イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]








中日の先発は、川井。楽天の先発も川井。
川井と川井による投げ合いは、あるいは完封も期待させた川井の好投により川井に勝ちがついた。

川井はここのところ、序盤こそ調子が良いものの中盤に差し掛かると突然乱調になるケースが多かった。
しかし今日の川井は課題の中盤も難なく乗り越え、6と1/3回を投げて1失点と名誉挽回を果たした。
一方の川井は99年にロッテに入団、06年から楽天で活躍する34歳のベテラン左腕である。
ベテランらしい巧みな投球で翻弄されることを危惧していたが、落ち着く前の川井の出鼻をくじけたのが大きかった。


ちなみにどちらの川井も左腕でストレートは140前半、スライダー系とカーブを武器に持つよく似たタイプの投手だ。
川井本来の持ち味が出せれば自ずと勝ちがついてくるはずなのだが、如何せん川井はピンチの場面で動じやすく、
ポテンシャルの割には大成しきれていないというのが現状での川井の評価だ。

それにしても、川井も川井と投げ合うのは同タイプの投手同士なので少々やりにくかったのではないか。
そこで冷静に投げられた川井と、制球を乱した川井との違いが、結果的に川井に勝利をもたらしたのだと思う。

ちなみに注目の投手・川井と打者・川井の対決機会は三度あってすべて投手・川井の勝ち。
川井としても、さすがに同じ姓の川井に打たれるわけにはいかなかったのだろうか。
川井の投げた球を川井が打って川井が捕球した場面では、川井の執念のようなものを感じた。


なんにせよ、今日の川井は安定していた。
これからも川井には川井らしい投球術で勝ちを重ねていってほしい。



スポンサーサイト
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

痛い、痛いなぁ~!

列島震撼の「チェン離脱」というニュースは、投手陣しか自慢することのない中日にとって、とてつもない痛手である。
吉見とチェンのいない中日なんて他球団からすれば怖くもなんともないわけで、
貧打とザル外野ばかりが目立つただの雑魚チームと言っても過言ではない。俗にいう非常事態である。


とは言え、起きてしまった事態を嘆いても仕方がなく、とりあえずは残りのメンバーで穴を埋めるしか
ないのだが、当たり前だがチェン並の穴を埋めることなどそう容易なことではない。

そのため2.3人でなんとかかんとかやりくりをしていくことになると思うのだが、中でも同じサウスポーで
そこそこの実績もあるこの投手への期待が、おのずと高まっていくものと思われる。








川井雄太。
彗星のごとく現れたのも早2年前、昨季は怪我などもあり期待を裏切る形になってしまった7年目の左腕。
だが基本的には川井は、怪我さえなければ充分開幕からローテに数えてもいい投手だと思っている。
昨季の結果にも関わらず若い背番号を剥奪されなかったのは、首脳陣もその能力を認めているからであろう。


その川井、今日の練習試合ではカーブの制球が定まらず2回2安打1失点とやや渋い結果に終わったが、
この時期に先発で起用するあたり、たぶん森コーチは川井を開幕ローテに入れる気満々である。

そういえば昨季はキャンプを順調に終えながら、3月2日のOP戦で打球を左足すねに当て二ヶ月以上の
出遅れを余議なくされたことを思い出す。
お願いだから今年は、どうかそのような不運に見舞われませんように。



[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




フロックじゃねぇな


○中日5-3巨人

 川井雄太の開幕10連勝に対する評価は、必ずしも高いものではなかった。


「打線の援護で勝ってる」

「運がいいだけ」



確かに川井という投手は安定感が抜群な訳でもなければ手の付けられぬ威圧感で相手をねじ伏せる投手でもない。なんとなく、ノラリクラリ、終わってみれば勝ってました。そういうタイプの投手だ。

6月14日の日ハム戦では6回6失点ながら味方の猛攻で勝利を収め、いつの間にか開幕からの連勝は10にまで伸びていた。本人も「本当はあの時負けていたはずだから、連勝は気にしない」と話すように、川井の躍進が少なからず運と巡り合わせに助けられているのは否めない。

だからこそ私は、後半戦の初登板で、首位の巨人戦で、しかも久々の非サンデーである今日の試合は川井の「真価」を測る上で重要な意味を持つ一戦だと考えていた。


負けるなら、ここだ。言いかえれば、ここで勝てば川井はホンモノ
連勝がフロックでないことを証明するにはこれ以上ない舞台だが、もしやられればたちまち川井のラッキーオーラはまるで魔法がとけるように消え失せ、また平凡な投手に逆戻りなんて事になりかねない。

いわば今日の試合は川井の野球人生を左右する一戦と言っても過言ではない。








その大事なマウンドで、川井は自らのプライドを守り切った。
迫りくる強打線に対して7回3失点。充分すぎる結果だ。

フロックなんかじゃない。正真正銘、己の投球で勝ち取った開幕11連勝。
もう運でも巡り合わせでもない。紛れもない、これが川井雄太の実力なのだ。

強竜3本柱の一角は日々、進化を続けている。
願わくば、これが秋まで続けば・・・。





【小ネタ】




東野の砂あそび