イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




史上最大のウルトラマネーゲーム


福留を巡るマネーゲームは、もはや手のつけようがない次元へと突入した。

FA交渉が解禁となった14日、先頭を切って巨人が福留と会談。
具体的な条件提示こそ無かったようだが、用意している額が4年40億に上るというのだ。

中日が「最大限の誠意」として示した額・4年17億に較べると、その差は倍以上。
ファンの思い描く最悪のシナリオが、また一歩現実味を帯びてきた感じだ。


それにしても、4年40億というのは幾ら何でも非常識過ぎではないか。
あのイチローでさえオリックス在籍時の年俸は00年の5億円が最高だったと言うのに、
キャリアハイが.351 31の選手が単年10億ってのは、どう考えても異常だ。


ってか、そもそも40億円なんて言われても想像がつかないと思うので、
これがどれくらい異常な額なのかを分かりやすく例えて見る事にしよう。






【例1】



うまい棒4億本購入可能






【例2】



宝くじ一等賞に13回当選しても足りない






【例3】



ノリさん666人雇用可能







・・・ヤ、ヤベェっ!!


結局あんまり想像つかんけど、何かヤバいという事だけは分かった!
でもどう贔屓目で見たって、さすがにノリさん666人分の価値はねぇだろ。

つまり、やはり巨人の提示が常識外れの異常額というだけで、
別にドラゴンズの査定や提示に問題があった訳ではないのだ。


あー、もうなんかこんな奴のためにソワソワしたりドキドキしてんのがアホらしくなってきた!
銭ゲバ孝介なんか、とっとと巨人でもどこでも行きやがれ!


・・・。


そんな風に感情的になり巨人と福留への憎しみで一杯になっていた私を、
ある一枚の新聞記事が救ってくれる事になろうとは、このとき誰が想像しただろうか。

今日の東京スポーツ(スポーツ面)に、こんな事が書いてあった。


とてもじゃないが他球団には出せない大金を巨人が出し、
スター選手を日本に引き留めてあげようと言うのだから、
これはもう、日本球界の誰もが巨人に感謝しなければならない。



ごめんなさい、巨人様。
私は愚かな人間でした。


スポンサーサイト
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




また逢う日まで 逢える時まで


福留が、移籍を視野に入れたFA権の行使を正式に表明した。

もう何年も前から、いつかこの日が来る事は分かっていたはずなのに、
いざこういう形で現実を見てしまうと、やはり素直に受け入れられないものがある。

確かに今季、中日は「ほぼ福留のいない」状態で日本一、さらにアジア一を成し遂げ、
福留の存在が絶対不可欠でないことが皮肉にも明らかになってしまった。

おそらく福留自身も、自分抜きで快進撃を続けるチームに対して、
少なからず疎外感や、存在意義への疑問を感じたのではなかろうか。

チームスポーツにおける選手としての最大の喜びが「優勝に貢献すること」だとすれば、
自分抜きでのチームの優勝は、モチベーションに深刻な影響を及ぼすのは仕方ない。

それに加え、先日の交渉で球団は福留の要求(4年24億)とは程遠い額(4年17億)を提示し、
「これで納得しないなら移籍も止む無し」という態度を明確に表した。

ここで球団が要求通り、あるいはそれ以上の額を提示していたらどうなっていたかは分からないが、
あくまで要求に満たない条件を示したというのは、ある種の絶縁宣言を球団が叩きつけたと取れる。

福留がチームにおける自身のポジションに疑問を抱いた(多分)のと同じく、
球団もやはり福留の存在と扱いについて疑問を感じていたことが、これで証明された訳だ。
(もし絶対必要なら多少無理をしてでも要求額を提示していただろう)。


そして通常であれば盲目的に選手を支持する立場のファンまでもが、
福留に対しては厳しい意見を持っていたことも見逃せない。
その主な原因は、毎年恒例行事のように繰り広げられる、いわゆる"銭闘"にある。

福留クラスの選手に対し最大限の誠意をもって条件提示するのは至極当然のことだが、
福留の場合はあまりに要求する条件が高すぎ、それがファンには理不尽な要求と映った。

例えば入団以来、毎年最高レベルのパフォーマンスを続ける岩瀬に較べると、
福留は覚醒するのに時間がかかり、そして怪我による離脱も多かった。
それなのに岩瀬よりも高額な年俸を要求するのは、確かに筋が通っていない。

そんな事を繰り返しているうち、福留には「守銭奴」「銭ゲバ」のイメージが付いて回るようになり、
さすがの中日ファンもこの福留の要求と態度には、心底嫌気が刺し始めていた。

実際、今回の件でも残留を熱望するような意見は少なく、
どちらかと言えば突き放すような厳しい意見が目立ったように思える。

かく言う私も、素直に福留を応援できなくなっていたファンの一人だ。



・・・だが、そうは言うものの、9年間付き合ってきた選手との別れは、とても辛いものがある。

今や球界を代表する大選手となった福留も、最初から順風満帆だったわけではない。
思い出してみれば、ずいぶん気苦労を掛けさせられたものだ。







サヨナラ落球したり・・・、




日本シリーズで散々エラーしたり・・・、



世間のイメージする福留は入団4年目・首位打者を獲得した02年以降の福留で、
我々中日ファンは、世間の知らない「ダメな福留」をそれまで沢山見てきた。

だからこそ、あの福留がこんなに成長して・・・という親心的な感慨もあるし、
こんな凄い選手が、自分の応援する中日ドラゴンズにいるんだという事に誇りも持っている。
だから願わくば、球団の条件を呑み込んで一年でも長く中日でプレイして欲しいに決まっている。


だがメジャー18球団が興味を示しているなんてニュースを聞いてもわかるように、
もう福留は、我々中日ファンの手の届かないレベルまで行ってしまったのだ。

FA宣言をしてしまった以上、もう引き留めは無理だろう。
となると、現在考えられる最有力の移籍先はメジャーリーグだ。

来季は、海の向こうでの「FUKUDOME」の活躍を期待したいと思う。
そして「どうだ!福留を育てたのは俺たち中日だぞ!」って胸を張って世界中に言ってやりたい思う。

なんにせよ、9年間ありがとう。
また逢う日まで、逢える時まで、どうかお元気で、さよなら・・・。







ってなれば許せるけど、来年東京ドームで



 「ちゃーっすw ご無沙汰ーっすw 巨人の福留っすw」



とかホザいて出てきたら、さすがに中日ファンはブチ切れて良いと思う。

[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




藤井キラー in USA


●中日2-3東京ヤクルト

嵌(はま)ると打てない、藤井秀悟の投球術にしてやられた。

比較的、ドラゴンズは藤井に対して相性が良い方である。
今季も5試合対戦して0勝2敗6.98と、一方的にこちらが圧倒していることが分かる。

だが、「先発・藤井」と聞いてポジティブなイメージの沸く方は、意外と少ないのではなかろうか。
それもそのはず、この投手は、一旦術中に嵌まると抜け出せなくなる糸のようなピッチャーなのだ。

中でも強烈なものに、2005年4月6日、6回3分の2で14三振を奪われた試合がある。
試合は9回に森野の逆転3ランが飛び出し奇跡的に勝ったと記憶しているが、
藤井にとっては「中日=カモ」の印象が出来上がった試合となったに違いない。


だがそんな藤井に対し、恐ろしいまでの対戦成績を誇る選手がいる。






福留孝介である。


2001年の初対戦から今日までの通算成績は、43打数17安打6HRと福留の圧勝。
とくに首位打者に輝いた02年以降は、4割5分近くの確率で打ちまくっている。

高校時代からの親友で、互いに実家に招き合うほど仲が良いという二人だが、
試合が始まれば容赦なく鬼になる・・・、そんな福留のプロフェッショナリズムが見えるデータである。


いやー、しかし、あんま言いたくないけど、やっぱドメの不在は痛い!
今日みたいな試合を見ると、尚更そう感じざるを得ない。

今頃ドメは、USAで過酷なリハビリに耐えているのだろうか。
無理せず、じっくり治して、早く戦列に復帰してくれよ!


・・・あ、あと言い忘れが一つあったわ。






漫画もいいけど、野球優先でな。


とりあえず、ドメが平田の座を狙ってることは分かった。


[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

20070531213227.jpg


       祭りのそと


○中日10-2楽天

中日は月間MVPを受賞した小笠原がピリっとせずも5回を投げきり、
打っては14安打10得点の大爆発で圧勝。
巨人も勝ったため、ゲーム差は変わらず1.5のまま。



豊橋の夜空に青い花火が四発も舞い上がった夜、
昨夜の雪辱も晴らせたし、それはそれは大満足…のはずなのだが、
こんだけ快勝したのに、なんかシックリ来ない。

巨人が勝ったから?いやいや、まだそんな意識する時期じゃない。
朝っぱらが松坂がKOされてたから?ううん、ぶっちゃけどうでも良い。

じゃあ一体どうしてシックリ来ないんだろうか?

ほぼ全員がヒット打って、ほぼ全員が得点挙げて、
これ以上ない勝ち方をしたはずなのに…。

なぁ、どうして素直に喜べないんだと思う?





td6fyugijoj.jpg

福留さんよぉ・・・。




クリーンアップでただ一人、花火大会に参加できなかったばかりか、
今日も4タコで遂に29打席連続無安打に。

もはやこれは「重傷」というよりは「瀕死」である。
福留の打棒無しには優勝は絶対に不可能。

我々はただ、「その日」を待ち続けるしかない。
っつーか打率、もうすぐ李炳圭に抜かれるず、おい。


[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

20070528205847.jpg

簡潔に言うと。


●中日2-7日本ハム

今夜は手短に終えようと思う。

浅尾のノックアウト、中村紀の9号弾、リリーフ陣の踏ん張り、森野の微妙なプレイ・・・。
その気になればどんだけでもネタにする要素はある試合だが、
もうそういう細かいことは、どうだって良い。





20070527220441.jpg

                     
                  「福留待ち」



言いたいのは、それだけだ。