上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 

冬と言ってもまだ11月上旬。気温も20度前後ならさほど寒さも堪えない。
だがドラ戦士たちには越冬ツバメも時期を勘違いするほど猛烈な"厳冬"が一足先に訪れた。

衝撃の井端退団をゴングに幕を開けた怒濤の契約更改は、予想以上の大減額の嵐。
特に今日は和田の8,000万ダウンを皮切りに、浅尾5,500万ダウン、山本昌も2,000万ダウン。
吉見に至っては減額制限ギリギリの1億1,600万ダウンとなる1億7,400万円で判を押した。
これで昨日から二日間で計6億円(井端含む)のコストカットに成功し、まさに落合GMは無双状態である。


引退の近い荒木や和田はともかく、来季の6月頃復帰という明確な目安のある29歳の吉見については、
2億円は切らない線で抑えると思っていたのだが、Bクラス査定は予想以上に容赦なかった。
ただし指摘されている方も多いように、中日の選手は元の金額が高すぎる傾向がある。
これは前フロントが選手の機嫌を損ねるのを恐れて金額で鎮めていた"悪習"の結果だろう。

保留をすれば500万とか1,000万という金額が簡単に上乗せされたり、マイナス査定だったはずなのに
ゴネれば現状維持に修正されたり、もはや査定の体を成していない丼勘定が20年近くまかり通っていた。
もちろん中日だけでなく、一部を除いてどこの球団も選手の年俸高騰には頭を悩ませていると思う。

物価はこの20年横ばい、収益はむしろ下降線なのに、人件費だけが右肩上がり。経営者としては泥沼だ。
そういう意味でも今回の容赦ない査定と、有無を言わせずサインさせる毅然とした態度は、
真似する球団が他にも出てきておかしくないほど合理的かつ革新的なものだと思う。


確かに選手にとっては厳しい。しかし一昔前のように易々と年俸アップが望める時代は終わったんだぞ、と。
少なくともBクラスに沈んだチームの主力選手が笑顔で会見できるような時代は終わったんだぞ、と。
これからの球界は落合流の超厳冬が当たり前になるだろう。

では、ここで鬼の契約更改を終えたあとの引きつった選手の顔をご覧頂こう。





てろ〜ん



あま〜い。やっぱ落合さん、森野にはあまいよー。




スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2013.11.07(Thu)00:14 | 森野将彦 | Comment : 02 | Trackback : 00 | 

楽天の日本一をもって幕を閉じた2013年プロ野球。
同時に鳴り響いたストーブリーグの開始ゴングは、いきなりドラゴンズファンの脳天を直撃した。




井端退団



既報の通り、中日球団が公式に「来季の契約を結ばない」ことを認めた。
過去4度の優勝に主力として大貢献、地味ながら中日の“顔”ともいえるスター選手だ。
1998年の入団から16年。中日一筋に一時代を築いた名手は、唐突にチームを去ることになった。

悔しい。ただひたすら悔しい。
他にやりようは無かったのか。こんな別れ方しかなかったのか。
思い出なんか一晩語り続けたって足りないくらいたくさんある。
今季の状態からして引退が近いのは察していたが、まさかこんな形になるなんて—。

当然ネット上でも反響は大きい。
楽天日本一関連の話題を差し置いて、アクセスランキング1位になっているニュースサイトもあるほどだ。
twitterや掲示板でも賛否両論さまざまで議論が巻き起こっている。
こんなに話題が広がっているのは、これが単なる戦力外ではなく、金銭絡みのワイドショー的退団だからだろう。


まず今回の退団を最初に報じたのはスポニチで、おととい土曜日のこと。
1億9千万から1億6千万ダウンの3千万を提示し、井端がそれを拒否。事実上の戦力外だと報じた。
すると翌日から提示額に差こそあれど、各紙が同じような記事を載せ、飛ばし記事ではないことが判明。
さらに秋季キャンプに井端が姿をみせず、球団関係者とも音信を絶っていると日刊が報じた。

この時点で内心覚悟してはいたものの、どこかでなんとかなるんじゃないかと。
16年も中日のために野球人生を捧げてくれた井端を信じていたのも確かだ。
しかし井端は中日を去ることを決めた。「金額ではない」という球団の説明が何を意味するのか分からないが、
詳しいことが何も明らかになっていない以上、我々は報じられている少ない情報で憶測を立てるしかない。
その上で井端にひとこと言いたい。
“ガッカリだよ”と。


2009年からの5年契約が満了した今季。過去5年間の成績をふりかえってみると、
とても毎年2億前後の年俸をもらうべき選手の成績でないのは一目瞭然だ。
球団としては5年も高額を支払って雇用を保障した上で、契約期間の成績が乏しくなかったため、
それに見合った額を提示したら頑に拒否された、という格好だろう。

おそらく井端的には「優勝に4度も貢献した功労者で、しかも手術をしたばかり。
もう1,2年やって納得したうえで引退したい。それまでは1億前後で養ってほしい」と言いたいのだろう。
球団も功労者であることを重々承知しているからこそ、戦力外ではなく3千万でも契約更新を提案したと思うのだが、
提示額に足をガクガク震わせたり、二番打者の三冠王(自称)を獲得したことのある大打者には論外だったのか。
普通なら戦力外じゃないだけありがたい、と感謝しそうなところだが。大打者の考えは凡人には理解できない。


球団はもっと選手を丁重に扱えという意見も多く見かけるが、丁重に扱いすぎた結果、足下をみられ、
異常な年俸高騰、球団の経営圧迫につながったのも事実である。
今回の引退劇に関し、現状の情報だけで考える限り、球団に非があるとは到底思えない。
報道の提示額で納得できないのなら、もう中日に井端は必要ないし、退団は仕方ない。

別れは寂しいが、井端に対して“ガッカリだよ”という気持ちの方が強い。





フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2013.11.04(Mon)20:00 | 井端弘和 | Comment : 02 | Trackback : 00 | 
 | HOME | 
 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ