イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




李炳圭、仁王立ちを会得。


●中日1-3巨人

激戦の幕切れは、あっけなかった。

12回表二死満塁。カウント2-2。
高橋はストライクゾーンだけを目がけ、渾身の直球を投げ込んだ。
だが高卒ルーキー・坂本の振り抜いた打球は、無情にもセンター前にポトリ。
その瞬間、「1位通過」の目標は、どこか遠くへ去ってしまった気がした。

事実上の終戦である。


満塁策がどうこうとか、立浪を出すタイミングがどうこうとかを言う気は毛頭ない。
ただ、どうして何度も訪れたサヨナラのチャンスをモノにできなかったのか、
どうして高卒ルーキーに打たれるほど精神的に追い込まれてしまったのか・・・、
選手たちにはそこら辺をよく考えて、来年また出直してもらいたいと思う。



さて今夜の試合、ひとつ猛烈にウケた場面がある。

9回裏、一死一、二塁で打者は李炳圭、カウント1-1というシーン。
一打サヨナラの懸かったこの時に、事件は起きた!














・・・。






動けよ!



実はこれ、豊田が投球動作に入った直後に李炳圭がタイムをかけたため、
それが認められずそのままカウントを一個損したという裏があるのだが、
それにしてもこの大事な試合の、それも一番大事な場面で、
こんなお笑いをやってのける李炳圭は、やはり只者ではない。

なんつーか、最初から最後まで李炳圭にはお世話になりっ放しのシーズンであった。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
坂本の打球にビョン様突っ込んで欲しかった。
突っ込んでもどうせ2点だから~・・・。
2007/09/07(金) 00:22:56 | URL | 竜魂 #-[ 編集]
この期に及んでこれをネタとして取り扱える貴兄に感服です。
落合監督も今シーズンで見納めかも知れない、という気がしてきました。
2007/09/07(金) 02:04:54 | URL | hima #-[ 編集]
>竜魂さん
あれはそもそものポジショニングに問題アリですね。
やはりセンターは、英智の方が安心できます。

>himaさん
周囲が言うほど、ビョン嫌いじゃないんですよねー。
たまーに活躍した時の笑顔が愛嬌あって憎めません。
ぶっちゃけ、誰が監督になっても謎采配のひとつやふたつはあると思うので、
一時の謎采配よりも実績を買って、落合政権続投を希望します。
2007/09/07(金) 23:50:41 | URL | いくと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/304-78a2a9cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック