上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 




一夜で天国と地獄の両方を味わった男。


○中日6-3横浜

昨夜の試合で、痛恨の三球見逃し三振を喰らった英智。
普通なら、即降格でもおかしくはない内容である。

だがその翌日、今夜の試合で英智はスタメンに名を連ねた。
「汚名返上を期して臨め」という落合監督なりの檄なのだろう。

本人が語るように、もう後がない状況でのスタメン出場。
しかし英智は、汚名返上どころか恥の上塗りをするかのようなプレイを連発してしまう。






▲2回裏、土肥の牽制に引っ掛かり挟まれアウト(記録は盗塁死)。



▲4回表、森野とお見合いしてしまいフライを二塁打に。


勝利に直結する痛すぎるイージーミスの連発。
それも、走塁と守備に定評のある選手が最もやってはならないミスである。

「もはやこれまでか・・・」

チャンスをつかめない男に、居場所はない。
いよいよ英智も二軍降格か―。

誰もがそう嘆いた、次の瞬間。






奇跡の勝ち越し1号ホームラン。


神様だけは、英智を見放してはいなかった。
その後勢いづいた英智は、7回にも適時打を放つなど猛打賞の活躍。

昨夜から幾度となく地獄を見てきた男が辿り着いたのは、
ヒーローインタビューという名のこれ以上ない天国だった。


スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2007.08.19(Sun)23:18 | 英智 ※ | Comment : 00 | Trackback : 00 | 


 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ