イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

柳田殖生が遂に戦力外通告を受けた。
近年は毎年戦力外の候補に挙がっていたが、ファームでの好成績が評価されたのか、
一軍での通算成績は15安打1本3打点と悲惨ながら、なんとか踏みとどまってきた。

今季もあいかわらずファームでは好調で、打率.296はウエスタンの堂々3位。
そのままの打撃を一軍でも実践できれば、手薄な内野陣の救世主になれそうなものだが、
なぜかいつも一軍に上がった途端に調子を崩し、毎年シーズンの大半をファームで過ごした。

普通ならとっくにユニフォームを脱いでいてもおかしくない成績なのに、
なまじファームでは打つから期待せざるを得ない。ただでさえ中日は打撃陣が弱いチーム。
藁にもすがる想いで柳田の覚醒を待ち続けて八年。とうとう我慢が限界に達したようだ。


実はファームで好成績だったにも関わらず球界を去るのは柳田だけではなく、
今季ウエスタンで打率1,2位に輝いたソフトバンクの中西、福元の両人もやはり戦力外を受けている。
つまりウエスタンの打率上位3傑がそろって戦力外という珍しい事態が起きたのだ。

私はこの現象を鑑みるに、ファームでの育成法を見直すべき時期なのかなと感じている。
そもそもファームとは、一軍では実力の足りない選手が文字通り“鍛錬”をする場であって、
ファームで安定した活躍ができるようになった選手は“鍛錬”の段階をクリアしたとみなされ、
そういう選手は怪我でもしない限り、もうファームでやることはないというイメージがある。

だからファームで打った打たないという情報にまでファンは一喜一憂するし、
ファームで首位打者を取ったなんて言ったら来季は一軍でレギュラー挑戦だ!と息巻きたくもなる。
しかし、ここ十年ほどの中日のファーム事情を見ていると、どうやらファームでの活躍が一軍での活躍に
直結するわけでは全然なく、むしろ一軍で打てる奴はファームなんか無関係にいきなり一軍で打てるのではないかと。

たとえば今季の高橋周平はファームで七月までたった1本のホームランも打てなかったのに、
一軍に上がるや甲子園での満塁弾を皮切りに約二ヶ月で5本もかっ飛ばした。
ファームの成績が反映されるならこれは柳田がやることであり、高橋はまだ“鍛錬”を積むべき選手のはずだ。
ところがファームの成績とは正反対に、今季も柳田はからっきしに終わり、高橋にとっては飛躍の年になった。


そもそもだ。そもそも過去十年、ファームに塩漬けにしてちゃんと育った選手が一人でもいただろうか。
この育成法で何人もレギュラー野手を輩出しているのなら、大いにファームを活用すればいい。
ところが実際には、レギュラーになるような選手は入団間もなくしてすぐに一軍に定着するような連中ばかり。
少なくとも中日のファームは、野手育成に関してほぼ成果を挙げていないと言える。

今、中日には高橋や古本といった新世代の大砲候補がにわかに増えてきている。
柳田の教訓を生かし、ファームで長年塩漬けにするような育成法はぜひ取らないでもらいたい。
ダラダラとファーム慣れして生半可な成績をファームで残すような悲劇の若手を生まないこと。
それが世代交代をスムーズに行うための条件だと、私は思う。

最後に。





杉内から打った最初で最後のホームラン。
この打ち方がずっとできれば凄い打者になっていたのになあと、つくづく残念に思う。
柳田選手、八年間お疲れさまでした。




スポンサーサイト
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

遅ればせながらドラフトの話題を。

中日は松井裕樹の外れ1位で聖隷クリストファーの鈴木翔太を指名した。
鈴木翔太。恥ずかしながらアマに疎い私は、予備知識がまったく無かった。
他にも有名な候補が多数残っている中での鈴木指名には、正直逃げの姿勢を感じたほどだ。


だが動画を見て感想は一変した。





しなるような肩肘は天性そのもの。バランスのよいフォームから放たれるノビのある速球。
まだまだ未発達な部分は散見できるが、谷繁監督の要望どおりの「素材型」である。

松坂の登場以来だろうか、高校生の球速がやけにフィーチャーされるようになったのは。
毎年のように150キロだとか155キロとかいう豪速球を武器にする選手が話題をさらい、
その多くがプロの門をくぐった途端に致命的な怪我を抱え、まともに活躍できず苦しんできた。

高校生レベルならスピードで黙らせることができるが、プロはそれだけでは通用しない。
まずは怪我をしない丈夫な身体が前提で、次にスタミナ、その次に制球力。
吉見も川上も岩瀬も山本昌も、150キロには届かない制球重視の投手だ。
最近では140キロ台前半の上原がメジャーを席巻しているのが象徴的か。


さて、鈴木翔太の最速は143キロと記録されている。
ドラフト1位の右投手としては極めて平凡、言ってしまえば物足りない数値だが、
鈴木の最大の魅力はしなやかな身体の質。
プロで鍛えれば球速もあと2キロは伸びると思うが、それで充分である。


谷繁監督が、監督として初めて指名した記念すべき選手。
小さくまとまるのではなく、竜を背負うエースに昇りつめて欲しいし、久々にそれが期待できる投手だと思う。
右のエース候補。10年以上前にドラ1で取った埼玉の投手もそう言われていた気がするが......気のせいか。




[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




中日が西武の片岡治大を獲得調査していると報じられた。
衰えの激しい荒木の後釜として30歳の二塁手である片岡はドンピシャ。
もし実現すれば向こう5年は竜のセカンドは安泰となるが—。


実はこの報道の前日、フジテレビのカトパンこと加藤綾子との熱愛が東スポでスクープされたばかり。
カトパンといえば泣く子も黙る女子アナ会のエースだ。
そんな女と付き合っている男が、球団の意向とはいえ、素直にトレードに応じるとはちょっと考えづらい。
「中日かカトパンか選べ」と言われて中日を選ぶ男など存在するわきゃない。

さらに片岡といえば球界きっての(って程ではないが)イケメンである。
イケメンとは真逆の位置にあるイモ軍団中日に、茶髪の片岡が馴染むともどうしても思えない。
西武では同じくプレイボーイの涌井と仲が良かったらしいから、ますます心配だ。


以上野球とは関係ない2点から、片岡の獲得は無理!と私は踏んでいるのだが、さてどうなるか。
もちろんカトパンを連れてきてくれるなら大歓迎という関係者は多いと思うが......。
手ぐすね引いて待っている男が、ここにもひとり↓


「カトパン?来たらええがな」




[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




遂に秋季練習がはじまり、谷繁監督、落合GM、森ヘッドが一同に会した。
三人は簡単な挨拶を済ませると、隣接する合宿所で三時間以上に渡り”トップ会談“を行った。
落合GMが会見で「秋季練習を見て戦力外を判断する」と示唆していたこともあるのか、
ナゴヤ球場はこの時期とは思えぬ緊張感に包まれたようである。

それにしても新体制が決まってからのこの一週間、とにかく毎日が楽しくて仕方がない。
次は何が起きるのか、朝になったら何が起きているのか。
サプライズな展開が次々と待っていて、つい裏声で「フゥーッ!」と叫びたくなるほどだ。
「ジョイナス」なんて言われても微塵も高まるものはなかったが、今は自然に「フゥーッ!」である。


もちろん、この二年間とはちがう雰囲気を敏感に感じているのは選手自身に他ならない。
今日の練習後、吉見は報道陣に「久しぶりにグラウンドでピリっとした空気を感じた」と話したのだ。
久しぶりに、が示す意味はおそらく文字通りに受け取っていいのだろう。
思えば高木政権初年度の春キャンプ時、練習時間を割いてのサイン会に真っ向から苦言を呈したのが吉見だった。


「正直言ってやり過ぎちゃうかなと思います。」
「僕は選手には野球を最優先に考えてほしい。『勝つことが最大のファンサービス』
と言った落合監督の言葉はまさにその通りで、僕はそれが正しいことだと思う。
強いから(球場に)見に来てくれるのであって、5位、6位じゃあ、
いくらファンサービスしてもお客さんは来てくれない。」
「サインすることがファンサービスじゃない。
監督にもそう伝えているんです。もっと違う形があると。サインを断るだけで
『(今年から)ファンサービスするんじゃないのか。』となる。
監督に『サインだけがファンサービスじゃない。』と伝えても、
『サインくらいしてやれ』と言うんで、正直、どうしたらいいのか困っています。
今までだってサインしてなかったわけじゃない。みんなできる範囲でしてきた。
それでも足を止めてサインしろというのは......。
それはさすがに選手の調整に響くんじゃないか、というイベントも正直あった。」



これは2012年2月8日の日刊ゲンダイの記事の一部抜粋だが、結果的に吉見の不安は的中してしまった。
誰よりも勝利へのこだわりが強いエースだからこそ、本音を話さずにはいられなかったのだろう。
来季は早くとも6月までは離脱が濃厚とされているが、ゆっくり治せばいい。
再び“勝つ集団”へと生まれ変わったチームは夏場、復活のエースを盤石の形で迎え入れるだろう。




[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

日曜日にサンドラに出演した森繁和が、若狭アナの巧みな尋問に情報を幾つか漏らした。
なかでも注目なのが、番組終了間際の「ユニフォーム?変わるでしょ」という一言である。

現在の鉄紺ユニは2013年にジョイナスの合言葉と共に変更されたもので、
2年間の成績が振るわなかった事と、政権の根幹が崩れた事により撤廃は確実視されていた。
しかし万が一、継続も無くは無いとも思っていたのだが、これで安心して来季の新ユニ発売まで待てばいい。
私もそうだが、誰のネームでレプリカを買うか悩んでいる方も多いのではないか。


さて今日の東スポwebに興味深い記事が載った。
先日の7時間会議の際、落合GMが「強かった1954年ユニの復活」を提案したと言うのだ。
1954年といえば、球団史上唯一(ちゃんとした形での)日本一に輝いたシーズンである。
近年では2010年の復刻企画の際に着用していた為、記憶に新しい。






まあ意図は分かるが、これでは念願の「ドラゴンズブルー」の採用が見送られてしまう。
やはり我々世代にとってドラゴンズといえば青であり、現行の紺色はなんだか物足りない。
それなのに、輪をかけて黒寄りに進めば、チームカラーを曖昧にしかねないのではないか。
カラー印刷/映像技術の乏しかった1954年当時ならともかく、現代にモノクロを復元するのは甚だ疑問である。

そういえば10年前は落合福嗣氏がデザインを考案したと言われているが、今回はどうなのだろうか。





今後数年のドラゴンズの戦闘服のゆくえは、この男のセンスにかかっている......かも知れない。




[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




川上憲伸の戦力外が公になったのが10月2日のこと。
あれから二週間足らずの間に、中日を取り巻く環境は劇的に変わった。

川上を戦力外だと判断したのはあくまで前フロントであり、
落合GM体制の新生ドラゴンズはこの人事にいっさい関与していないと思われる。
現に退団が発表されていた早川和夫コーチの解雇撤回が報じられたり、
逆に監督候補にまで挙がっていた井上一樹コーチの退団が有力になったりとその動きは目まぐるしい。


兼ねてから落合GMは方々で「投手はいて多すぎるということがない」ポジションだと語ってきた。
ただでさえ吉見は来季も絶望的、今季は規定に達したのが大野ただ一人という厳しい台所事情のなかで、
経験豊富で計算できて、且つ燃え尽きる気など毛頭ない元エースをホイホイ手放すとは考えづらい。
(川上の人生プラン的にも中日で野球生活を全うするのがプラスだと私は思う)

もう一年やってみて、それでもダメなら本人も納得してユニフォームを脱ぐだろう。
それに来季からは引退を促す、あるいは戦力外を伝えるのは川上のボールを誰よりも知る谷繁監督になる。
長年バッテリーを組んできた女房に背中を押されれば、川上も未練なくマウンドを去れるのではないか。






いずれにせよ、もう川上の選手生命はそう長いものではない。
一時代を築いたエースの他球団のユニフォーム姿を見るのはつらすぎるから、
どうか黄金バッテリーのままで最後の華を咲かせ、散ってほしいと切に願う。




[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




2年前の退任会見以来、久々に“ドラゴンズの落合”が帰ってきた。
監督としてではなく、GMとして。そして落合は席上で「すべての責任は私にある」と言い切った。
「勝てるチームを作る、来季から優勝を目指す」。
あいかわらずの自信たっぷりの落合節。そうだ、この風格こそが落合博満という人なのだ。
2004年から8年間、毎日味わっていた懐かしい感覚が私の身体を貫いた。


さて、今朝のスポーツ各紙では早くも組閣にあたって具体的な名前が飛び交っていた。
佐伯に波留に高柳に長嶋清幸に......。
情報源は分からないが、大本営の中日スポーツも報じたためファンは当然鵜呑みにした。
この2年、中日スポーツに載る情報は確定済の最終情報だと信じ込まされてきたから。

だが落合はたくさんの報道陣の目の前で、嵐のようなフラッシュを浴びながらこう言い放った。
「色んな情報が出たみたいですけど、、、皆さんの情報はすべて間違っていると思います」
「皆さん」のなかには、もちろん中日スポーツも含まれているのだろう。
私はこの発言をもって、落合GM率いる新生ドラゴンズの2014年シーズンの幕開けを感じた。


落合は本来味方のはずの中日スポーツをも当然のように欺く。
場合によっては虚偽の情報を故意に流すことも厭わない、それがこの男の凄み。
グラウンド内外問わず、敵の嫌がることを第一に考える落合らしい撹乱戦術だ。

もし結果的に今朝のスポーツ紙の組閣情報が当たっていたとしても、
「今年のドラゴンズからまともなリークは望めないぞ」と敵に思わせただけでも充分効果的である。

もう心理戦は始まっている。
敵を喜ばせるだけの情報オープンを捨て去り、再びドラゴンズは不気味なベールに包まれた。




[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




2013年10月9日 朝起きたら革命が起きていた。

それは足音を忍ばせ、誰にも気づかれず、この日の未明に唐突にやって来た。
その衝撃はすぐに日本中に広がり、視界を覆っていた暗黒のブラインドは瞬く間に晴れた。
ドラゴンズファンが2年ぶりに目にした「光」。それも眩しさすら覚えるほどの圧倒的な「光」。
これから起きるすべての出来事が楽しみで仕方ない、私はいま、猛烈にわくわくしている。


遅ればせながら、谷繁元信監督、ならびに落合博満GMの就任を心より、心より歓迎したい。
昨日の朝からスポーツ新聞の一面に躍る「落合」とか「谷繁」の文字を見るたびに高揚感があふれ、
同時にこの2年間、いかにドラゴンズに冷めていたのかを改めて実感した。

一連の就任劇については書きたいことがあまりに多すぎて、逆に何から書けばいいのか分からないほどだが、
実は一番おどろいたのは谷繁監督でも落合GMでもなく、坂井社長はじめフロント陣の引責辞任だった。
谷繁や落合のことは事前に預言していた(たまたま的中しただけか)メディアや書き込みもあったので、
びっくりはしたが仰天というほどではなかった。しかしフロント陣入れ替えはまさにびっくり仰天。

落合の名が急浮上して以来、白井オーナーはむしろ球団内で不利な状況にあるのではと噂されており、
坂井一派の推すOB監督就任と同時に白井オーナー失脚が発表されるのではと私もおそれていた。
そうなれば未来永劫、落合博満が中日に関わる可能性はなくなり、ずるずると球団は地に落ちる、
あるいはサプライズで落合や谷繁が監督就任しても、坂井一派が先頭にいる限りは抜本的な解決にはならず、
ほとぼり冷めたころには元の木阿弥。いずれにせよ中日球団には暗い未来しかないとさえ思っていた。

しかし、中日総帥・白井文吾はファンの想像の遥か斜め上を行く権力者であり、実力者だった。
「落合ありきの人事」で若い谷繁を監督に抜擢し、落合を後見役のGMに置くトロイカ体制を構築。
さらに改革は球団を蝕む病理そのものにも及び、ジョイナス政権を作った当事者たちの更迭に踏み切った。

2年前、リーマンショックという世界中に及んだ深刻な経済不況を見て見ぬ振りをし、
減少する観客動員の原因を落合ひとりに押し付けるように突然解任、
さらに「新しい風」と言いながら老齢の高木氏の監督就任を同じ日に発表し......。
ここからの経緯はご存知のとおり。そして、中日ドラゴンズは失墜した。


日に日に増す絶望、失望、嘆き、やるせなさ。
2年間、様々な感情を溜めこんだファン達はネットで、球場で、激しい口調の球団批判を繰り返し、
さらに先日のナゴヤドーム最終戦での高木氏の退任挨拶の際には容赦ない罵声が飛び交った。
ナゴヤドームの年間入場者数も18年ぶりに200万人を割り込んだ。
球場に足を運ばなくなった数十万人、いや、日本全土でみればそれ以上の数のファンが抱えた失望感。

そのすべてを一気に解消した今回の「白井劇場」。
Beforeがあまりに酷すぎたからこそ、Afterの多幸感、すなわちカタルシスが半端ない。
中日ドラゴンズにはまだ見ぬ未来が待っている。だがもうそれは恐れるものではない。

谷繁監督、落合GM体制のもと、「強いドラゴンズ」がパワーアップして帰ってきた!