イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

11月4日の記事で、平田の趣味が読書である事を書いたのは記憶に新しいだろう。

その際、少女漫画(特にママレードボーイ)も読むという事も紹介したが、
平田の漫画に関する趣味は、どうやら相当偏っているようなのだ。

以下はCBCの宮部和裕アナが取材し、web上で公開している内容を、
私なりに再編集したものである。



~宮部×平田の漫画放談~


みやべ 「平田クン、漫画好きなんだってね」

hirata 「好きですね」


みやべ 「中でも好きなジャンルは、恋愛マンガだそうだね」


hirata 「恋愛マンガ?違う、純愛マンガですよ」


みやべ 「え?同じでしょ?」


hirata 「僕独自のジャンル分けでは、純愛マンガなんです。恋愛じゃありません」


みやべ 「は、はぁ・・・」


hirata 「ちなみに"好き"というより"専門分野"ですね」

みやべ 「そんな平田クン、中でも一押しの漫画を教えてくれない?」

hirata 「一つには絞れないので、二つ挙げても良いですか?」


みやべ 「あ、全然いいよ!」

hirata 「一つ目は"涼風"ですね」


みやべ 「へぇ。どんな内容なの?」

hirata 「15歳の大和少年が陸上部の涼風に一目惚れ。なんと彼女は、下宿先の隣人だった…という話です」


みやべ 「へぇ!面白そうだね(めぞん一刻のパクりじゃねぇか)」


hirata 「面白いっすよ」


みやべ 「じゃあ二つ目は?」

hirata 「はい、二つ目は"I'sですね」


みやべ 「あぁ、あのエロ漫画ですか」

hirata 「いえ、純愛です」


みやべ 「でも最終巻のあたりでヤりますよね」


hirata 「宮部さん、なんで知ってるんですか?」


みやべ 「昔、阿部ひろ(ry」


hirata 「・・・」


みやべ 「・・・、ちなみにジャンプとかマガジンは買うの?」

hirata 「いえ、コミックスになってから買いたいんです」


みやべ 「おぉ。コレクターだね」


hirata 「そうですね」


みやべ 「ちなみに僕のお勧めは"取締役島耕作"だね」


hirata 「それ、純愛マンガじゃないですよね」


みやべ 「あい、すいません」




多少、私なりにアレンジしているものの、
二人がこのようなやり取りをしたのは事実である。

証拠ページ


男らしい顔して恋愛純愛マンガが大好きな平田クン。
やっぱこの子、おもしろいわぁ。
今後も新井と共にマークする必要がありそうだ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
I'sのくだり、テラワロス
2006/11/09(木) 21:02:31 | URL | イカキラー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/24-766f0232
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック