上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 

20070319203903.jpg


澤井道久、あるか!?開幕スタメン!


入団4年目の澤井道久が、とにかく元気だ。
昨日の日ハム戦ではチーム初安打を8回に放つなど、
OP戦打率も.385という高いレベルでキープしている。

元々走力は並以上で、守備と肩も一軍レベルの物を持つ逸材。
そこに打力、しかも流し打ちの技術が備わっているとなると、
今すぐにスタメンでレギュラー出場させない方がおかしい、という事になる。

だが、しかし――。

おそらく澤井は開幕スタメンに名を連ねる事はできないだろう。
結果を残せているのに、何故?
そう、ここで登場するのが中村紀の存在である。

当初、ノリの被害を受けるのは森野だけだと思われていたが、
森野がレフトという活路を見出した今、
むしろ被害の矛先はこれから三塁を狙おうとする選手、
つまり澤井や森岡が被害を被る恐れが強くなってきたのだ。

なんと惜しいことか。
せっかくの生え抜き選手のチャンスを潰してしまうなんて、
まるで近年の巨人と同じ過ちを犯しているのではないか!


1.李 (中)
2.井端 (遊)
3.福留 (右)
4.ウッズ (一)
5.ノリ (三)
6.森野 (左)
7.谷繁 (捕)
8.荒木 (二)



以前、メガマック理論について書いた事があったが、
上の打線はその理論に当てはめるならば最悪な構成である。

李炳圭と中村紀を加えた打線は、確かに破壊力満点で魅力的に映るが、
それはあくまでパワプロの中の話だ。

TVゲームでプレイするならば最強と呼ぶに相応しい打線かもしれないが、
残念ながら現実では見掛け倒しの巨人系打線なのだ。

非難を受けるのを承知で書くが、
この打線で臨めば中日はセ界制覇はおろか、
あるいはAクラスにも入れないほど低迷するだろう。

では、どうすれば打線のバランスを整える事ができるのか――?
ここでニューヒーロー・澤井の出番である。

仮に澤井を一番に大抜擢し、ノリと李炳圭を控えに回すとしよう。


1.澤井 (三)
2.井端 (遊)
3.福留 (右)
4.ウッズ (一)
5.森野 (左)
6.英智 (中)
7.谷繁 (捕)
8.荒木 (二)



破壊力こそかなり減退するものの、
繋がりとしては前者よりも魅力的な構造である。

確かに前者はハマれば凄まじい破壊力を持つとは思うが、
その分17,18日のような悲惨な試合もかなり増えてくるだろう。

それに比べ後者は爆発的な得点力は期待できないが、
空虚で淡白な試合は少なくできる打線だ。

落合監督がどちらを選択するかは分からないが、
過去の統計的に巨人型は成功しない事が実証されているので、
是非とも私は後者を推したいと思う。

そのために絶対不可欠なパーツである澤井には、
開幕までのラスト5試合で、どんどんアピールしてもらいたい。

明日からの5試合、澤井道久に要注目だ。

スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2007.03.19(Mon)21:11 | 沢井道久 ※ | Comment : 09 | Trackback : 00 | 

D48sawai.jpg


遅れてきたニュースター


今季、開幕一軍の座を狙えるであろう選手の一人として、
澤井道久(28)の名が挙げられる。

まだ2年目ながら、年齢的には既に正念場を迎えている澤井。
しかし今キャンプを通じて地道に結果を残した甲斐もあり、
日に日に評価も高まっている状況だ。

川相、奈良原が抜けてガラ空きになった「内野スーパーサブ」の座。

森岡、中川、鎌田などライバルも多いポジションだが、
現時点では打って走れる澤井が、
頭一つ抜けているのではないだろうか。



さて今日も行われたオープン戦。
相手は何故かほぼベストメンバーの横浜。

しかも先発はバリバリ一軍の加藤とあって、
若手にとっては絶好のアピール機会である。

そんな中、澤井は昨日と同じく一番でスタメン出場。

初回、試合開始と同時に挨拶代わりの中前に運んだ澤井は、
4回の第三打席にも今度はエース・三浦から左前安打を放つなど、
4打数2安打のまずまずの結果。

しかし私が最も澤井の「可能性」を感じたのは、
4回の盗塁失敗の場面である。

この回、既にツーアウトを取られていた事もあり、
比較的走りやすかったのもあるだろう。

だが打席には大先輩の井端。
ファールで粘るのが得意なこの打者の際は、
かえってタイミングを逃して足が鈍るというもの。

しかし、澤井は迷わず走った!
持ち前の脚力をアピールするため、果敢に走ったのだ!

結果的にはアウトになったが、
この必死さと果敢さは評価すべきだろう。

おまけに両打ちで、守備も急速に上達中。
もうさ、なんつーか・・・、



46_L.jpg

思いっきり鉄平と同じ路線じゃん



そういえば、なんとなく似てる仲沢もSBで頑張ってるってね。
うわぁ、これ、魔の系譜だわ。

澤井・・・、頼むから中日在籍中に華を咲かせてね。




フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2007.02.25(Sun)21:44 | 沢井道久 ※ | Comment : 02 | Trackback : 00 | 
 | HOME | 
 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ