イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

ibatatrb.jpg


瞬殺!燕殺し!


○中日5-1東京ヤクルト

中日が3連勝した事はもちろん嬉しいのだが、
それと同じくらいヤクルトの3連敗は衝撃である。

OP戦では青木・田中を軸として連日猛打を爆発、
他球団が歯も立たぬほどの強さで首位を突っ走ったヤクルト。

逆に、前評判の高かった中日は一向に打線の調子が上がらず、
しかも投手陣は川上・昌以外の全投手が壊滅。

最後の2試合でようやく連勝する事ができたものの、
全体的に見ればチームバランスを不安視する声が絶えなかった。

OP戦の成績がそのまま反映されるのであれば、
ヤクルトの勝ち越しはまず間違いなかったはず。

では、一体どこでヤクルトは躓き、
そして中日は勢いに乗ったのだろうか。

私は、全ての鍵が第1戦の初回表にあったと考えている。

思い出してもらおう。

初回、川上の開幕初球を青木が捉え、いきなりの二塁打。
OP戦のヤクルトならここで一気に猛攻に出るところだが、
2番の田中がたった一球でバントをミスしたことで、
この3連戦の流れが丸ごと中日へ移ったのだ。

もしあの場面で田中がきっちり仕事をこなしていたならば、
おそらくヤクルトが手堅く先取していただろう。

そうなれば中日に嫌なムードが流れ、
OP戦の結果そのままに3タテを食らっていたかもしれない。

たった一度のチャンスを逃したために流れ全体をも手渡し、
一度も主導権を握ることなく開幕カードを終えてしまったヤクルト。

その悪い流れは、3戦共に初回に青木が出塁したにも関わらず、
一度たりとも点に繋げられなかった事に集約されている。


一方、中日の勢いが如実に現れたのが、
今夜の初回裏の攻撃だ。

藤井の投じた初球を井端がジャストミート。
打球は左中間を真っ二つに割る悠々の二塁打。
開幕戦でヤクルトが作ったのと丸っきり同じシーンである。

だが中日は、その後の攻めにも抜かりがなかった。
荒木が意表をつくセーフティーを成功させ、
続く福留はあっさり先制タイムリー。

実に鮮やかな先制攻撃である。
今夜の試合は、この時点で勝敗が決していたと言っても過言ではなかろう。

セオリー通りの攻撃ができなかったヤクルトと、
それができた中日。

わずかな差ではあるが、
これこそが勝敗を決する"実力の差"というものである。

一球で流れが変わる野球の恐さ。
それを存分に思い知らされた3連戦であった。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
全くおっしゃるとおりだと思います。
3タテか3タコか紙一重だったのですね。
相手のミスに助けられてドラゴンズは波に乗れました。
それにしても鮮やかな初回の攻撃でしたね。

今日は早々に勝利を確信したので、21時からはBs-i「超・人 山本昌24年目の野球小僧」を見ていました。貴重な映像盛りだくさんの濃い内容でした。永久保存版です! ご覧になりました?

「私はピアノ」大っ好きです!
この曲は原さんよりも高田さんの方が断然良いです!
先日こちらで「君は1000%」の話題に触れて以来聴きたくてたまらなくなり、ついにカルロスベスト買ってしまいました!
影響されやすい私(笑)。
2007/04/01(日) 23:07:41 | URL | みぽりん #uvcXFM.c[ 編集]
>21時からはBs-i「超・人 山本昌24年目の野球小僧」を見ていました。
Bs-i、映らないんですよ・・・。もし知ってたら、地デジ対応の実家に電話して録画してもらったのに(笑)

私はピアノの名曲っぷりは凄まじいですよね。あの曲は、仰るとおり機械のように無機質に歌う原由子より、大人のムードたっぷりに歌う高田みづえのが合ってますね。

>カルロスベスト買ってしまいました!
買っちゃいましたか・・・!ぶっちゃけ、カルオメは「君は1000%」「アクアマリンのままでいて」くらいしか聴く歌がないと思います(笑)
2007/04/02(月) 20:39:50 | URL | いくと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/156-346839f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。