イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

830977_1445431567s.jpg



【日本シリーズ対策SP】


第五夜(最終話)・SAY YES



いよいよ、「その時」まで24時間を切った。
明日の今頃、私はどんな顔をしているのだろう。

喜びに満ちた顔?

悔しさに滲んだ顔?

誰にも分からない。
まさしく「神のみぞ知る」といったところか。



何度も言うが、中日ドラゴンズは52年もの間、
日本一の栄光から遠ざかっている。

52年。

口にするのは簡単だが、途方もなく長い時間だ。
何しろ「半世紀以上も前」の記憶なのだから。


これまでに、栄光を手にするチャンスは5回あった。
1974、1982、1988、1999、2004年の計5回。
中には、あとわずかで手が届きそうになった年もあった。
しかし、結果的に"夢"は"夢"で終わった。


敗戦の理由は様々だが、
少なくとも最近18年('88,'99,'04)は、いずれも


「余計なもの」


が死神のように付きまとってきた結果ではなかろうか。



1988年は、
主力のゲーリーがわき腹痛で本来の力を発揮できず。


1999年は、
長距離打者の山崎武が骨折で欠場。


一昨年の2004年は、
不動の4番・福留が死球による骨折で欠場。


言い訳にしたくはないが、
相次ぐ主砲の欠場が災いした事は否定できないだろう。
余計な物に付きまとわれ続けた18年間だ。



そして迎えた2006年。
主力級に、怪我人はゼロ。

四半世紀ぶりの、ベストメンバーで挑む日本シリーズだ。
もう言い訳はできない。
今回は、なんとしても勝たなきゃならない。




もう一度聞こう。
今回の日本シリーズに・・・、



772972_949139311s.jpg


余計な物など、ないよね?




中日ドラゴンズ。

52年目のプロポーズは、果たして成功するのか・・・?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/13-f4344a33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。