上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 

tokugawa.jpg


寵愛を受けるということ。


競争社会の基本原理は「実力主義」である。
そこに人情や温情は一切必要なく、
競争についていけない者は直ちに切り捨てられる・・・、

というのが一応の競争社会の見方ではあるが、
やはりそこに"人間"が関わっている以上、
多少の贔屓や肩入れが生じるのは、ごく自然なことであろう。

とくに大奥をはじめとした女性同士の権力争いにおいては、
どんなに優秀な才知と美貌を持っていようとも、
将軍の寵愛を受けなければ何ら意味はないため、
皆あの手この手で将軍の気を引きまくっていたわけだ。



さてドラゴンズはと言うと。
星野政権時代はかなりの「寵愛=贔屓」が作用していたように思えるが、
落合政権は基本的に「超実力主義」である。

2004年秋に「選手を色眼鏡で見ない」と宣言して以来、
落合は全ての選手を横並び一線で評価してきた。

これに関しては一部ファンから「贔屓と干しが激しい」との声も挙がっているが、
私は「宣言通り平等に選手を見ているな」という印象を持っている。

だがそんな"鬼の落合"にも、
どうやら可愛くて仕方のない若者が現れたようである。



9382458563.jpg


そう、福田への寵愛っぷりが、物凄く目立つのだ。

昨日は福田のサイン色紙を持ったチビッ子ファンが
「落合監督、裏にサインお願いします」
とお願いしに来ると、

otiai.jpg 「近い将来、うちのレギュラーを取る選手だから、大事にとっとけ」

と言い、サインを断ったという。

これは単に断る口実で福田を使ったというよりは、
本気でそう思って断ったとしか思えない。

この他にも堂上直さえ叶わなかった「北谷残留」を、
ルーキーでは福田ただ一人が勝ち取ったり、
来週の練習試合での四番を暗に示唆したりと、
福田への強い愛情が随所に感じられる。

だがその気持ちも分からないでもない。
就任当時「生え抜き捕手を育てる」と公約を掲げたものの、
この三年間、谷繁を一瞬でも脅かす存在はただの一人とていなかった。

もちろんこれは落合監督の手腕とは無関係に、
単にそれだけの逸材がいなかったというだけの話だ。

だが内心、落合は「そろそろ育てなきゃな」と焦りを感じているに違いない。
そんな中、現れた強肩パワー型の18歳。

いくら落合とは言え、そこは人の子。
待望の第一子が生まれた気持ちになっても何ら不思議ではない。

福田永将。
将軍の寵愛をたっぷり受け、
やがてドラゴンズを背負って立つ女房へと育ってほしいものだ。

あ、でも田中大輔にも期待してるしなぁ。
とりあえず、どっちも頑張れ。


スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2007.02.12(Mon)23:26 | 福田永将 | Comment : 02 | Trackback : 00 | 
落合監督がドラフト終了時におっしゃっていた「今年の獲得選手は予想以上の出来」(「過去4年のうち最高」だったかな?)の言葉が思い出されます。
その後にも聞かれる落合監督の言葉の数々。
あの監督がおっしゃるのだから信じて良いんだと思います。
きっと期待を裏切らないと思います。
大切な大切な捕手の後継者。
しかも「打てる」捕手! なんて理想的!
大事に育てて欲しいものです。


みぽりん #uvcXFM.c | URL | 2007.02.13(Tue)00:08 [ 編集 ]
>みぽりんさん
個人的には田中と福田が2,3年争って、最終的に福田がレギュラー、田中が控え捕手に・・・ってパターンが最高です。
中村武がいなくなってからというものの、中日の捕手は一番手も二番手も、みんな外様ですから。
そろそろ生え抜きが見たいな、と。

いくと #- | URL | 2007.02.13(Tue)21:32 [ 編集 ]


 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ