上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 

byon19.jpg


男は黙ってダイビング


○中日6-2広島

今季、ドラゴンズがなかなか波に乗れない原因として、「李炳圭の守備」が挙げられることが多い。
確かにアレックスの穴埋めとしては満足には程遠い実力であるし、
時折見せる覇気のない緩慢プレイも評価を下げる一因となっていた。

センターラインを何より重要視する落合監督らしからぬ起用にファンは憤慨し、
5月下旬には怪我をしていないのに二軍落ちという、助っ人としては異例の措置を喰らった李炳圭。

先月下旬に復帰してからは以前に比べて若干意欲的なプレイは見られるようにはなったものの、
まだまだ汚名を返上するには至っていない。
だが、そんな李炳圭が、今夜の守備で遂にこれまでの鬱憤を晴らすかのような大爆発を見せた!


ハイライトは7回表。3点リードで迎えたこの回、朝倉は先頭のアレックスに二塁打を打たれ無死二塁。
ここで投手を岡本にスイッチし、迎えるは一発のある森笠という場面。

リードはしているもののここで打たれれば流れは完全にカープに移り、
一昨日のヤクルト戦のように一挙逆転を許してもおかしくないという緊迫した場面だ。

なんとしても抑えなければならない岡本だったが、
カウント1-1から放った変化球を森笠が鋭く打ち返し、打球はセンターへ!




byon10.jpg


byon12.jpg


byon11.5.jpg


!!??


byon13.jpg


と・・・・・、


byon19f.jpg

とったぁ~!!!!!



李炳圭、奇跡のファインプレーで逃げ勝ったドラゴンズ。
これにはあの辛口評論家・高木守道も、思わず


「普通・・・じゃないですね、これは」


と言ったとか言わないとか。


なんにせよ、李炳圭の背中を、初めて格好良く思えた夜だった。

スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2007.07.03(Tue)21:37 | 李炳圭 ※ | Comment : 05 | Trackback : 00 | 
ホームランなのに取りに行く
先日、秋田でこんな姿を目撃したんですが(笑)
ホームランなのに、フェンスの上に乗っかって(さらに笑)

あそこで、ジャンピングキャッチ(で、勢いに負けて吹っ飛ばされる)くらいしないといけませんよね。
それじゃなきゃ、まだまだ。
最悪、『藤井淳志三角飛び』とか『英智フェンス激突キャッチ』くらいやらないと(笑)

ようのすけ #- | URL | 2007.07.03(Tue)22:51 [ 編集 ]
新境地開拓、進化、おめでとうございます。

イカキラー #- | URL | 2007.07.04(Wed)00:15 [ 編集 ]
>ようのすけさん
あー、ありましたね。あの時は「自分は変わったという姿を無理して見せようとしている」なんて言われてましたが、どうやら意識が変わったのは本当みたいですね。
ってか、やっぱ以前の緩慢守備は実力の問題ではなく、意識の問題だったという事が明らかになってしまいましたね。
それはそれで問題アリな気が・・・。

>荒木
ちなみに金は使ってないよ。

いくと #- | URL | 2007.07.04(Wed)21:49 [ 編集 ]
ビョンさん、まだまだっすよ!
やっと普通の守備をするようになっただけ!
意識が変わったのは認めます(笑)

みぽりん #uvcXFM.c | URL | 2007.07.05(Thu)00:41 [ 編集 ]
>みぽりんさん
今日も三本間の鬼ごっこで、あわやと言うところまで逃げましたし、意識が変わったのは良いことです。
ただ、ぶっちゃけそんなものは当たり前っちゃ当たり前で、意識の変化が話題になってるようじゃまだまだですね。

いくと #- | URL | 2007.07.06(Fri)00:10 [ 編集 ]


 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ