イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます




鬼のノリさん


その日、ドラゴンズの4番に座ったのは、タイロンではなく中村紀洋だった。

ただでさえ福留不在により攻撃力が大幅ダウンする中での4番の欠場。
お世辞にも「強い」とは言えないスターティングオーダーを目にし、
多くのファンが試合開始前の時点で敗戦を覚悟したのではなかろうか。


ゲームは、その"嫌な覚悟"を現実にするかのような展開で、
8回ウラまで単打3本、わずか1点と貧打振りをさらけ出す内容になっていた。

だが、この回を迎えたところで打ちあぐねていた川島が降板し、リリーフにスイッチ。
ここで代打に出た先頭・堂上剛が、反撃の狼煙となる左直安を放つ。
さらに続く井端がバスターエンドランを決め、無死一、三塁。

にわかに沸き立つ超満員のスタンド。
鳴り響くのは、必殺のチャンステーマ「川又チャンス」の大合唱。

しかし、一気に行きたいところで波に乗れないのが今季の中日だ。
まず荒木が中途半端なバッティングで三塁走者を殺してしまい、一死一、二塁。
続く3番・森野も左殺しの石川の術中に嵌り、空振り三振を喫する。

絶好機は、あっという間に二死一、二塁の崖っぷちとなり、
ここでボックスには今季初めて4番に座った中村紀が立つ。



やはり、タイロンの不在は痛すぎる―。



いや、ノリさんはきっとやってくれるはずだ!



諦めと期待が交錯する中、花田vs.中村紀の勝負は始まった。
正直言って、心中では諦めの方が若干強いのも事実。

だが、そんなことを考えたって仕方ない。
もうここまできたら、できることは神頼みのみ。

そして勝負は、カウント0-1からの2球目にやってきた。






イチ!





ニー!!





サン!!!





ダァーー!!!!



○中日5-2ヤクルト

確かに福留もタイロンもいない、貧打線である事は認めよう。
でも、俺たちにはノリがいる

最後まであきらめない男・ノリがいる限り、負ける訳にはいかねぇんだよ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ノリよく打ちましたね。

ヒーローインタビューでの謙遜した発言からは安堵と満足そうな気持ちが伝わってきた気がします。


意外性男『英ノリ』も送りバントはまだ使い物にならない感じでしたが李、タイロンの2者敬遠の後よく打ちましたよね。
今日はノリノリコンビに助けられました。

ただ、小笠原が投げてるうちに得点して欲しかった……
2007/09/08(土) 23:05:11 | URL | 羅誠 #-[ 編集]
ノリ・・・お買い得なコ・・・・でも来年心配・・・・
2007/09/09(日) 01:41:48 | URL | 糖分 #-[ 編集]
>羅誠さん
小笠原は本当に援護なしですね・・・。
以前、朝倉に援護が無かった時期がありましたが、それよりも期間が長い気がします(笑)

>糖分さん
来年は残留だと思いますよ!その次は分かりませんが・・・。
2007/09/18(火) 00:56:27 | URL | いくと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/306-00c1f975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック