上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 






今夜の試合の持つ意味は、今季の全試合の中でも断トツで大きかった。
試合前が2.5差。ここで負けると1.5差で、明日も負けると0.5差。
なまじ1,2戦目と連勝しているだけに、ここから五分になればヤクルト的には「持ち堪えた!」となる。
そうならないためにも、中日としては早く勝ち越しを決めたいとこ。いくら明日が吉見とて、やはり最重要なのは今夜である。


で、その試合に勝ち、マジック4が点灯した。
いよいよという感じがするが、ファンの心に残ったのは「いよいよ」よりも「もやもや」だった。
8回の和田の3ランで楽勝だったはずの試合が、なぜ浅尾まで注ぎ込まなければならなかったのか。
すべての原因は先週の木・金曜の9回表。二日連続で襲った「魔の9回」のトラウマにある。








問題の9回表、ネルソンが四球で先頭打者を出すやいなや落合監督は交代を命じたが、
そもそも普通であれば、4点もリードしていれば一つの四球くらいで即・交代というのはあまり見ない。
せいぜい捕手がマウンドに駆け寄れば事足りる場面で、なぜ交代を急いだのか。これがトラウマの仕業なのだ。


ネルソンが四球を出した時点で雲行きは怪しくなった。先週のアレを見ていれば、そう感じるのは自然だ。
おそらくファンが感じたその嫌な気配を、ベンチも共有してしまっていた。だからあそこで交代したのだろう。
だが逆に、交代がただならぬ雰囲気を増長させ、その後のリリーフたちに伝染しているように見えた。
ヤクルト側すれば特に何もしていないのに、勝手に中日側が慌てふためいているというおかしな図である。



先週の悪夢がなければすんなりネルソンの完投で終わっていたであろう試合、動じぬ落合監督にしては
珍しく場の空気に呑まれた采配だったように思うが、それだけ慎重になるべき時期に来たということだろう。
バタバタしながらも、マジック4。あとはもう、走るだけだ。




スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2011.10.13(Thu)07:54 | ネルソン ※ | Comment : 01 | Trackback : 00 | 





最近のプロ野球は乱闘がなくてつまんない。
そう思っているのは私だけではないはずだ。なんだかんだで乱闘はおもしろい。
ああだこうだと綺麗ごとを言ったところで子供も大人もお姉ちゃんも本当は乱闘大好きなのだ。

特に落合政権は内なる闘志を秘めたタイプの選手が多く、ウッズ退団後は一度も乱闘を見たことがない。と思う。
だが今日、ものすごく久しぶりに、それも王道たる外人vs.外人の乱闘があわや起こりかけた!






危なーいっっっ!!!


外れた内角球がルイーズの頭部近辺へ。
間一髪で避けたため死球にはならなかったが、キレたルイーズは黙ってはいられなかった。




「ファック!!!」


詰め寄るルイーズ。制止する前田。しかしネルソンも動じず喧嘩に応じる構えを見せ、ルイーズに歩み寄る。
ちょうど1996年の名乱闘「山崎武vs.ガルベス」とよく似た構図となった両者のにらみ合い。
にわかにエキサイティングした両者を止めようとベンチからも選手たちが集まる。


だが次の瞬間……!殴りかかると思われたルイーズは、なんと背を向けて乱闘を放棄してしまう。




クルリッ


かくして乱闘は未遂に終わったのだが、あんなに怒っていたルイーズはなぜ途中で戦いをやめてしまったのか。
推測だが、どうもネルソンにビビる気配がないことを察した時点でルイーズは背を向けたように見える。
120キロの巨漢が86キロの超細身とガチで喧嘩をすればどうなるか?結果は火を見るよりも明らか。
にも関わらずルイーズは喧嘩を放棄した。まるで何かを恐れるように。……一体何を?




まさか……まさか……、





ポケットから……





何かを出そうとしている……!?



もしあのまま殴りかかっていたら、今ごろルイーズの頭には丸い"穴"があいていたかもしれない。
命拾いしたのは殴られなかったネルソンではなく、殴らなかったルイーズだったのだ。





フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2011.06.12(Sun)20:48 | ネルソン ※ | Comment : 03 | Trackback : 00 | 





子を持つ親は共通して「どんどん成長する子供を見るのが楽しくて仕方ない」と口にする。
小学生くらいまでの子供は、日に日に成長するのが目に見えて分かるのだと。
昨日できなかったことが今日はできた。そうやって成長していく姿をそばで見守り喜べるのが親の幸せだそうだ。


私は子供がいないのでそういう気持ちはリアルな実感としてはよく分からないが、今季のネルソンの投げるたびに
どんどん進化する姿、未知なる能力への期待みたいなものは、ひょっとするとそれに似ているのかもしれない。







「ネルっちに借りばっか作ってるんで、なんとかしたかった」。
勝利打点を挙げた佐伯がヒロインで言っていた通り、今季のネルソンは援護に恵まれていない。
抜群の安定感を誇りながらも勝ち星が伸びていないのがその表れだ。

2点、1点、2点、2点、1点、1点
ここ6試合のネルソンの失点だ。これだけの投球をしながら今日の勝ちでやっと4勝3敗。
普通の外人なら、いや、あるいはかつてのネルソンなら気持ちを切らして不貞腐れていたかもしれない。
しかしネルソンは投球術と同様にメンタル面も、経験の積み重ねで成長している。
決して苛立ちを表には出さず、自分の投球を黙々と続けるナイスな心意気。


まだまだ成長途上の恐るべきドミニカンを、これからも見守っていきたい。





フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2011.06.06(Mon)23:14 | ネルソン ※ | Comment : 01 | Trackback : 00 | 




7回3安打1四球8奪三振無失点。


開幕では緊張からか本来の投球ができなかったネルソンが、昨日はほぼ完璧な内容で猛虎を黙らせた。
投げるたびに成長を遂げ、今やローテの柱として誰もに認められる存在になりつつあるネルソン。
昨季の開幕前には銃弾騒動で解雇スレスレまでいった男が、なぜこんなにも急激に変身できたのか。
その答えがほんのちょこっと垣間見れるシーンが、昨日の試合中にあった。


よく外人が日本で成功するには異国文化に溶け込もうという意識が最も大切であると言われている。
例えバリバリのメジャーリーガーであろうとプライドが邪魔をして成績を残せなかったり、
逆に3A級の選手でも日頃から日本語を勉強するなど地道な努力で日本の野球に順応していったり。
昨今成功したラミレス、カブレラ、ブランコ、シコースキー、マートンなどはまさにこのタイプである。


そしてネルソンも例に漏れず、森コーチや谷繁の助言・説教に真剣に耳を傾ける勤勉な投手であると聞く。
そのネルソンが遂には心の芯まで日本人化しつつあることをうかがわせる面白いシーンが昨日、見られた。

それは7回裏、一死1,3塁で代打の福田が打席に入ったとき。
ちょうどここで交代を告げられたネルソンはベンチで「祈るように」味方のチャンスを観戦していたのだが。
その祈り方というのが凄い。





まさかの日本式、「合掌」!



ドミニカは国民の64%がローマ・カトリック教徒のキリスト圏である。
ブランコとグスマンがホームランを打ったときに行う「祈りの儀式」も、もちろんキリスト仕様だ。

もしかするとネルソンはキリスト教徒ではないのかもしれないが、それにしたって「合掌」とは恐れ入る。
こんだけ日本に馴染もうとする姿勢があるんだから、まだまだ成長は止まりそうにない。





フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2011.04.18(Mon)23:05 | ネルソン ※ | Comment : 01 | Trackback : 00 | 

 「おーっす。開幕投手やりたい奴、手ぇ挙げろー」








「ハイ!」




開幕投手一次テストは、6回4失点(vs.阪神)の中田に対して7回3失点(SB)のネルソンに一応の軍配が上がった。
結果だけ見ればネルソンが開幕マウンドに立つことになるが、たぶん中田で落ち着くと思う。


かつて川崎憲次郎に投げさせるなど、落合博満は開幕戦を特別な試合と位置付けるタイプの監督である。
また著書を読んでも分かるが、落合のエースと四番に対する執着心は深く、シーズンのスタートたる
開幕戦に限っては、そうそう安易にその時の調子・状態だけで決めるとはどうしても思えないのだ。

中田とネルソンの一騎打ちという昨年の今頃なら想像もできなかったような面白い争いもラストスパート。
私には見える。4月12日、横浜のマウンドで躍動する背番号「20」の姿が!





フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2011.03.29(Tue)22:58 | ネルソン ※ | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
 | HOME |  >> NEXT PAGE
 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ