上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 




新政権の船出としては、満点に近い内容だと言えよう。

エースが最高の投球をし、四番が期待以上の活躍をみせ、若手スラッガーにも一発が出て、守護神が締める。
昨季までが緻密な玄人好みの野球なら、今季は誰でも楽しめるエンタメ野球と言ったところか。
スローガンの「ファンと共に」の通り、満員の観客は非常に満足して帰路についたことだろう。

オフシーズンに激しい批判に曝された球団方針は、ひとまず上々のスタートを切った。
だが長いシーズン、中だるみが生じたときにもファンの目を意識する余裕が持てるかどうか。
ファンサービスを掲げるなら、勝てなくなったときの厳しい反応も当然覚悟しなくてはならない。
果たして球団にそこまでの覚悟があるのかどうか。早くも当日券が余っている第二戦に不安を隠せない。






さて、話を試合に移そう。
7回終了時点で広島は延べ21人の打者が打席に立った。
このうち出塁したのは0人。吉見一起は史上初の開幕戦完全試合に向けひた走っていた。

4点差ついたことで勝利はほぼ確実となり、注目は快挙達成の一点に絞られた。
だが前人未踏の頂きはそう容易く進入を許してはくれない。
8回表の先頭・栗原にゴロで抜けるセンター前を打たれて夢破れたり。
「あぁ~」というため息が球場、東海地方のお茶の間に響き渡った瞬間だった。

贅沢は言うまい。
絶対のエースも、OP戦では安打を浴びまくり、状態が不安視されていたのだ。
最後の登板となった24日の楽天戦でも6回無失点とは言え被安打は7。
万全には程遠いかと思われたが、全ての不安をその逞しい右腕で払拭した。


監督が変わった。コーチ・スタッフも一新し、チーム方針も大きく変わった。
それでもエースのやるべきことは何ひとつ変わらない。





「勝つこと」



ただそれだけを求めて、エースの2012年が始まった。




スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2012.03.30(Fri)23:59 | 吉見一起 | Comment : 02 | Trackback : 00 | 

8年振りとなる新監督を迎えての開幕が、いよいよ明日に迫った。
良くも悪くもこんなにファンが注目するシーズンも久しぶりではなかろうか。
話題の中心は、やはり山崎と川上。そしてOBだらけのコーチ・スタッフだ。


私も様々な思いに駆られたオフシーズンだったが、
今はただ今年も野球が見られることの幸せと楽しみを噛みしめ、明日を迎えるばかりである。
山崎も川上も、その他のOBも心底応援するし、迷いは一切ない。
例年通りのワクワク、ドキドキで一杯の開幕となった。


さて、今季注目する選手をひとり挙げろと問われれば、私は即答したい。









昨季、地獄を見た男は再び輝きを取り戻せるのか。
答えは明日18:00から、半年間144試合かけて導き出すことになる。






フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2012.03.29(Thu)23:11 | 森野将彦 | Comment : 01 | Trackback : 00 | 

過度な期待はしたくないので、敢えて高橋周平については何も書いてこなかったのだが、
今日の楽天戦での打席を見て噂に違わぬ大物っぷりを実感した。
5回裏二死1,2塁。代打で登場した周平は、OP戦とは思えぬほどの沢山の地元ファンを大いに魅了した。

相手の加藤は、近年不調とは言えかつてオリックスで抑えを務めた実績ある投手だ。
球そのものの威力は衰えても、新人を捻るくらいの技術は優に持っている。
その投手に簡単に追い込まれた周平は、しかしここから驚異の能力を見せつけた。


「たぶん落ちる球に釣られて空振り三振だろう」

なまじ野球を知っているファンの多くは、追い込まれた段階でこう思っただろう。
昔も今も、若手と外人を料理するには鉄板の攻めである。
ましてや先月まで制服を着ていた18歳。結果は火を見るより明らかだ。

だが3球団競合のスーパールーキーは違った。
まず追い込まれたからの初球。
逆方向へ流した打球はぐんぐん伸びてファール線わずか数十センチ左のフェンスに直撃。
三振どころかあと少しで逆転HRという打球に観客、そしてベンチが息を飲んだ。

仕切り直しの2球目。三振前のまぐれ当たりという格言もあるように大抵は期待外れに終わるのだが、
ここでも空振りを狙った執拗な変化球に柔軟に対応してふたたびファール。
さらに3球目も泳ぎながらもなんとか食らいつき、並外れた対応力に客席からは拍手が贈られた。

結局4球目でセンターへのフライに打ち取られたが、これだけの内容をみせてくれれば満足。
簡単に空振りに倒れる諸先輩たちとは一味違うことが分かっただけでも充分な収穫である。







野本なんかは何百回やらせても落ちる球に手を出すわけで、
実績無いのにちゃんとカットなり見逃しなりできる周平はやはりセンスが違うのだろう。






フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2012.03.25(Sun)17:56 | 高橋周平 | Comment : 02 | Trackback : 00 | 




高木監督が最初に「開幕・マサ」を掲げたのは1月8日、地方の応援番組でのことだった。
おそらく真意や意図のない思いつきでの発言、いわゆるリップサービスであろう。

しかし翌朝の中スポがこれを一面で大々的に報じると、たちまち各メディアで話題になった。
さらには当の本人である山本昌が大真面目に「狙う」と宣言したことで既成事実化。
高木監督としても、ほんの冗談のはずが引っ込みつかなくなったというのが本音ではなかろうか。


ファンの反応も最初は冷やかだった。
もちろん山本昌に対してではなく、メディアにすぐ軽口を叩く高木監督に対してだ。
昨季、一試合も実戦登板がない46歳を開幕投手に指名するなど明らかに常識的ではないし、
果たして吉見の心情を少しでも考えてこうした発言をしたのかどうか。
就任時から懐疑的な見られ方の多かった老監督への視線は更に厳しいものになった。


あれから二ヶ月半が経ち、今多くのファンが「開幕・マサ」を夢見始めている。
あり得なかったはずの可能性が現実味を帯びてきたのは、他でもない山本昌の実力によるものだ。
ここまでOP戦で計9イニング無失点。先日はほぼベストメンバーの巨人も完璧に抑えた。
もしかすると、もしかするぞの声は日ごとに高まっている。

実は高木監督の仕掛けた巧妙な策だったとはちょっと思えないが、
結果的に山本昌がその気になり、我々ファンも大きな楽しみにとして期待しているのは確かである。







おそらく開幕までの実戦登板はあと一回。
ここでも好投すれば、いよいよ3月29日の夜が「運命の夜」になってくる。

つくづく予告先発が憎い。






フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2012.03.17(Sat)10:46 | 山本昌 | Comment : 02 | Trackback : 00 | 

「レギュラーの顔触れは昨季と変わらない」
以前から高木監督はそう明言しているが、どうやら例外はありそうだ。
それも打線の軸である4番・一塁だというのだから、もはや「昨季と変わらない」どころか「大違い」である。

というわけで、2009年から主砲として君臨したブランコの定位置を43歳の山崎武司が奪うかもしれない。
キャンプ中ごろまではブランコが優勢だったが、怪我による調整不足は否めず、
対する山崎が練習試合やOP戦を通じて非常に好調を維持していることから一気に形勢は逆転。
今や私のようなブランコ支持派でさえ開幕一塁・山崎はやむを得ないと思うほどになった。


もちろん私もアンチというわけではないので、活躍してくれるなら山崎でも全く構わないのだが、
以前中日にいた頃の山崎を知っていると、どうしても信用しきれない面があるのも確かである。
不遇の時代を乗り越えて、野村楽天の元で再ブレイクを果たした経緯やエピソードは重々認識している。
きっとお山の大将だった昔と違い、野球への取り組み方なども180度変わったことだろう。

それでも、いくら楽天で更生したと聞いても、我々世代にとって山崎というと、








この頃の印象がどうしても拭い去れないのだ。
画像のホームランはリアルタイムで見て強烈に感動させてもらったが、
2000年代前半の山崎はやる気のなさそうなスイング、横柄な態度が目立つ「イヤな奴」だった。
それでいて影響力は強いものだから、山田久志氏に疎まれてオリックスへ放流されたのは有名な話。

実際、当時の山崎はファンの間でも決して評判のよい選手ではなかったし、
タニマチやら地元有力者やらとの癒着など、好ましくない噂の常連でもあった。
かく言う私もなんとなくチームの癌のように感じていた山崎の移籍は正直嬉しかった。


その山崎が、実に9年振りに名古屋に帰ってきた。
早くもメディアに頻繁に顔を出しているあたり、世渡りのうまさを感じる。
若手をひきつれて毎晩飲み歩くだと、スタメンから外れると首脳陣批判するだとか、
諸々の噂のどれだけが真実なのかは知る由もないが、我々には信じることしかできない。

決して「おかえりぃ~!」と大歓迎するでもなく、とりあえず様子見しつつ応援するか、と。
当ブログの山崎へ対するスタンスはそんな感じ。
もっとも、ブランコが8割くらいの状態に戻れば一塁はやはりブランコだとは思う。
と言うのも、ナゴヤでは山崎はせいぜいHR15本が限界だろうが、ブランコは最低でも15本は期待できるから。

最高値が15本の選手と最低値が15本の選手なら、守備力を考慮しても後者に軍配が上がるだろう。
ただ、山崎には経験に基づく巧い技術があるのでそこは見逃せないとこではある。
いずれにせよ決めるのは高木監督。ここはファンの声など無視して勝利を最優先した決断を下してもらいたい。






フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2012.03.10(Sat)00:37 | 山崎武司 ※ | Comment : 01 | Trackback : 00 | 

プライドを失ったら人はおしまいだと思う。
どんな人にだって身分相応のプライドがあって、それを捨ててしまったらもはや尊厳をなくしたも同然。
リビングデッドと化すのである。

しかし何事も「度合い」というものがあり、あまりに高いプライドは時に成長を妨げかねない。
適度なプライドと適度な謙虚さ。これらを両立させたとき、初めて大きな成長が生まれるのではなかろうか。


野球選手も、入団当初は手探り状態の中で誰もが謙虚に練習に励み、試合に臨むが、
実績を積むにつれ徐々にプライドが謙虚さを置き去りにし、やがて自信過剰になる場合が多い。
こうなると、契約更改時などに世間ズレした発言をしたりと、しばしば周囲を不快にすらさせてしまうのだ。

長らく中日のエースといわれたこの男も、渡米間際の数年間はまさに「プライドの鎧」を着込んだかのようだった。







億単位という大金を毎年手にしながら、感謝の言葉もなしに不平不満をぶちまけてきた川上は、
さらなる栄光を目指して単身渡米、破格の待遇で夢のメジャーリーグに挑戦した。
だが、結果は擁護しようのないほどの大失敗。日本で着込んだガチガチの鎧は無惨にもぶち砕かれた。


その川上が3日のOP戦(vs.広島)で1256日ぶりにナゴヤのマウンドに帰ってきた。
あれだけの大口を叩いて出て行ったにも関わらず、のこのこと戻ってきた格好である。
しかも給料は当時の10分の1ほどに激減した。これでダメならもはや笑い者レベルだ。

それでも川上はナゴヤで再び野球をすることを選んだ。昨日、久々のマウンドを無事降りて、言った。
「(ナゴヤドームは)すごく居心地がいい。自分の家よりも居心地がいいくらい」。


「プライドの鎧」を脱ぎ捨て、新人時代のような丸裸の謙虚さを取り戻した背番号11は、どんな夢を見せてくれるだろう。






フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2012.03.04(Sun)20:40 | 川上憲伸 | Comment : 03 | Trackback : 00 | 
 | HOME | 
 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ