イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

けんしん


【日本シリーズ対策SP1】

その1.第一戦を制するものが・・・


ご存知の通り、中日は52年もの間、
日本一の栄光から遠ざかっている。
この数字は楽天を除く11球団では断トツで最遠の記録である。


ここまで見放され続けると、

"中日は日本一に嫌われているのでは"

とも思えてくる。

だが過去の敗戦の歴史を振り返った時、
その理由が微かながら見えてきた。
そう、


"第一戦を獲る"


というシリーズ制覇の鉄則を、
24年間、4回連続で実践できずにいるのだ。



1982年 vs.西武

第一戦・●3-7

敗戦投手・小松


1988年 vs.西武

第一戦・●1-5

敗戦投手・小野


1999年 vs.ダイエー

第一戦・●0-3

敗戦投手・野口


2004年 vs.西武

第一戦・●0-2

敗戦投手・川上




第一戦で負けるから、
気分が沈滞してそのまま流れを引き渡す。


そのパターンを楠木さやかが生まれた1982年から、
ずーっと続けているのだ。
こんなんじゃ勝てるモンも勝てんわ。


だが、勝利の女神もそろそろ中日に微笑むはず。
相手がダルビッシュだろうと金村だろうと、
今回は勝ってくれるんじゃないだろうか。
確率的に、そうじゃないとおかしい。


ちなみに第一戦を制したチームがそのまま日本一を勝ち取る確率は、
なんと脅威の8割だとか。


似た物同士の対決といわれる今回のシリーズ。
第一戦の勝敗に、要・注目してみよう。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/17-e55e797f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック