上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 

hirai33kjhguhycycuj.jpg


5人目は鉄人33号


先発ローテは基本的に5~6人で回すのが理想とされているが、
現実は計算できる投手が3人もいれば立派なもので、
大半のチームは火の車の如く一年間をやり繰りしているのが現状である。

例えば2004年の中日は川上・山本昌・ドミンゴの三人を中心に、
残りの枠は様々な投手がほぼ日替わりで務めたが、
計算できる3人がキッチリ働いたため、優勝を果たした。

逆に圧倒的な攻撃力と伸びしろのある若手が在籍する横浜が、
2000年以降全く話にならないのは、
どう考えてもローテ投手不足が原因である。

やはり「近代野球は投手力が全て」との言葉通り、
本気で優勝を狙いたければ四番を育成するよりも、
計算できる並以上の先発投手を揃える事の方が先決なのだ。


そんな中、5人どころか6人ものエース級が名を連ねる、
恐ろしいチームが今年誕生してしまった。

そう、

uwudfuhigjrjgggggggg.jpg

今や球界一の億万長者ソフトバンクである。


落合監督が「メジャーで最も通用するだろう投手」に挙げた、
スーパーエース・斉藤和己を筆頭に、
和田毅、新垣渚、杉内俊哉、神内靖の若者4人衆、
さらに昨年のヤクルトのエース・ガトームソンを加えた投手陣は、
あるいは球界史上最強のローテとも言える迫力を誇る。

同一リーグの他球団ファンからしたら悪夢だろう。
何しろ「裏ローテ」というものが存在しないのだ。

最も頼りにならないのが、
ノーヒッター・ガトームソンというのが凄い。


さて、そんなソフトバンクに遠く及ばないものの、
唯一12球団で「まともに戦える球団」は、
もはや我らが中日ドラゴンズしかないだろう。

とりあえず確定しているのは
川上・山本昌・朝倉の三本柱に、
やや安定感に欠ける中田のみ。

長峰、佐藤亮あたりが頭角を現せば面白いが、
現実的に考えると、
上記の四人を中心に回すローテが妥当な線である。

だがここに来て、
思いも寄らない「5人目」が存在感をアピールした。

昨年まで中継ぎを務めた平井正史である。

今年は先発に回るとの噂はかねてから聞いていたものの、
なんだかんだ言って中継ぎに回るのではと半信半疑であった。

しかし昨日のOP戦で五回を無失点に抑えた事と、
中里の本格的なリリーフ専念が決定した事で、
いよいよ5年振りの先発復帰が現実味を帯びてきた。

15勝が期待できる川上、
200勝を目指して波に乗っている山本昌、
勝負の年と意気込む朝倉、
ダメなら立場が危うくなる正念場の中田、
以上の4人がそれぞれの役割をきっちり果たし、
更に平井が10勝防御率3.20くらいの成績を記録するような事があれば、
ドラゴンズのセ界制覇はほぼ間違いものとなるだろう。

そしてその先に待ち受けるは・・・


uwudfuhigjrjgggggggg.jpg


悪の軍団・ソフトバンクホークス。




怖い怖いソフトバンクも、秋には、


lkejhriirjg.jpg

「ははぁ、参りましたぁ」


と、我らが中日ドラゴンズにひれ伏しているに違いない。
右肘に傷を持つ男・平井正史が、
常勝中日を天高く舞い上げる!



スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2007.03.09(Fri)20:20 | 平井正史 ※ | Comment : 00 | Trackback : 00 | 


 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ