上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 

冬と言ってもまだ11月上旬。気温も20度前後ならさほど寒さも堪えない。
だがドラ戦士たちには越冬ツバメも時期を勘違いするほど猛烈な"厳冬"が一足先に訪れた。

衝撃の井端退団をゴングに幕を開けた怒濤の契約更改は、予想以上の大減額の嵐。
特に今日は和田の8,000万ダウンを皮切りに、浅尾5,500万ダウン、山本昌も2,000万ダウン。
吉見に至っては減額制限ギリギリの1億1,600万ダウンとなる1億7,400万円で判を押した。
これで昨日から二日間で計6億円(井端含む)のコストカットに成功し、まさに落合GMは無双状態である。


引退の近い荒木や和田はともかく、来季の6月頃復帰という明確な目安のある29歳の吉見については、
2億円は切らない線で抑えると思っていたのだが、Bクラス査定は予想以上に容赦なかった。
ただし指摘されている方も多いように、中日の選手は元の金額が高すぎる傾向がある。
これは前フロントが選手の機嫌を損ねるのを恐れて金額で鎮めていた"悪習"の結果だろう。

保留をすれば500万とか1,000万という金額が簡単に上乗せされたり、マイナス査定だったはずなのに
ゴネれば現状維持に修正されたり、もはや査定の体を成していない丼勘定が20年近くまかり通っていた。
もちろん中日だけでなく、一部を除いてどこの球団も選手の年俸高騰には頭を悩ませていると思う。

物価はこの20年横ばい、収益はむしろ下降線なのに、人件費だけが右肩上がり。経営者としては泥沼だ。
そういう意味でも今回の容赦ない査定と、有無を言わせずサインさせる毅然とした態度は、
真似する球団が他にも出てきておかしくないほど合理的かつ革新的なものだと思う。


確かに選手にとっては厳しい。しかし一昔前のように易々と年俸アップが望める時代は終わったんだぞ、と。
少なくともBクラスに沈んだチームの主力選手が笑顔で会見できるような時代は終わったんだぞ、と。
これからの球界は落合流の超厳冬が当たり前になるだろう。

では、ここで鬼の契約更改を終えたあとの引きつった選手の顔をご覧頂こう。





てろ〜ん



あま〜い。やっぱ落合さん、森野にはあまいよー。




スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2013.11.07(Thu)00:14 | 森野将彦 | Comment : 02 | Trackback : 00 | 

8年振りとなる新監督を迎えての開幕が、いよいよ明日に迫った。
良くも悪くもこんなにファンが注目するシーズンも久しぶりではなかろうか。
話題の中心は、やはり山崎と川上。そしてOBだらけのコーチ・スタッフだ。


私も様々な思いに駆られたオフシーズンだったが、
今はただ今年も野球が見られることの幸せと楽しみを噛みしめ、明日を迎えるばかりである。
山崎も川上も、その他のOBも心底応援するし、迷いは一切ない。
例年通りのワクワク、ドキドキで一杯の開幕となった。


さて、今季注目する選手をひとり挙げろと問われれば、私は即答したい。









昨季、地獄を見た男は再び輝きを取り戻せるのか。
答えは明日18:00から、半年間144試合かけて導き出すことになる。






フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2012.03.29(Thu)23:11 | 森野将彦 | Comment : 01 | Trackback : 00 | 






さすがに3連勝が難しいのは分かりきっていたことなので、特段痛い敗戦ではない。

むしろ今日あたりは「ホークス打線大爆発の巻」が来るかと思っていただけに、
12安打を放ちながら4点に留まったホークス的には、なおも微妙な違和感を拭えていないのではなかろうか。
試合後、笑顔でハイタッチしながら声を挙げて勝利を喜ぶホークスのベンチが映ったが、
どうも違和感をごまかそうと必死で自分たちを鼓舞せんとする「わざとらしさ」を感じた。

一方の中日はと言うと、4安打で2得点、それも内ゴの間の1点と犠飛での1点という「らしい」取り方だ。
負け方としてもビハインドで始まった試合を最後まで食らいつき、なおかつ浅尾を温存できたナイス敗戦だと言えよう。
中日がナゴヤで負けるときは反攻する気概もなくあっさり終ることが多いので、まだ気概が見られただけでも満足だし、
福岡で登板機会のなかったリリーフ陣を一気に試せたのも大きい。


頭の悪い解説者は「ホークスらしい勝ち方」だの「流れがホークスに来た」だのと場当たり的なことを言うのだろうが、
明らかにまだ流れを支配をしているのは中日であるし、むしろ3試合で今夜が一番中日らしかったとさえ思う。







で、大事なのは明日である。
負けても良いくらいの気持ちで臨めた今夜と違い、明日は貪欲に勝ちたい一戦になる。
予想される先発は最多勝のホールトン。一筋縄には行かない投手ではあろうが、実はあまり心配はしていない。
和田、杉内、摂津に比べれば中日打線が一番やりやすそうな投手でもあり、交流戦でKOした実績もあるからだ。

むしろ気を付けたいのは、ホークス打線を調子づかせないこと。明日はこれに尽きる。
ホールトンが田中将より1点近く高い防御率でも最多勝を獲れたのは、すばり援護点が凄まじいからである。
なんとその援護率は「5.16」。6点以上取られなきゃ良いのだから、そりゃ勝てるわけだ。

ホールトンが投げる試合は、ホークス打線が爆発する可能性が高まる。
明日の焦点は中日がいかにそれを食い止められるかのただ一点で、
もしデータ通りに大差で負けるようなことがあれば、いよいよ流れを手渡してしまうことになりそうだ。


そのためにはホークス打線が目覚めるきっかけをどんな些細なことでも与えない集中力が不可欠になる。
何しろ相手は12球団最強打線。ましてやホールトン効果で能力値がアップした状態である。
極端に言えばセーターに開いたミリ単位の虫食い穴すらも見逃してくれないのが明日のホークス打線。
ほんの僅かな綻びであっても、見せたら即・負けくらいの覚悟が必要だろう。






「っしゃ!バッチコーイ!」



穴あきジーンズみたいな三塁手が凄く心配。



王手を願って拍手!拍手!拍手!
     


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2011.11.15(Tue)23:22 | 森野将彦 | Comment : 04 | Trackback : 00 | 









明暗を分けたのは、3番打者の一振りだった。


先にヒーローになるチャンスを迎えたのはホークスの3番・内川だった。
3回裏一死一二塁。史上2人目の両リーグ首位打者を成し遂げた天才は集中力を最大限に高めていたことだろう。
前を打つ2人がいずれも初球打ちで作ったチャンス。球場の熱気も含め追い風がビュンビュン内川の背を押す。

が、ここで落合監督がゆっくりと歩きながら、球審のもとに何らかの抗議に向かった。
どうやら内川のバットのグリップに巻かれたテーピングについての物言いだったようだが、
もちろんそんなものはフェイクで、真の狙いが内川の集中力を切らすことだったのは明らかである。


結果的にこの作戦は見事に成功した。内川を打ち取ったから成功と言うのではない。
この物言いにより、連続ヒットで一気に高まった球場のボルテージが一旦冷めたのである。
野球は流れの競技だと私は思う。そして流れを作る様々な要因のひとつが観客の熱気だとも思う。

特に敵地では、場合によっては打者よりも観客の作る空気の方が脅威になり得るほどだ。
落合監督はそれを逆手に取って、「空気を壊す」ことで流れを堰き止めた。
いけいけドンドンで盛り上がってきた空気を絶妙の間で壊したあの作戦は、見事としか言いようがない。

対する内川もさすがの首位打者で、なおも流れに乗じようと川崎、本多に続き初球を弾き返す。
これには驚いた。普通ならこのような「間」ができると仕切り直しの初球は様子を見るのが常。
だが内川はテーピングを剥がして球審に見せるという「超無駄な間」を挟まれたにも関わらず、
物言い前と同じテンションを維持してきたのである。そうでなければあの状況で初球打ちなどできるまい。

しかしこの物言いは内川の集中力を切らすだけでなく、吉見を落ち付かせる狙いもあったのかもしれない。
すっかり頭を冷やした吉見は、おそらくどんな球でも初球打ちと決めていたであろう内川を打ち取りピンチを脱した。
もはや打者vs.投手だけでは計ることのできない超ハイレベルな流れを巡る攻防であった。



そこから約3時間後、今度は延長10回表に中日の3番打者・森野にチャンスが訪れる。
二死一、二塁。今日既に2安打を放っている森野にカウント1-1から馬原が投じたのは直球。
解説の野村氏も言っていたが、昨夜小池に打たれたフォークを森野は狙ってくるだろうという読みを
逆手に取っての直球だったと思うのだが、ホークスバッテリーは大事なことを忘れていた。





森野は、なんにも読んじゃねえ!



内川のように配球から流れに至るまでを敏感に読む頭脳派と違い、森野は来た球を打つ本能派である。
言うまでもなく先制打の平田も本能派(本気で何も考えていないだけな気もするが)。

日本シリーズでは考え過ぎてドツボに嵌る打者が多い中で、案外頭カラッポの方が強いのかもしれない。
そんなことを感じた第二戦であった。



まさか敵地連勝すると思ってなかった人は強制拍手です
    


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2011.11.13(Sun)23:41 | 森野将彦 | Comment : 06 | Trackback : 00 | 





ズラリと並んだ若手スタメン。(佐伯さんは現役最後の4番スタメンお疲れ様)
消化試合とは言え活躍次第ではCSでのベンチ入りも掴めるかもしれない、若手にとってはアピールの場である。
だが今夜は相手があまりに悪かった。
見るからに貧相なスイングの若竜たちの前に、奪三振王のかかった沢村賞投手・前田健太が立ちはだかる。


初回から面白いように三振を取られ、結局7回までに15三振を喫する屈辱的な敗北。
まるで赤子の手を捻るように三振を奪いに来るマエケンに対し、果たして若竜たちは何を感じたか。
ファームはどうだか知らないが、一軍ではこのクラスの投手と週に一、二度は対戦しなくてはいけない。

しかも常勝チームとなった中日は徹底マークの対象となり、データから何から丸裸にされた上で敵は向かってくる。
いわゆるレギュラーと言われる人達は何年もその包囲網をかいくぐって成績を残すプロ中のプロなのである。
残念ながら今夜の試合では光るものを見せてくれた打者は皆無に等しかったが、これもまた経験だ。


しょげてたって仕方ない。三振取られて当たり前。マエケンの生の球を見られて良かった。
このくらい思う図太さがなければ、この世界では生きていけないだろう。
今夜喫した15個の三振を猛省し、糧とし、練習し、挫折し、また練習し、一軍への切符を手にしてもらいたい。






これも経験!




これも経験!




これも経験!




これも…






おい、30番。なに若手に交じって三振してんだ、お前は。






フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2011.10.21(Fri)00:02 | 森野将彦 | Comment : 04 | Trackback : 00 | 
 | HOME |  >> NEXT PAGE
 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ