イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




復活の山井


ここにきて、山井が完全に先発ローテに定着した。

昨夜の登板ではあわや完封の好投で、先週の巨人戦に続く2勝目をゲット。
7月の昇格以後、なかなか勝ち星が付かず苦しんだのも今は昔。
あのエグいスライダー使い・山井がようやく本来の姿に戻ってきた。

きっかけは、21日の巨人戦、初回の無死満塁を1点で切り抜けたシーンにあると思う。
開始早々に四球→死球→四球→適時打で1点を献上したあの場面。
結果的に後続の二岡、阿部を抑えて追加点を許さなかったが、
もしあそこでヒットがもう一本出ていれば、山井は降板させられていただろう。
その後のイニングは初回の乱調が嘘のようにアウトを積み重ね、見事2年振りの勝ち星を挙げた山井。
そして勢いそのままに昨夜の横浜戦では8イニング2失点の好投・・・。
つくづく人間の人生とは、紙一重なのだと感じずにはいられない。


さて山井の宝刀といえば、前述したようにエグいスライダーである。
普通、スライダーは横に滑るように曲がるのが特徴の球種だが、山井のそれは違う。

今から紹介する連続画像は、2004年の日本シリーズの第4戦、
先発した山井が西武の主砲・カブレラから空振りを獲った際のものである。

スライダーの曲がりに注目して欲しい。
















どうだろうか、このエグさ


当時、今よりはるかに能力の高かったカブレラをして、この上体の崩され方。
もはやスライダーってより、横滑りのカーブと表現した方が適切かもしれない。

同系統のスライダーは松坂大輔も得意球として持っているが、
曲がりの大きさは山井の方は数段上のように感じる。

大袈裟かもしれないが、野茂のフォーク、伊藤智の高速スライダー、
そして今中のスローカーブに匹敵するほど、山井のスライダーは衝撃度が高いと思う。



山井のポテンシャルはとんでもなく高い。
怪我さえなければ、常に二桁勝てる実力を元々持っているのだ。

いよいよレギュラーシーズンも、残すところあと32試合。
ここにきての山井復調は、他の何物よりも頼もしい。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
巨人戦で完全に一皮剥けたんですかね、山井は。
実は日シリであのスライダーを見て、自分は完全に山井のファンになってたりします(笑)

・・・・・・・祐ちゃん(久本)の方も頑張って欲しいものです。
2007/08/29(水) 23:16:23 | URL | 檜雅乃天秤 #z2n4vSpA[ 編集]
>檜雅乃天秤さん
2004年のいわゆるジャンケン登板で自信を持ち、日本シリーズで絶頂を極め、2005年にやや下降線に入り、2006年は怪我で棒に振る。
普通ならここで終わりですが、やはり決め球を持つ投手は復活してきますね。
久本は、うちの貴重な敗戦処理です(笑)
2007/09/01(土) 00:12:06 | URL | いくと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/295-b2355c87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック