イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




左のリリーフエース、颯爽と登場。


○中日3-1阪神

聡文が、正真正銘のヒーローになった。

2点リードで迎えた8回、好投の川上に代わってマウンドに立ったのはリリーフエースの岡本。
だがその岡本は、稀に見る散々な内容でアウトを一つもとれず満塁のピンチだけを残して降板。
ここで堪らずベンチは岡本を降板させ、急遽登場したのは左腕の聡文だった。

申し訳ないが、聡文のイメージはあくまで「敗戦処理」レベルのものである。
しかも迎えるは鳥谷-赤星-シーツと続く上位打線とあって、誰もが同点、逆転を覚悟したはずだ。

しかし、ここで聡文は神がかり的なナイスピッチを披露する。

まず先頭の鳥谷を誤審絡みの二ゴロに打ち取り、一死。
その間にランナーが生還し、場面は一死一、三塁となる。

続く赤星の打球は、サードの正面を突くゴロとなり、三塁ランナーが三本間に挟まれ、これで二死。
だが鬼ごっこの間に打者走者の赤星が二塁へ到達し、状況は二死二、三塁。

ここでボックスには、最近調子を上げ始めている怖いシーツが入る。
ヒットが出れば逆転もあり得る絶体絶命の大ピンチ。

だが聡文が、落ち着いていた。
初球こそ外れたものの、そこから空振り、ファールで有利なカウントを作り、
続く4球目、聡文が投げた渾身のストレートは・・・、













シーツのバットに空を切らせ、谷繁のミットに吸い込まれた、148㌔の直球。
和菓子屋の息子が、竜の窮地を見事に救い、チームは再び首位に返り咲いた。



ところでこの三振の直後、空中回転しながら喜びを爆発させた聡文は・・・、






まるで高橋大輔のようだった。


薄氷を踏むような勝利なだけに。なんちて。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
『フルベース』を期待してしまった…。
まさに『高橋』つながりですね。
荒木さんの変なトスには焦りましたが…。

実は…満塁のチャンスに散々な凡退ばかりしているのを見て、「今日は『フルベース』かな?」と思ったら、やっぱりあきふみさんでしたか。

ファームでは物凄い乱調だっただけに、いったい…何がと。

あれを見ていたら、たった1試合でぶった斬りにされたW佐藤がかなり重病に見えます○│ ̄|_
2007/08/17(金) 01:10:04 | URL | ようのすけ #-[ 編集]
同じく、昨日のタイトルは「フルベース」かと思いました。
アキフミ投手のナイスピッチを見るまでは・・・。
久々に痺れるシーンでしたね。見事な舞いでした(笑)
2007/08/17(金) 17:19:45 | URL | みぽりん #uvcXFM.c[ 編集]
>ようのすけさん
あのまま負けていたら間違いなく「フルベース」でしたが、やはり聡文の好投は扱わざるを得ません(笑)
そういや亮太は元気ですかね。ファームでも春先以降、全く投げていないらしいですが・・・。

>みぽりんさん
もう「フルベース」のネタ内容まで決まっていたのですが、聡文の好投で全てが白紙になりました(笑)
先週の剛裕サヨナラHRの時なんかは、延長同点を見越して小笠原を扱った記事を書き終えていたんですが、あの瞬間に全て削除して新しい記事を書き直したという裏話があります。
2007/08/18(土) 00:19:27 | URL | いくと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/282-639d1913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック