上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 




前回の記事で「パチモン疑惑」を書いたソーサの評価が、その後うなぎ上りだ。
コーチ陣、評論家、チームメイトから続々と称賛を受ける格安助っ人は昨日、
初シートでも7人と対戦しヒット性の当たり1本、5奪三振という圧巻の投球をみせた。

私もようやく映像を見たが、制球がよく変化球の曲がりもピンポン球のようにエグい。
少なくともローテを争う多数の若手達よりは遥かに完成度が高く、
あるいはチェンの穴の7割くらいはこの男一人で埋まるのかなとすら感じた。
現時点では吉見、ネルソンに次ぐ三番手か、あるいは二番手も窺えそうな素材である。
とりあえず同じ「自称系」でも去年の4割男のようなあからさまな地雷でなくてよかった。


だが、まだ安心してはならない。
いくら運動能力が高くても、日本の打者は外人の揺さぶり方を熟知している。
特に黒人投手は一塁走者の揺さぶりに苛立ちやすい傾向があり、相手も当然そこを突いてくる。
そうなったときに冷静に対処できるか、また審判の微妙な判定にも動揺せずにいられるか。

持っている球の質が一級品であることは分かったが、戦場は野球盤ではなくプロ野球だ。
メンタルも含めた総合力はまだ未知数のため、過度な期待をするには早急だろう。
OP戦で色々なケースでの対応力を見せたとき、初めて真の実力が判ると思う。


実は私はメンタル面に関して一抹の不安を抱いている。
昨日のニュースでインタビューに応じるソーサを見て、気付いてしまったのだ。







「サミーの遠戚」と豪語するこの男の威圧的な目つきは、元巨人のガルベスっぽい。
ということは…。ウッズの退団以降すっかり大人しくなった中日ベンチが、今年は荒れる!?




スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2012.02.18(Sat)10:01 | ソーサ ※ | Comment : 02 | Trackback : 00 | 

世の中には何事も「枠」というのが用意されているもので。

例えば就職試験には「コネ枠」とか「学閥枠」などがあり、
エンタメの世界にもレコ大や紅白に「avex枠」「ジャニーズ枠」があるように、
誰もが薄々勘付きながらもメスを入れることはできないアンタッチャブルなものとして、
どこの業界にも多かれ少なかれ「枠」は存在する。


それは中日にだって例外ではない。
ここ数年の中日には、ある「枠」がはっきりと設けられている。
李炳圭、セサル、グスマン、カラスコと続いてきた不可解な「枠」。





「パチモン枠」である



自称サミーソーサの親戚で球速160キロ。
もはやパチモン臭しかしないこの男、今はいくらポテンシャルの高さを絶賛されても信じられない。
今季も「パチモン枠」継続なるか、それとも予想を覆し「枠」を飛び出すか。
今のところは限りなくパチモンで終わりそうな予感。






フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2012.02.06(Mon)22:32 | ソーサ ※ | Comment : 03 | Trackback : 00 | 
 | HOME | 
 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ