上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 

ライバルとの別れ


○中日2-0阪神

まるで、この5年間の総決算のような、素晴らしい一戦であった。

落合竜と岡田虎―、縁なの何なのか、両者は同じ2004年に誕生した。
落合監督は、傾きかけたチームの改革を期待されての大抜擢で、
一方の岡田監督は、劇的な優勝を果たしたチームの後任としての昇格。
それぞれ就任時の背景こそ違えど、両者共に目指すところは同じ「優勝のみ」。
その同じ目的をめざし、竜と虎は、2000年代のセリーグの覇権を激しく争った。


【セリーグ優勝チーム】
2003年・阪神
2004年・中日
2005年・阪神
2006年・中日
2007年・中日(※)


2003年から昨年まで、常に優勝争いは竜と虎によって演じられ、
いつしかファン同士も、互いを最大のライバルとして認めるようになっていた。
巨人という絶対的与党に対し、他の5野党が立ち向かう、という従来の構図はそこにはない。
これは、プロ野球設立以来の巨人70年体制の崩壊を意味する歴史的な出来事である。

こうして他球団を蚊帳の外に置いて戦力を肥大化させてきた両者だったが、
遂に今季、巨人が実質の連覇を果たしたことで一旦激闘は落ち着きをみせ、
また同時に飛び込んできたのは、岡田監督の辞任という衝撃的ニュースだった。

夏場には続投が発表されていたにも関わらず、ここにきての辞任表明。
阪神ファンはさぞかし驚いたろうとは思うが、
我々中日ファンにとっても、この一報は大変ショッキングなものであった。

この5年間、こと直接対決に関しては、竜虎は死闘と呼ぶに相応しいゲームを繰り広げた。
他球団との試合とは明らかに違う緊張感はいつも接戦を呼び、
勝っても負けても、記憶に残る決着を、幾度となくみせてくれた。
中日ファンにとっては昨年の藤川球児vs.タイロンの11球タイマン、
阪神ファンにとっては2005年の中村豊のホームラン辺りが印象深いだろうか。

ともかく、両者の激闘は「これぞプロ野球」という痺れる試合の連続で、
阪神と対する際は自然と高揚する―、中日ファンにとっての阪神は、そんな存在になっていた。

だが岡田の辞任により、おそらく来季からそれは見られなくなる。
例え見られたとしても、落合vs.岡田という、決して一般受けはしそうにない味のある対決は望めそうにない。
そう思うと、相手チームの人事ながら切なさを感じてしまうのだ。



さて、2008年のCS第一ステージは最終戦を迎えた。
「勝つか負けるかの一番」。
そしてこれが、最後の「岡田vs.落合」だ。

試合は若い両先発が互いに踏ん張り、スコアレスドローのまま終盤へ。

まるで何かに導かれるように9回に突入した試合は、
やはり何かの運命と思わざるを得ない藤川vs.ウッズを巡り合わせる。


多くのファンは、この勝負に、この5年間の集大成を見た気がした。
どちらに傾くかは分からないけど―、ここが勝負だ!












力と力の勝負とは、かくも美しいものか。

5年間一度もホームランを打てなかった藤川球児から、
最後の舞台で完璧な一撃を放ったウッズの凄さ。
そして、渾身の火の玉ストレートを破られた藤川の潔さ。

中途半端を好まない我儘な野球の神様は、あまりに美しすぎる結末を用意したのだ。


こうして、長きに渡って名勝負を繰り広げた岡田vs.落合に終止符は打たれた。
結局、どちらが総合的にみて強かったのかは分からない。
だが、今となっては、そんな事はもうどうでも良い。

ただ、今私は、岡田監督に敬意を表し、こう言いたい。







ありがとう、そしてお疲れ様でした




さぁ、こうしている間にも22日からは東京で本当の最終決戦が始まる。
岡田虎の無念を預かり、竜はラスボスとの決戦へ挑む―。

スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2008.10.21(Tue)04:20 | チーム全般 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
 | HOME | 
 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ