イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

tanakarakuten.jpg


                18歳の喧嘩屋


●中日0-4楽天

なるほど、田中将大はやっぱり凄かった。

「打ってみろや!」と言わんばかりに投げ込む躍動感溢れるフォーム。
決してマウンドでは笑顔を見せぬ鬼のごとき威圧感。

前回にも増して気合の入ったその姿は、
とても18歳には思えぬ、まさに喧嘩屋のそれであった。

この末恐ろしい青年に喧嘩を売られた中日打線は、
気迫に押されまくったのか序盤から淡白な攻撃とミスの連続。

「この間まで高校生だった投手にビビるとは、情けない・・・」

そんな中日ファンの嘆きが聞こえてきそうな試合展開にも、
ただ一人ビビらず「攻め」の姿勢を貫き続けた男がいる。

そう、その名も



muennhf.jpg

岐阜の凶器こと朝倉健太だ。



東邦高から外れ1位で中日に入団して早8年。
かつて"喧嘩屋"として名を馳せた朝倉も、
今や妻子を養う26歳の立派な大黒柱である。

そのためか昔のような喧嘩投法はすっかり影を潜め、
最近は技ありの投球を武器とするクレバーな投手へと変貌を遂げていた。

だが18歳の生意気な若者を前にして、
本能ともいうべき荒々しさを隠し通すことはできなかったのだろう。

今夜の朝倉健太は、まるで「あの頃」を思わせるような、
思いっきりの良い豪腕投手へと戻っているように見えた。


結局8回に一挙4点を失い、負けてしまったのは残念だが、
それまでの田中との投げあいは見事の一言。

asakura.jpg 「売られた喧嘩は買う」

球界の将来を背負って立つであろう新たな喧嘩屋と、
近いうちにエースを襲名するであろう元・喧嘩屋とのタイマン勝負。

プロ野球界に、また一つ面白い対決が生まれた。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
昭和枯れすゝき・・・ついにここまで来ましたか(笑)
(朝からヘビメタ聴きながら投稿してます)

昨日はTVで観戦できなかったのでよくわからなかったのですが、ネットで経過を見ていた限りでは朝倉投手がまたも援護してもらえなかった様子。豪腕投球見たかったなあ。
マーくん、吠えてましたね。(朝のNHKで見ました)とても18歳には見えないです。

ところで!
アレックス選手が戻ってくるのですね! しかし広島・・・。
嬉しいやら残念やら。どうせなら手放さないで欲しかったです。
4年前の光る守備が今も見れるかどうか不明ですが、少なくとも某選手よりははるかに上ですよねぇ。大好きな選手なので複雑です。
2007/06/14(木) 08:34:23 | URL | みぽりん #uvcXFM.c[ 編集]
>みぽりんさん
今年の中日はアウェーで弱すぎです。ホームでは相変わらず調子良いんですが、正直アウェーでは勝てる気がしないんですよね。
チャンスも大抵は2アウトからで、おまけにつまらないミスの連発、勝負どころでの四球癖、一二塁間を破るゴロヒットを打たれて敗戦・・・。
いつもこんな展開ばかりで、ナゴヤドーム以外の試合は、かなりストレスたまります。

アレックスを解雇したこと自体は妥当な判断だったと思うんですが、同一リーグで復帰となると、ちょっと複雑ですね。
赤いユニフォームに袖を通すアレックス・・・想像できません(笑)
ただ、ナゴヤで打席に立った際は応援してあげたいです。
2007/06/14(木) 22:11:33 | URL | いくと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/222-3a3e2f3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。