イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

一般的に別れの季節といえば3月だが、球界の別れは秋が多い。
それは選手や首脳陣だけではなく、スタッフなど関係者も例外ではない。
今日、長きに渡りドラゴンズに関わり続けてきた一人の男性が、最後の仕事を終えた。


久野誠氏。
CBCのアナとして1979年に実況を担当して以来、38年間も最前線で中日の歴史を伝え続けた名物アナである。
東海地方に住む中日ファンなら顔を知らずともその特徴的な声は必ず聴いたことがあるはず。
「サンデードラゴンズ」の初代司会者にして1988年には「燃えよ!ドラゴンズ」の歌い手にも抜擢されるなど、
主に80年代から90年代にかけてドラゴンズ実況のトップランナーとして活躍した。

とりわけ星野仙一氏との相性がよく、晩年まで星野監督時代を懐かしむ、あるいは称賛する発言を繰り返し、
それが遠回しに落合監督体制を否定しているようなニュアンスを生み、
ここ10年ほどは「久野誠=アンチ落合の筆頭」という認識が浸透してしまっているのも事実だ。
中には「久野誠は中日が負けると嬉しそう」なんて書き込みを見かけたりもするが、これは大きな誤解だと思う。


確かに久野氏は星野監督の熱血的な人間性に心酔しており、
落合監督の秘密主義を前提としたクールなチーム作りには首を傾げる思いもあったのだろう。
だがそれは価値観の違いというか。
星野監督時代の乱闘上等、熱くて攻撃的なエンタメ傾向の強い野球を支持する声は根強いし、
ナゴヤ球場の熱狂を知っている世代からみれば、いくら強くてもドーム野球が物足りないのは仕方ないと思う。
(それは星野だ落合だの問題ではなく、ナゴヤドームの箱としての問題が要因ではあるが)

あくまで久野氏は懐古的な意味合いで「あの頃みたいな雰囲気が好きだった」と言いたいに過ぎず、
それを反射的に「好きの反対は嫌い」と捉えてアンチだなんだと批判に走るのはやや安直だろう。
「私は落合中日を応援しません!」「落合が嫌いだ!」とか発言したソースがあるならともかく、
ある種のニュアンスを偏った角度から切り取って、単純な枠組みにはめるのは注意が必要だ。


そんなわけで私は落合監督時代以降も久野氏に特別嫌な気持ちは抱いておらず、
むしろ昔っから聴きなれている声という事もあり、どちらかと言えば好きだ。
2000年代中盤からはだいぶ実況の機会が減ってはいたものの、
久野氏が実況の日はなんとなく懐かしくてチャンネルをCBCに合わせていたりもした。


さて、選手であれば「この選手と言えばあの試合」というのをすぐに紹介もできるのだが、
実況アナの「この人と言えばこの実況」を選ぶのはなかなか難しい。
例えば東海ラジオの吉村功氏なら1988年リーグ優勝目前での「郭はもう泣いています」とか、
1989年8月12日の「こんな試合は今まで見たことない!」がパっと思い浮かぶが、
久野氏の象徴的な実況が思い浮かばなかったので、
個人的に今なお2006年10月10日と並ぶベストゲームに数えているある試合の実況をお聴きいただこう。

1999年8月17日の巨人戦。
首位を走るドラゴンズと4.5差で追う巨人との“真夏の天王山”初戦は、
強竜打線を完全に抑えていた上原に代わり9回裏に登板した槙原を攻めて同点とし、なおも無死満塁。
打席には関川という最高の場面だ。







この瞬間の事、よく覚えているなあ。
20時54分でテレビ中継が終わっちゃって、CS放送なんて便利なものはまだ無いから、
試合の続きはラジオで聴くしかなかった時代。
この日も一番いいとこでテレビが終わって、慌ててラジオをCBCに回して噛り付いたものだ。

関川がサヨナラを打った時の喜びようは昨日のように覚えていて、
ファンになって初めて体験する優勝というものを確信したのもこの夜だった。
今改めて聴き直しても当時の情景が蘇り、胸が熱くなる。

ファンなら誰もにそれぞれ思い入れの深い試合があると思うが、
久野氏はいつもそれを最前線で伝え続けてくれた。

残念ながら最後の試合は大敗に終わったが、放送で仰っていた、
「初鳴き(実況デビュー)の試合も大洋戦の負け試合だった」という言葉になんとなくじわ~っと来た。
形は異なれどデビュー戦で二塁打を打ち、引退試合も二塁打で締めた立浪みたいでいいじゃないか。


晩年は言葉がなかなか出てこない場面も目立ち、悔しい思いをされた事だろうと思う。
これからは一人のファンとして、ご自宅で後輩の実況を厳しくも温かく見守る日々を送って頂きたい。

ここでもまた、一つの時代が静かに幕を閉じた。お疲れ様でした。

スポンサーサイト
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




中日が西武の片岡治大を獲得調査していると報じられた。
衰えの激しい荒木の後釜として30歳の二塁手である片岡はドンピシャ。
もし実現すれば向こう5年は竜のセカンドは安泰となるが—。


実はこの報道の前日、フジテレビのカトパンこと加藤綾子との熱愛が東スポでスクープされたばかり。
カトパンといえば泣く子も黙る女子アナ会のエースだ。
そんな女と付き合っている男が、球団の意向とはいえ、素直にトレードに応じるとはちょっと考えづらい。
「中日かカトパンか選べ」と言われて中日を選ぶ男など存在するわきゃない。

さらに片岡といえば球界きっての(って程ではないが)イケメンである。
イケメンとは真逆の位置にあるイモ軍団中日に、茶髪の片岡が馴染むともどうしても思えない。
西武では同じくプレイボーイの涌井と仲が良かったらしいから、ますます心配だ。


以上野球とは関係ない2点から、片岡の獲得は無理!と私は踏んでいるのだが、さてどうなるか。
もちろんカトパンを連れてきてくれるなら大歓迎という関係者は多いと思うが......。
手ぐすね引いて待っている男が、ここにもひとり↓


「カトパン?来たらええがな」




[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

日曜日にサンドラに出演した森繁和が、若狭アナの巧みな尋問に情報を幾つか漏らした。
なかでも注目なのが、番組終了間際の「ユニフォーム?変わるでしょ」という一言である。

現在の鉄紺ユニは2013年にジョイナスの合言葉と共に変更されたもので、
2年間の成績が振るわなかった事と、政権の根幹が崩れた事により撤廃は確実視されていた。
しかし万が一、継続も無くは無いとも思っていたのだが、これで安心して来季の新ユニ発売まで待てばいい。
私もそうだが、誰のネームでレプリカを買うか悩んでいる方も多いのではないか。


さて今日の東スポwebに興味深い記事が載った。
先日の7時間会議の際、落合GMが「強かった1954年ユニの復活」を提案したと言うのだ。
1954年といえば、球団史上唯一(ちゃんとした形での)日本一に輝いたシーズンである。
近年では2010年の復刻企画の際に着用していた為、記憶に新しい。






まあ意図は分かるが、これでは念願の「ドラゴンズブルー」の採用が見送られてしまう。
やはり我々世代にとってドラゴンズといえば青であり、現行の紺色はなんだか物足りない。
それなのに、輪をかけて黒寄りに進めば、チームカラーを曖昧にしかねないのではないか。
カラー印刷/映像技術の乏しかった1954年当時ならともかく、現代にモノクロを復元するのは甚だ疑問である。

そういえば10年前は落合福嗣氏がデザインを考案したと言われているが、今回はどうなのだろうか。





今後数年のドラゴンズの戦闘服のゆくえは、この男のセンスにかかっている......かも知れない。




[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




2013年10月9日 朝起きたら革命が起きていた。

それは足音を忍ばせ、誰にも気づかれず、この日の未明に唐突にやって来た。
その衝撃はすぐに日本中に広がり、視界を覆っていた暗黒のブラインドは瞬く間に晴れた。
ドラゴンズファンが2年ぶりに目にした「光」。それも眩しさすら覚えるほどの圧倒的な「光」。
これから起きるすべての出来事が楽しみで仕方ない、私はいま、猛烈にわくわくしている。


遅ればせながら、谷繁元信監督、ならびに落合博満GMの就任を心より、心より歓迎したい。
昨日の朝からスポーツ新聞の一面に躍る「落合」とか「谷繁」の文字を見るたびに高揚感があふれ、
同時にこの2年間、いかにドラゴンズに冷めていたのかを改めて実感した。

一連の就任劇については書きたいことがあまりに多すぎて、逆に何から書けばいいのか分からないほどだが、
実は一番おどろいたのは谷繁監督でも落合GMでもなく、坂井社長はじめフロント陣の引責辞任だった。
谷繁や落合のことは事前に預言していた(たまたま的中しただけか)メディアや書き込みもあったので、
びっくりはしたが仰天というほどではなかった。しかしフロント陣入れ替えはまさにびっくり仰天。

落合の名が急浮上して以来、白井オーナーはむしろ球団内で不利な状況にあるのではと噂されており、
坂井一派の推すOB監督就任と同時に白井オーナー失脚が発表されるのではと私もおそれていた。
そうなれば未来永劫、落合博満が中日に関わる可能性はなくなり、ずるずると球団は地に落ちる、
あるいはサプライズで落合や谷繁が監督就任しても、坂井一派が先頭にいる限りは抜本的な解決にはならず、
ほとぼり冷めたころには元の木阿弥。いずれにせよ中日球団には暗い未来しかないとさえ思っていた。

しかし、中日総帥・白井文吾はファンの想像の遥か斜め上を行く権力者であり、実力者だった。
「落合ありきの人事」で若い谷繁を監督に抜擢し、落合を後見役のGMに置くトロイカ体制を構築。
さらに改革は球団を蝕む病理そのものにも及び、ジョイナス政権を作った当事者たちの更迭に踏み切った。

2年前、リーマンショックという世界中に及んだ深刻な経済不況を見て見ぬ振りをし、
減少する観客動員の原因を落合ひとりに押し付けるように突然解任、
さらに「新しい風」と言いながら老齢の高木氏の監督就任を同じ日に発表し......。
ここからの経緯はご存知のとおり。そして、中日ドラゴンズは失墜した。


日に日に増す絶望、失望、嘆き、やるせなさ。
2年間、様々な感情を溜めこんだファン達はネットで、球場で、激しい口調の球団批判を繰り返し、
さらに先日のナゴヤドーム最終戦での高木氏の退任挨拶の際には容赦ない罵声が飛び交った。
ナゴヤドームの年間入場者数も18年ぶりに200万人を割り込んだ。
球場に足を運ばなくなった数十万人、いや、日本全土でみればそれ以上の数のファンが抱えた失望感。

そのすべてを一気に解消した今回の「白井劇場」。
Beforeがあまりに酷すぎたからこそ、Afterの多幸感、すなわちカタルシスが半端ない。
中日ドラゴンズにはまだ見ぬ未来が待っている。だがもうそれは恐れるものではない。

谷繁監督、落合GM体制のもと、「強いドラゴンズ」がパワーアップして帰ってきた!



[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




はっきり言おう。最低である。
個人的には「黒い霧事件」以来の球界を揺るがす大事件だと思う。
球界再編問題や栄養費事件、脱税事件、江川事件などが可愛く思える最低最悪の隠蔽事件だ。


今夜20時から行われた会見で、加藤良三コミッショナーは「きのうまで知らなかった」としらを切った。
昨日の「加藤氏と相談して進めた」という下田事務局長NPBの話と食い違う。
虚偽を謝罪する会見で、またしても虚偽を塗り重ねる卑劣っぷり。

さらにこの憎々しい加藤良三は、会見で辞任の意思はないとも語った。
それどころか「不祥事を起こしたつもりはない」「意思疎通を欠いた」などと開き直る厚かましさ。
呆れて開いた口が塞がらない。万死に値するとはまさにこのことだ。

兼ねてから指摘されていた加藤良三の保身気質、人格の汚らわしさが明るみになった形だ。
責任感の欠片もない、しかし自己顕示欲だけは強い最低最悪の低俗人間。
品質が粗悪だったのはボールだけではなくコミッショナー自身だったのではないか。
外務省出身の欠陥品が球界にもたらした罪はあまりにも重い。もう一度言う。
加藤良三は万死に値する。


もちろん加藤良三ひとりが辞めたところでNPBの体質が何か変わるわけではない。
だが、だからと言って保身しか頭にないこの男が辞めないことには何も始まらない。
競技への冒涜とも言うべきとんでもない裏工作を行った組織のトップ。
本当に昨日初めて知ったのだとしても、進退が問われるのは当然である。
願わくば、真実を知るミズノ社の関係者に加藤良三の関与を暴露してもらいたい。



書いていて怒りが再燃してきた。
本当なら「去年より飛ぶ球になってもあわや被ノーノー、弱いぜ!高木ドラゴンズ」
という自虐ネタで落とすつもりだったのだが、マジで深刻な事態だからやめときます←