イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます

morinoallsyr2.jpg


時代のヒーロー


全セ4-0全パ

今夜、夢の祭典・オールスター第1戦が東京ドームで行われた。
普段の真剣勝負とは一味違うセパのスター達による華やかな球宴。
野球を志す者なら誰もが憧れるこの舞台では、これまで数多くのドラマが生み出されてきた。


1952年・史上最長の延長21回ゲーム
1971年・江夏の9者連続奪三振
1978年・ギャレットと掛布の一試合3ホーマー
1984年・江川の8者連続奪三振
1987年・桑田vs.清原の初対決で清原がホームラン
1992年・古田、AS史上初サイクル安打
1996年・イチローvs.松井、野村監督非情の采配事件
2004年・新庄、ホームスチール成功
2006年・新庄、光るベルトで登場



如何に球宴が一流選手のみに出場の許された「神聖な場所」であるかがお分かり頂けるだろう。
そうそうたるメンバーが名を連ねる、まさに栄光の球史である。



さて今宵、入団11年目にして始めてASに出場した選手がいる。
Mr.3ランこと次代のスラッガー・森野将彦である。

中日の主力打者では唯一の3割オーバー、二桁HR、50打点越えという堂々たる成績を引っさげ、
監督推薦により念願の初出場権をゲットした森野。

その森野に出番が回ってきたのは、3点リードの8回・代打という形であった。
苦節10年、春には脱水症状に陥るまで落合ノックを浴び続け、
その甲斐あって遂に立つことのできた夢の舞台。

緊張で三球三振を喫してもおかしくはないこの場面で、
森野は竜のクリーンアップの誇りを見せ付ける大仕事をやってのけた。




20070720232538.jpg

allstar987.jpg

allstar98.jpg

allstar8437.jpg


初出場初打席初安打が代打ホームラン。


「漂流」とも呼ばれる度重なる守備位置の変更にも応え、
ウッズの次を打つという重圧をも跳ね返し、不動の地位を得た森野将彦。

そして今日の試合、私が最も嬉しかったのが次のワンショットである。




morinoallstar.jpg


シーズン中は滅多に見られない、落合監督とハイタッチを交わす森野。

普段は森野に対しての厳しい発言が目立つ落合監督だが、
心の中では誰よりも森野のことを愛し、信頼しているに違いない。

監督と選手の信頼関係-。
このワンショットに、中日の強さを垣間見た気がする。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
良いところ見てますね~。
(試合見てたのに、このシーンは見逃していました)
時代のヒーロー。その言葉がぴったりな落合竜の申し子・森野選手。よくぞここまで成長してくれました!
後半戦も期待しましょう!

夏ざかりほの字組・・・(笑)
高校の時、なぜか体育祭で他の色の応援歌になってました(爆)
この歌に合わせて全員で踊るんです。(←そういう曲じゃないでしょ)
ちなみに私のチームは先日こちらでも紹介されていた「ダンシングヒーロー」でした(笑)
他にあったのは早見優の「Passion」。時代を感じますね~。
こういうどうでもいいことをやたら覚えていて、最近のことはコロッと忘れてしまう私です。
2007/07/21(土) 16:26:18 | URL | みぽりん #uvcXFM.c[ 編集]
>みぽりんさん
たまたまネタ探しにスローで見てた際にこのワンショットを発見し、即採用しました(笑)
来年以降、まだまだ成長して、いずれはリーグを代表するスラッガーになってもらいですね!

「夏ざかり~」「ダンシングヒーロー」が体育祭の応援歌ですか!良い時代だったんですね~。
そろそろ夏歌もネタ切れになりつつありますが、8月が終わるまでは頑張りたいと思います(笑)
2007/07/21(土) 21:27:46 | URL | いくと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/257-9432178a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック