上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 



●中日1-3巨人


1996年、コールズという外人選手がいた。
主に1番で起用されたコールズは恐怖の核弾頭として活躍し、
打率.302 本塁打29 打点79 さらに得点圏打率リーグトップの申し分ない成績を挙げた。
来日初年度の外人野手としては手放しで評価できる好成績。

が、コールズはその年限りで解雇された。
数字だけみれば有り得ない判断だが、コールズにはその打撃力を打ち消してしまうほどの致命的な欠落があった。

それがサードでのまずい守備だった。
リーグワーストの20個もの失策を重ねたコールズは翌年から広いドーム球場に変わる事情もあり退団。
結局20個の失策と29本の本塁打を秤にかけた結果、弱点を切り捨てる決断がなされたのである。

それほど内野守備というのはチームのバランスに影響するデリケートな部分なのだ。
野球はミスをした方が負けるという格言があるように、失策は試合の流れを一挙に変えてしまう危険を孕む。
ましてそれが、糸を張りつめたような緊張感漂う首位攻防戦の最中だったりしたら尚更のこと・・・。
勝負に非情な星野監督(当時)がこのような決断を下したのはある意味当然なのかもしれない。


さて、時は流れてコールズの退団から14年、今ドラゴンズには新たな伝説を築きつつあるサードマンがいる。










昨季25個のとんでもない数の失策を犯した森野が、今年も怒涛の勢いでやらかしまくっているのだ。
今日の失策で早くも7個目。このペースでいけば自己記録更新どころか夢のシーズン30失策もほぼ間違いなし。

今や球界を代表するミスター失策へと退化を遂げた森野だが、
深刻なのは"数"そのものよりも、改善の余地がまったく見当たらない"内容"にある。

ポロリあり、お手玉あり、送球エラーあり。
まるで失策の見本市のごとく多種多様なパターンを繰り出す森野の守備力は、
残念ながら31歳という年齢的にみても、これまで浴びてきたノックの数をみても、
どうもこれ以上伸びることはないように思えてならない。

奇しくも森野は現在、プロ入り以来最高ともいえるほど打撃が絶好調。
にも関わらず守備とは一切シンクロしていないところをみると、
そもそも森野の守備はド下手で、改善もクソもないのでは、という考察が成り立つ。

とは言ってもブランコが退団でもして森野が一塁に回ることでもない限りサードを守らざるを得ないわけで、
我々は今後も何年もに渡ってこの悪夢のような失策を目撃し続けなければならないということに・・・。







森野は背番号3の前に、コールズの背番号4を継承した方がいいのかもしれない。

スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2010.04.30(Fri)00:01 | 森野将彦 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 

○中日8-2巨人


吉見一起はメディアから「エース」と呼ばれたとき、こう言って否定したことがある。

「5年連続二桁勝ってエース。だから僕はまだエースじゃない」と。

一昨年10勝、昨年16勝を挙げ着々とエースへの階段を上っているかのように思える吉見だが、
本人の目指すところは極めて高く、周囲が考えているほどエース道は甘いものではないようだ。

3年ならまだしも、5年連続二桁というのは大変な険しさである。
前エースの川上憲伸でさえ怪我などにも阻まれ、連続での二桁勝利は04~07年の4年間が最長。
米田哲也の19年連続や山田久志の17年連続は別格としても、やはり相当な難易度であることは確かだ。
吉見がこれに到達するには最速であと3年、その2012年までは「仮エース」とでも呼べばいいのだろうか。
少なくとも本人はまだまだ「エース」の地位には及ばぬ投手だと自らを評しているのである。


しかし吉見には、川上にはなかった大きな強みがあるが故に、
現代プロ野球においては困難とみられる5年連続二桁も決して夢ではないだろう。
吉見一起の強み、それは「安定感」。
川上は調子に乗れば何かが憑依したように神がかった投球をすることがあったが、
一方で隔年エースと揶揄されるなどムラの激しいところが玉に傷だったのは否めない。

対して吉見は派手さはないし、記憶に残るような投球をするタイプではないものの、
どんなに調子が悪くてもそれなりに試合をまとめる能力は並外れたものがある。

例えば今日の試合も5回2/3を2失点と早めに降板したことで本人と監督は不満を口にしているが、
それでもきちんと試合の体裁を整えたところで降板している。

2~3点は取られても、それ以上の崩れ方はめったにしない。
これができるから、まだ本調子には程遠くても気付けば最多勝を狙える位置にいるのだ。






前回登板あたりから落合監督がやけに吉見に厳しくなっているのも期待の表れだろう。
就任当初から一貫して選手を貶すようなコメントはしない監督にしては珍しく、
吉見にだけはメディアに向かってはっきりと注文を発信している。

前回は「1人で投げきってくれないことにはな」

今回は「もうちょっと良くなってもらわないと困る」

どちらも文頭には(エース候補なら)という前提が付くからこその注文だ。
とりあえず3年目。仮エースから真エースへの進化旅は、まだまだ道半ばである。



フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2010.04.29(Thu)00:51 | 吉見一起 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 



名作「ドラゴンボール」の中の有名なひとコマがある。

圧倒的な強さを誇るフリーザを前に、成す術もなく絶望に暮れる悟飯、クリリン、ピッコロ。
それでも奇跡を信じて立ち向かう3人に、フリーザは無慈悲な言葉を吐き捨てる。



「当たり前だ…たった3匹のアリが恐竜に勝てると思ったのか?」




●中日0-8巨人


我々は、所詮アリに過ぎないのか。

試合開始前、巨人は松本を欠いていることだし、もしや今回は意外とうまくいっちゃうんじゃなかろうか、
そんな淡い期待を抱いてワクワクして開始を待っていた甘々な私の希望はズタズタに引き裂かれた。

これが現状での中日と巨人との力の差なのだとしたら、もはや一点の光明をも見出す事はむずかしい。
打力だとか投手力だとかの云々以前の問題として、そもそも戦闘値が違いすぎる。そう感じた。

これは小手先のやりくりでごまかしの効くような「差」じゃない。
チェンを中5日で持ってこようが、相手投手の利き腕に応じて打順を組み換えようが、
残念ながらそんなものは今の巨人には到底通じそうもない。

とにかく巨人は、"非情"に強い。
今年の巨人の怖いところは、相手の息の根が完全に止まるまで攻撃の手を緩めないとこだ。
3点、4点差じゃ飽き足らず、大量点差がつき戦意を喪失するまで徹底的にボコボコにしてくる。

私も物心ついてからかなり熱心にプロ野球を見ていると自負しているが、
ここまでとんでもない強さを感じるチームはちょっと記憶にない。

とりあえず今、はっきりしているのは、このチームを倒さなければ優勝できないということ。
そしてまだ中日には、まともにぶつかって勝てるだけの力がないということ。
それだけである。


もちろん中日でさえこの状況なのだから、他球団ががんばって帳尻を合わせてくれるのはまず期待できない。
なんだかんだ言って、巨人を止めることのできるチームがあるとすれば、それは中日だけ。
そのことに関しては疑いの余地はない。

だったら、もっと強くならなければならない。
もっともっと強くなって、巨人を本気で焦らせるくらいにならないといけない。

中日にはそれができる。
できると信じているから、どんなに無慈悲な負け方をしても、私は中日を応援し続ける。







ガラガラのスタンドの空席がどんなに増えようと、私はこのチームに希望を託す。
見捨てる気なんて微塵もねえよ。落ち込むときは選手もファンも一緒だ。





【おまけ】




今日の試合、いちばん悔しがってるのはAKB48の篠田麻里子に会い損ねた平田(先日登録抹消)あたりだと思う。



フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2010.04.27(Tue)23:00 | 平田良介 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 

さて明日からお待ちかねの本拠地での巨人戦がはじまる。
前回の初顔合わせでは初戦をとったにも関わらず2,3戦目は重量打線に屈し、負け越しを喫した。
巨人との直接対決をなんとか取らないと絶対に優勝はあり得ないので、
これ以上の苦手意識を作らないためにも明日からのゲームは非常に大切になってくる。


ここまでゲーム差は3.5差。

①4月にしてもう3.5差か
②あれ?まだ3.5差か。


どちらに感じるかは人それぞれだが、私個人としては後者の印象が強い。

なにしろ今年の巨人は無慈悲なほど強く、試合経過をみるといつも勝っている、そんなイメージである。
対して我らが中日は未だ腰を据えた戦いができているとは言い難い状況で、
4月下旬になってもまだまだ下位打線は日替わり弁当のようなオーダーだ。

先々週はよもやの3タテを食らうなんてこともあった。
チェンもピリっとしない。裏ローテも壊滅的。打線は言わずもがな。
はっきり言って5差くらい離されていてもおかしくないのだが、
実際には首位と3.5差の同率2位。結果的にはまずまずのスタートダッシュを切ったと言えよう。


このイメージと実態の乖離は、どこから来ているのか。
私はデータを眺めながら、あるおもしろいことに気付いた。

今季のゲームの内訳に、それは隠されていた。








なんと全27試合での14勝中、3点差以内での勝利は12個。
勝ち試合は、ほとんど僅差で薄氷を踏むように勝利を収めているのだ。
一方で僅差での黒星は負け数全体のちょうど半分。

つまり勝つときは僅差で制し、負けるときは大敗を喫すということだ。
これは2004年~2006年頃の強かったときの落合竜によく見られた特徴である。

これは意外なデータだった。
失策の多さや貧打ばかりが目立っているが、実は中日らしい試合運びが知らずのうちにできていたのだ。


この原動力は、すばり浅尾、高橋、岩瀬の勝利の方程式の好調に裏付けられていると思う。
各々の防御率からはそれぞれ0.53、1.17、0.90とずば抜けた安定感が見てとれる。

特に今季は岩瀬の調子がすこぶる良く、リードしているケースでは勝率10割、防御率0.00を継続している。
(唯一の失点は3/28の広島戦、同点で登板し2安打を浴び1失点)



合言葉は、





岩瀬につなげ!



これで落合監督の言うように「ふた回りして落ち着き」、不調の先発陣が整備されてくれば・・・、
すさまじい層の厚さを誇る巨人だって、決して恐るるに足らないのではなかろうか。



フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2010.04.26(Mon)23:46 | 岩瀬仁紀 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 



いつも当ブログをご覧頂いている皆さま、こんにちわ。

今日はお詫びと今後の方針について書かせて頂きます。

私、2008年4月に社会人の仲間入りをして早2年が経ちました。

学生時分はほぼ毎日更新を目標にし、現にそれを実行できていたと思います。

しかし社会人となると、なかなかそういう訳にもいかず、

更新したいという思いはあっても時間的・体力的な制約からどうしても放置しがちになってしまいました。

仕事、付き合い、資格勉強、そして野球観戦・・・等々をバランスよくこなそうとすると、

執筆に最低でも1時間くらいはかかるブログの更新は正直難しいのです。

これは私としましても、非常に悔しいことで、なんとか続けていきたいとは考えています。

今後も以前のように頻繁な更新は難しいと思いますが、

せめて週に1,2回程度は時間をつくって書いていきたいので、

どうか当ブログを見捨てないで頂きたいと思います。




あと、ひとつ分かって頂きたいのは、決してドラゴンズへの情熱が冷めた訳じゃないということです。

むしろ2007年、2008年頃に比べれば加熱してるくらいです。

大島、松井佑、ブランコあたりのことをもっともっとネタにして書きたい。

セサルをこきおろしたい。

そういう気持ちは常に持っております。

昨今はTwitterでファン同士が交流しているというようなお話も耳にはいってきています。

あれの使い方が全く分からないのですが、もし見つけたらフォロー?か何かをしてやってください。

ikuto118という名前で細々とやり始めてます。

どうやって見つけてもらうのか知りませんけど、よろしく。

それでは、次回の更新まで。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2010.04.25(Sun)21:02 | インフォメーション | Comment : 02 | Trackback : 00 | 
 | HOME | 
 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ