イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

遅ればせながらドラフトの話題を。

中日は松井裕樹の外れ1位で聖隷クリストファーの鈴木翔太を指名した。
鈴木翔太。恥ずかしながらアマに疎い私は、予備知識がまったく無かった。
他にも有名な候補が多数残っている中での鈴木指名には、正直逃げの姿勢を感じたほどだ。


だが動画を見て感想は一変した。





しなるような肩肘は天性そのもの。バランスのよいフォームから放たれるノビのある速球。
まだまだ未発達な部分は散見できるが、谷繁監督の要望どおりの「素材型」である。

松坂の登場以来だろうか、高校生の球速がやけにフィーチャーされるようになったのは。
毎年のように150キロだとか155キロとかいう豪速球を武器にする選手が話題をさらい、
その多くがプロの門をくぐった途端に致命的な怪我を抱え、まともに活躍できず苦しんできた。

高校生レベルならスピードで黙らせることができるが、プロはそれだけでは通用しない。
まずは怪我をしない丈夫な身体が前提で、次にスタミナ、その次に制球力。
吉見も川上も岩瀬も山本昌も、150キロには届かない制球重視の投手だ。
最近では140キロ台前半の上原がメジャーを席巻しているのが象徴的か。


さて、鈴木翔太の最速は143キロと記録されている。
ドラフト1位の右投手としては極めて平凡、言ってしまえば物足りない数値だが、
鈴木の最大の魅力はしなやかな身体の質。
プロで鍛えれば球速もあと2キロは伸びると思うが、それで充分である。


谷繁監督が、監督として初めて指名した記念すべき選手。
小さくまとまるのではなく、竜を背負うエースに昇りつめて欲しいし、久々にそれが期待できる投手だと思う。
右のエース候補。10年以上前にドラ1で取った埼玉の投手もそう言われていた気がするが......気のせいか。




スポンサーサイト