上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 




開幕からちょうど一週間。
未だ負け知らずの5連勝を飾り、さぞかし大喜びであろうファンの顔色は…なぜか神妙だった。

勝てたのはもちろん良い。だが、今夜は吉見に完封させるべきではなかったろうか。
そんな贅沢とも言える「不満」が、7回わずか71球での交代という采配に対して噴出したのである。


あのままなら余裕で完封していただろうし、なによりも浅尾を使ったことが非常に痛い。
ただでさえ3連投なのに、明日あさってはスタミナに難のある川上、山本昌が先発ということで、
僅差の試合なら高確率で浅尾が出てくる展開になるだろう。
ならば今夜は休養に充てるべきではなかったか。そう思うのは至極当然である。

継投の判断を高木監督か権藤コーチのどちらがしているのかは分からないが、
就任時から昨季の浅尾の起用法を酷使だと批判していた権藤コーチならば、吉見続投を強行して欲しかった。
まるでシーズン終盤のような切羽詰まった采配には、正直首を捻らざるを得なかった。



さて、そんなわけで8回表に登板した浅尾は、相変わらず制球を乱す苦しい投球。
球場全体が重苦しい空気に包まれる中、ピンチを救ったのはこのファインプレイだった!





!?



フェンスに跳ね返ったファール打球が頭に直撃し、照れ笑いを浮かべつつ痛がる平田。
一見珍プレイのように見えるが、私はこれは計算し尽くされた頭脳プレイだと思っている。

1点を争う緊迫した試合において、重要なのは"流れ"である。
あの回、あの場面での"流れ"は完全にヤクルトに傾いていた。
全く危なげなかった吉見を代えてしまった上に、浅尾も調子は今ひとつで、
球場にも「だから代えなきゃ良かったのに」という疑念がたちこめる嫌な雰囲気。

その雰囲気を察した平田は、とっさに「笑い」で"流れ"をせき止めることを思いついたのだ。
そして平田は取れないのを分かっていてフェンスに突っ込み、思惑通り頭をぶつけた。
このプレイで正気に戻った浅尾はなんとか0点で抑え、開幕3戦目の二の舞を避けたのである。


まさに全てが平田の計算通り。二重の意味で頭を使ったファインプレイであった。




スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2012.04.07(Sat)00:30 | 平田良介 | Comment : 01 | Trackback : 00 | 






まず初めに。

私見としては、この4連戦はどちらかが4タテしない限りは決着はまだ先だと思っている。
たとえば明日からヤクルトが3連勝すれば1.5差でヤクルトが首位に立ち、
中日が3勝1敗で行けば2.5差で中日がやや優位に立つわけだが、いずれにせよ決着と言えるほどの差ではない。
さらに2勝2敗のタイで終われば、差は4連戦前の0.5差のまま変動しないことになる。
現実的に4タテはさすがに難しいので、やはり雌雄を決するのはまだ先。具体的には19日の直対だと予想している。

それにしたって、ひとつの通過点としてこの4連戦の持つ意味が重いのには変わりはないわけで。
特に初戦は今後のムードにも影響を及ぼすだけに、ムラの激しい山井でエース石川に勝てたのは非常に大きいといえよう。



さて、山井といえばおなじみの「秋の神ピッチ」だが、今夜は神ピッチと言うほど調子は良くは見えなかった。
大きく外れるボールも多かったし、スライダーも絶頂時の変態的変化に比べれば平凡な出来。
現にピンチは何度も背負いながら、ここ一番で踏ん張れたのは早めの援護点をもらえた余裕からなのだと思う。

それほどまでに大きかったのだ。飛距離はもちろん、チームへの心理的効果は。
2回の第一打席で飛び出した、この男の大きな一発。










これで今季10本目となった平田の本塁打。
中日の生え抜き右打者の二桁は、2001年の山崎武まで遡る。
その記念すべき一発をこの試合で、あの場面で打てるのが平田の大物たる所以である。

平田は欲しいところで一発を打てる稀有な打者だ。
今季の10本もサヨナラ2本、先制弾、同点弾に代打逆転弾と印象深い本塁打がやたら多い。


そして平田の魅力は本塁打を打ったときの表情にもある。
ベテランになると無表情で一周する選手も少なくない中で、平田の表情は実に分かりやすい。





「ッシャー!!!」的な気迫あふれる闘志ってよりは、「ヤッタ~!」的な純粋さを感じる。
小学生が何かの間違いでホームラン打っちゃって、めちゃくちゃ嬉しそうにベース回ってる、あの感じ。
永遠の野球坊主からすれば、こんな緊迫した首位攻防も「めっちゃ楽しい」舞台でしかないのだろう。






フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2011.10.10(Mon)23:10 | 平田良介 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 





日本人の特異な美徳に「自己犠牲の精神」というものがある。
戦時中の「お国・天皇のため」は極端すぎるとして、伝統的にその精神は脈々と受け継がれている。

他の国を見ると、ハリウッド映画でも命を顧みず他人のため、地球のために敢えて危険に身をさらすシーンは
よくあるが、あれは自己犠牲というより、英雄になれるというヒーロー願望、いわば自己顕示欲の意味合いが強い。
一方で日本のそれは、自己の評価を捨ててでも人を助けること、それ自体に自己満足的な美徳を抱いており、野球で
犠打が多用されるのも本質的にはその価値観が根付いているからではなかろうかと、高校野球を見ていてふと思った。


さて、特に犠打が重要な役割を果たしたわけでもない今夜の試合で、なぜこんなことを書くのか。
とりあえず、この2枚のバッティング画像をご覧いただこう。







どちらも今夜の平田の打席のもので、左が1打席目(2回/無死)、右が2打席目(4回/一死)である。
結果的には両打席とも二ゴロに倒れるのだが、実はどちらのケース共、二塁に走者がいた。
つまりこの二ゴロはいずれも進塁打となり、走者を三塁まで送ることができたのだ。
特に2打席目はこのあとタイムリーが出て、スコア上は5タコの平田も、影でいい仕事をしたと言えよう。


……言えようと言ったが、本当にそう言えようか。
たとえばこれが岩崎達なら「渋い働き!いぶし銀!」と言えたかもしれないが、平田だと微妙である。
いや、微妙ではなくはっきり言えば、物足りない。お前はそういう打者じゃないだろ、と。

ファンが期待している平田像は、外角のボールをちょこんと当てて進塁打を打つ打者ではなく、
ああいう場面ではタイムリーなり長打なりでスタンドを沸かせる、そういう打者のはずだ。

自己犠牲の精神も良いけど、平田にはそんなの関係なしの自分勝手な打棒を見せてほしい。
あまり若いうちに小さくまとまった選手になって欲しくないと個人的には思うのである。





フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2011.08.13(Sat)22:57 | 平田良介 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 









落合博満と平田良介。
この二人の不思議な縁については何本も記事を書いてきたが、今日ほどその縁の強さを感じたことはなかった。
子が親に似てくるのと同じように、弟子も師匠に似てくるのだろうか。
性格も語り口もまるで似つかない両者だが、打者としてのこの二人の姿は実によく似ている。



昨日は甘い球を思いっきり叩いての一発、そして今日は外角の球を払うように流しての一発。
連夜の衝撃的な一発でも、今日の方がより平田の高い能力が垣間見える打席だった。

流し打ちと偏に言ってもポール際へのそれではなく、深く膨らむ右中間への流し打ち。
これが平田の持ち味であることは先月の記事でも書いたとおりだが、それはまさしく、







落合博満の十八番



平田はその高度な技術を先天的に持つ上に、こういう凄い場面で打つスター性まで持っている。
「俺以上の打者になれる」と落合監督が豪語してから早6年。ついにその片鱗が見えてきた。





フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2011.06.05(Sun)21:02 | 平田良介 | Comment : 03 | Trackback : 00 | 





止めど流る清か水を"止める"ことなどできるはずないのが物理の常識である。
どんな鋭利な刃物を持ってしても、水道水や川の流れを止めることはできない。


野球の「流れ」とやらも同じく、止めるどころか抗うことすらも難しい無形の強敵だ。
特に統一球が使われる今季は流れを呼び込むことすら難しく、何かの弾みで貴重な1点を取った方が勝つ、
そんなケースがセパ問わず例年に比べ異様なほど多くみられる。
今夜だって、9回まではそうだった。まさに今季のプロ野球を象徴するかのような静かすぎる戦い―。

どこかに勝ち運が流れていたとすれば、それは帆足が掬って独り占めしていたのかもしれない。
普通であれば、この手のパターンは帆足の投打に渡る一人舞台で完結するのが常なのだが、
気まぐれな野球の流れは気付けば帆足の手中から漏れ出し、23歳の若き大砲の元に集まっていたようだ。







この試合、正真正銘最後の打者が放った打球はナゴヤドームの最深部へと楽々に飛んで行った。
打った瞬間の感触で勝利を確信した若き大砲は、ポーズを決めてゆっくりとベースを回る。
3時間33分のフラストレーションから一気に解放された3万の観衆がオールスタンディングで沸き上がる。

劇的なサヨナラ勝利。振りかえれば9回裏、土壇場で追いついたのもこの若者のタイムリーだった。
西武が、と言うより帆足が持っていた流れは、いつの間に彼の手中に移動していたのだろうか。
いや、やはり今日はどう考えても帆足がヒーローで終わるのが自然な流れのはずなのだ。
今まで何千試合とみてきたが、往々にしてこういう試合はそのまま流れが変わらず終わるものだ。


そんな自然な流れを奪おうとか止めようとか考えるほど切れ者でもなく、ましてや流れに左右されるほど繊細でもない。
ただ単純に「ホームランを狙って」打ったら、この結果。
そうだ、流れなんてもんは引き寄せられないならもっとデカい流れを一発で作ってしまえばいいのだ。
難しく考えてドツボに嵌る打者が多い中で、いい意味で単純な平田の思考が新たな流れを生んでの勝利だった。





フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2011.06.04(Sat)22:53 | 平田良介 | Comment : 03 | Trackback : 00 | 
 | HOME |  >> NEXT PAGE
 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ