上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 




負け試合を引き分けたと考えるか、勝ち試合を引き分けたと考えるか。
評価は分かれるところだが、とりあえずリリーフ大量動員が無駄にならなかっただけ良しとしよう。
田島に早くも酷使の気配が漂っているのは気になるが…。


さて、それよりも今夜は非常に納得いかないシーンがあったので、それについて意見を書きたい。
問題のシーンは1回裏一死満塁・村田を迎えたところ。
"お話にならない"ほどの度を越したグダグダの川井が、押し出し死球を与えた場面である。

死球とは文字通り、打者の死に直結しかねない危険な投球へのペナルティとして課せられるものだ。
あれだけ硬いボールを操る以上、何が起きてもおかしくないのが野球の怖さでもある。
ちょうど今日、大竹が藤井彰に与えた危険球がまさにそれを象徴している。


一方で、川井が与えた死球はどうだったか。
死球を宣告された村田は、痛がる素振りも見せずにスタコラと一塁へ歩いて行った。
それもそのはずである。










ダボダボに着たユニフォームのお腹の余りにかすっただけ。
解説の立浪氏も言っていたが、おそらく本人は当たった感触すらなかったのではないか。
皮膚への接触がないのだから当然だ。ボールが当たったのは布であって、皮膚じゃない。

これがまかり通るなら、小錦にヒップホップのジャージ着せて立たせば良いということになる。
今なら少なくとも藤井淳志よりは役に立つだろう。




スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2012.04.10(Tue)23:12 | 他球団 | Comment : 02 | Trackback : 00 | 







今夜の石川は誰がどう見ても絶好調で、序盤から三振を奪いまくる快投。
このままならヤクルト勝てるぞと思った矢先、阿部の一発が飛び出した。
たった一球で流れを持っていく爆発力と集中力。これがあるから巨人は怖い。

阿部だけじゃない。坂本、長野、ラミレス、小笠原、谷、高橋由…。
どこからでも流れを変えられる打線は、ナゴヤでも関係なく脅威となるだろう。
一方のヤクルトはバレンティンが三振マシンに成り下がった今、執拗なまでの流し打ちで
なんとか突破口を開いて小技で掻き回し、ワンチャンスをモノにする野球「しか」できない状態だ。


今夜も惜しいとこまで追い詰めたとは思う。
難攻不落の内海から5回裏、代打・川本が反攻のタイムリーで1点差。
さらに東野に代わった7回裏には先頭が四球で出塁し、二死二塁となって打席には藤本。
昨夜の再現とばかりに登場したベテランに、超満員の神宮球場は最高にヒートアップする。


が…、次の瞬間。場内には信じられないアナウンスがコールがされた。
アナ 「バッターは、藤本に代わりまして」






「野口」




ないない!絶対ない!
あらゆるデータを洗い直しても、ここで野口を出す理由はひとつもない。
そもそも野口はシーズン通算.143、左投手に対しては.125とからっきしダメな選手である。
そんな選手をあの場面で、左の山口に対して出すなんてあり得ない采配だ。
藤本も決して打率は高くないが、最近の好調ぶり的にも空気的にも、あそこは打たせるべきだった。


中日に例えるなら、終盤のチャンスで小池に代えて水田とか出しちゃう感じ。
いやいや、小池でいいじゃん!っていう。






フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2011.10.31(Mon)00:36 | 他球団 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 







巨人が初戦に内海でなく澤村を立てたのは、おそらく中日戦を意識しての戦略だろう。
今日勝てば明日も内海でいける。最短の2戦で終わらせ、ローテに余裕をもたせてナゴヤへ。
その目論見通り6回表までは明らかに巨人が押していた。

澤村は5回裏に失点したものの出来は素晴らしく、これ以上点を取られることはまずないと思っていたのだが、
何を血迷ったか目先の勝ち越しを狙った原監督は6回表、好投の澤村に代打を出した。これが運の尽き。
たぶんヤクルトベンチは「え?澤村代えてくれんの?ラッキー」と沸き立ったことだろう。

勢いそのままに6回裏、巨人のエラーもあって一気に試合をひっくり返して流れをぶん取ったのを見ると、
やはりメンタル要素の強い短期決戦ではいかに流れを渡さないかが重要だなと改めて思い知ることができた。
投手の起用法ひとつであんなにも劇的にゲームが動くあたりが短期決戦の肝であり、怖さだ。



それにしても今夜の試合を見ていてつくづく感じたことがある。





「高みの見物、たっのし~!!!」




明日もこの楽しさを味わえるかと思うと非常にワクワクする。
あ、でも21時から日曜洋画で「ダイハード4.0」やるからちゃっちゃと終わらせてね。






フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2011.10.29(Sat)23:38 | 他球団 | Comment : 04 | Trackback : 00 | 

○中日1-0広島



ピンポーン





 「はーい・・・あっっ!」






 「父ちゃーん、お中元が届いたよー!」


 「ふーん、誰からだぁ」


 「えーっと・・・広島カープの野村監督だって」


 「あいつも律儀だな」


 「父ちゃん、早く開けようぜ!食い物かもしんねぇぜ!」


 「勝手にしろー」






ガサゴソゴソ・・・





 「ちぇっ、食い物じゃねえじゃん」


 「おーい、何だった?」


 「えーっと・・・ヒュー・・・バー・・・?あぁ、」







 大型扇風機だよ、父ちゃん」



 「暑いもんな。あいつほんと律儀なやつだな」




カープにとってのヒューバーって、うちでいえば4番にセサルが座り続ける感じだろうか。
ともかく貰ったお中元はありがたく頂戴致します。






フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2010.06.26(Sat)21:48 | 他球団 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 




●中日5-x6ソフトバンク




ラミレスは凄い。
あれだけ毎年ハイレベルな成績を残す外人は見たことがない。
相手側からすれば得点圏でラミレスが回って来ればほぼ終了といった感じで、
十中八九、お決まりのパフォーマンスを見ることを覚悟しなければならない。


そのラミレスがヤクルトに入団したのが2001年のこと。
今季でちょうど来日10年目を迎えるラミレスは、衰えるどころかますます磨きがかかり打ちまくっており、
ラミレスがいるうちは巨人の天下が続くのではとさえ思わせるほどの脅威的な打棒を振るっている。


だがヤクルトに入団してからしばらくの間、ラミレスは4番に座ることがなかった。
それは打順の兼ね合い的なことではなく、単にもっと凄い打者がどっかり座っていたからだ。









男の名は、ロベルト・ペタジーニ。
かつて毎年のように松井秀喜とホームラン王を争うなど、球界を代表するスラッガーとして君臨した助っ人である。

中日にとっては99年9月30日、優勝試合の最後の打者として立ちはだかった選手としても有名で、
ペタジーニを直接は知らない10代の若い読者の諸君も、VTRでチラっと見たことは必ずあるはずだ。
(つーか、ペタジーニ知らない世代が中学生くらいになってることが衝撃的だ)


あるいは90年代以降のプロ野球での最強助っ人にラミレスを推す声も多いと思うが、
私は声を大にして言いたい。ペタジーニの方がヤバかった、と。

日本に在籍した6年間で6度の出塁率4割超、5度のホームラン30本以上(2度は40本超え)、
OPSは最終シーズンを除いて5年連続で1.000を超え、99年は1.146を記録。

また成績もさることながら、ペタジーニは4番としての風格が半端なかった。
あまり感情を表に出さないプレイスタイル、どっしり構える独特のフォーム・・・。
そのすべてが4番の条件を充分に満たしており、我々は足を震わせながら一打席、一打席の勝負を見守ったものだ。



んで、あのとき中学生~高校生を駆け抜けた私も気付けば社会人になっていて、
ペタジーニという名前も久しく忘却に沈んでいたのだが、
今回のソフトバンク戦を見ていて、あまりの驚きにグリーンコーラを吹きだした。








なんか復帰してるー!

久々に懐メロ番組で往年の歌手を見かけたときのような、微妙な気持ちになった。






フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2010.05.30(Sun)21:10 | 他球団 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
 | HOME |  >> NEXT PAGE
 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ