするんじゃないのか。』となる。
監督に『サインだけがファンサービスじゃない。』と伝えても、
『サインくらいしてやれ』と言うんで、正直、どうしたらいいのか困っています。
今までだってサインしてなかったわけじゃない。みんなできる範囲でしてきた。
それでも足を止めてサインしろというのは......。
それはさすがに選手の調整に響くんじゃないか、というイベントも正直あった。」



これは2012年2月8日の日刊ゲンダイの記事の一部抜粋だが、結果的に吉見の不安は的中してしまった。
誰よりも勝利へのこだわりが強いエースだからこそ、本音を話さずにはいられなかったのだろう。
来季は早くとも6月までは離脱が濃厚とされているが、ゆっくり治せばいい。
再び“勝つ集団”へと生まれ変わったチームは夏場、復活のエースを盤石の形で迎え入れるだろう。




スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2013.10.15(Tue)23:34 | 吉見一起 | Comment : 01 | Trackback : 00 | 




新政権の船出としては、満点に近い内容だと言えよう。

エースが最高の投球をし、四番が期待以上の活躍をみせ、若手スラッガーにも一発が出て、守護神が締める。
昨季までが緻密な玄人好みの野球なら、今季は誰でも楽しめるエンタメ野球と言ったところか。
スローガンの「ファンと共に」の通り、満員の観客は非常に満足して帰路についたことだろう。

オフシーズンに激しい批判に曝された球団方針は、ひとまず上々のスタートを切った。
だが長いシーズン、中だるみが生じたときにもファンの目を意識する余裕が持てるかどうか。
ファンサービスを掲げるなら、勝てなくなったときの厳しい反応も当然覚悟しなくてはならない。
果たして球団にそこまでの覚悟があるのかどうか。早くも当日券が余っている第二戦に不安を隠せない。






さて、話を試合に移そう。
7回終了時点で広島は延べ21人の打者が打席に立った。
このうち出塁したのは0人。吉見一起は史上初の開幕戦完全試合に向けひた走っていた。

4点差ついたことで勝利はほぼ確実となり、注目は快挙達成の一点に絞られた。
だが前人未踏の頂きはそう容易く進入を許してはくれない。
8回表の先頭・栗原にゴロで抜けるセンター前を打たれて夢破れたり。
「あぁ~」というため息が球場、東海地方のお茶の間に響き渡った瞬間だった。

贅沢は言うまい。
絶対のエースも、OP戦では安打を浴びまくり、状態が不安視されていたのだ。
最後の登板となった24日の楽天戦でも6回無失点とは言え被安打は7。
万全には程遠いかと思われたが、全ての不安をその逞しい右腕で払拭した。


監督が変わった。コーチ・スタッフも一新し、チーム方針も大きく変わった。
それでもエースのやるべきことは何ひとつ変わらない。





「勝つこと」



ただそれだけを求めて、エースの2012年が始まった。






フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2012.03.30(Fri)23:59 | 吉見一起 | Comment : 02 | Trackback : 00 | 





「CSで敗れても144試合の王者は中日なんだから、2011年の優勝が中日であることに変わりはない」



もし今日も明日も負けていたら、私は自分に言い聞かすようにこんなことを書いていたのだと思う。
括弧つきの優勝という現実をなんとか受け入れようと冷静を装って、「落合らしい」などと強がったかもしれない。


昨日の勝利でほぼ間違いないところまで来たとは言え、試合前の私は一抹の、いや、大いなる不安で一杯だった。
先に王手をかけながらナゴヤで連敗して泣きを見た04年の日本シリーズの記憶が生々しく蘇ってきたり、
眠れる畠山、宮本あたりがいきなり目を覚ますんじゃないかと心配したり。
少なくとも昨夜、威勢よく「決めるんダがね」と書いたのは虚勢でしかなく、内心はビクビクだった。

そもそも今夜はソトか久本で中盤までは我慢し、そこからリリーフ陣の継投で刻むものだと思っていたのだが、
18時ちょうどに中継が始まり、画面に映っていたのは背番号19。吉見一起だった。
(昨日、試合開始までオーダーを見なかったら勝ったため、験を担いたのである)

分かっていながら、指を折ってみた。水曜から数えて、三本の指しか折れなかった。
中三日だ。いくらなんでも強行すぎる。
第一これで負けたら、明日はどうするんだ。あっちは石川がいるのに。また心配が募る。

だが杞憂だった。ごちゃごちゃ考え過ぎて、うっかり一番大切なことを忘れていた。






吉見はエースなんだ



その頼もしい右腕から放たれるボールが次々と糸を引くようにミットに吸い込まれる。
抜群のコントロールという常套句じゃ物足りないくらい惚れ惚れするようなコントロール。
「危なげない」とは吉見のためにある言葉かと思うほど、打たれる気配すらない。
これがエースじゃなければ一体何がエースなのか。完璧すぎる投球でマウンドを支配してみせた。


試合後、お立ち台に登った落合監督は「吉見のこんないい投球を見たのは初めて」と褒めたが、
8年間の政権で吉見が頭角を表した08年まで、このチームのエースは川上憲伸のものだった。
海を渡った川上と入れ替わるように09年からエースの称号を継いだ吉見は、
今や目の肥えたファンも「川上を超えた」と認めるまでの球団史でも屈指の大エースへ成長した。

その吉見が、監督も初めて見るほどの「いい投球」で8年間のラストを飾ってみせた。
8年前に掲げた「投手力を中心とした守り勝つ野球」を、今まさに実証したエース・吉見。
中日・落合監督が指揮をとる最後のセリーグチームとの対戦の幕切れに、これ以上ふさわしい役者はいない。



さて、ゆっくり静養する間もなく12日からは念願のホークスとの初対決が始まる。
04年に惜しくも叶わなかった顔合わせの実現は、99年の雪辱も含んでいる。
噂によれば今季のホークスはめちゃくちゃ強いらしいが、エースが君臨する限り、恐れる必要はあるまい。


まあ監督の言う通りシリーズのことはまた改めて考えるとして、今日明日はCS突破の余韻に浸ろうではないか。








胸を張って言おう。「今夜、王者中日は紛うことなき"連覇"を達成した」と!




優勝ご祝儀の拍手をください(笑)
     


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2011.11.06(Sun)23:17 | 吉見一起 | Comment : 08 | Trackback : 00 | 





歓喜の連覇から今日で丸二週間。
この二週間は優勝の瞬間やビールかけや今季の名試合の映像を何度も何度も振りかえり、
振りかえってはニヤニヤが止まらないというまさに夢心地に浸っていた。

だがそれも今日まで。いよいよと言うか、ようやくと言うか、遂に明日CSファイナルが始まる。
対するはヤクルト。1位対2位が再び雌雄を決するのは、顔合わせとしては順当だと思う。
それでいてCS制度の開始以来、初めて中日-巨人以外のカードとなったこのファイナル。
セリーグで唯一のファイナル皆勤チームとして、貫禄を見せつけたいところだ。



正直、ここまで来たら対策も注意点も解説のしようがなく、神のみぞ知るとしか言えないのだが、
強いてポイントを挙げるなら、やはり中日らしい野球を見せられるかどうか、これにかかっている。
では中日らしい野球とはどういうことかというと、言うまでもなく投手力。これに尽きる。
余程でない限り打線が急に大爆発するとは考えにくい中で、投手に頼らざるを得ないのはシーズン中と同じだ。

そしてアドバンテージがある分、尚更優勢に事を運ぶには明日の1試合目が非常に大事になってくる。
明日勝てば9割は決まり、まあ負けても7割は堅いのだが、それでも明日はどうしても取りたい。


となると、明日の18時、まっさらなマウンドに上がるであろう先発投手にかかる責任は重大なのである。
必勝の1戦目。歓喜への開始ゴングを鳴らすのは果たしてどの「腕」か。






                       こっちの腕?  こっちの腕?




いいや、違う。







今季だけでチームに18個の白星をもたらした、この腕に願いを。
日本シリーズへの道が拓くかどうかは、エースに託された。






フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2011.11.01(Tue)22:48 | 吉見一起 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 








「オチアイ!オチアイ!」

鳴り止まない落合コールに、帽子を高々と掲げて応える落合監督の姿が印象的だった。
色々批判は多いけど、消化試合にも関わらず満員に膨らんだあのスタンドの大声援こそが
中日ファンの落合監督に対する8年分の何よりの評価ということだろう。


注目された監督挨拶は、非常に簡潔かつ端的なものだった。
あそこで球団批判とか本音暴露なんかすれば大いに盛り上がったのだろうが、そこはやはり落合監督。
短い言葉ではあるものの、選手スタッフへの愛情とファンへの感謝はとてもよく伝わってきた。
「長い間ありがとうざいました」って、そりゃこっちが言うセリフだ。本当にお世話になりました。


そして「選手はこれからも戦い続けます。みなさんの温かい目、心で見守ってやって下さい」という言葉。
昨夜の優勝監督インタビューでも落合監督は今後のドラゴンズへの変わらぬ応援のお願いを口にしていたが、
今ファンの間では解任騒動に端を発した球団への不信感から来季の応援に消極的な声も聞かれる。

だけど、あんたがそう言うなら仕方ない。
この球団、ほんと頼りなくて、ガッツポーズの意味も知らないようなマヌケが社長やってるようなチームだし、
多分これからもファンの怒りを買うようなバカな真似をたくさん仕出(しで)かすんだろうけど、
球団史上最高の監督に「見守ってやって」なんて言われたら拒否できるわけねえわ。
決めた。来季も変わらず応援する。小さい頃から見続けてるこのチームを見捨てるなんて私にはできない。




さて、今夜の試合はいわゆる消化試合となり、若手中心の休養オーダーが組まれた。
そのため勝敗は度外視するとして、焦点はリードした場合に吉見が投げるかどうか。
もし今日投げなければ明日、先発マウンドに立ち、前田健との投げ合いが予想されていた。

だが展開は若手打線の頑張りにより、4回までに4点リードをつけて勝利投手の権利を得る5回を迎えた。
ここで川井続投なら吉見は明日先発。果たして吉見は最多勝のタイトルを狙いに来るのか否か。





やっぱり来た!


5,6回の2イニングをパーフェクトに抑え、ちゃっかり18勝目を挙げて二度目の最多勝を当確させた。
2009年の最多勝のときもラスト16勝目は同じ方法で手にしており、賛否の分かれるところではある。
私も本音としては明日、堂々と先発として獲得して欲しかったし、吉見なら充分できただろう。

だが、ビールかけ翌々日の試合というと12年ほど前に某エースが14失点した惨劇があったりするので、
防御率のタイトルも当確させている状況でリスキーな登板をさせる必要もないのかな、とも思うのである。

某エース→






フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2011.10.19(Wed)22:55 | 吉見一起 | Comment : 02 | Trackback : 00 | 
 | HOME |  >> NEXT PAGE
 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ