イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます




よみがえろ、何度でも。


昨日、サーパスに大勝し3年ぶり14度目のリーグ制覇を遂げた若竜。

今季は堂上直、新井、田中らを初めとした1,2年目の若手が積極的にスタメン起用されたり、
堂上剛や柳田、藤井といった選手が一軍でも結果を残すなど、
例年以上に若手の成長と世代交代の加速が感じられるシーズンであった。

一軍のレギュラーの平均年齢が34歳であることを考えても、
若竜の着実な成長はとても頼もしく、希望を持てる要素である。


だがそんな中にあって、思うような活躍ができなかった選手もいる。
怪我の再発に泣かされ43試合出場にとどまった平田良介も、その一人だ。

甲子園で1試合3発を放ち、野球ファンの度肝を抜いたあの夏から、早2年。
あの落合博満に「俺以上の打者になる」と言わしめた打棒は鳴りを潜め、
飛躍の期待された今季も、とうとう一軍へ昇格することなくシーズンを終えてしまった。


右肩に激痛が走ったのは、7月上旬のことだった。
診断結果は、右肩関節唇損傷。
昨年、かろうじて手術を回避したのと同じ箇所だ。

これにより、選抜されていたFASも出場を辞退し、
一部では「野球生命の危機」とまで噂された。

少なくとも、今季は絶望だろう・・・。

そう諦めているうちに、季節は夏を越え、秋の声を聞く9月になった。
そして迎えた9月11日、ナゴヤ球場での広島戦で、奇跡は起きた。

なんと、あの平田が、終盤からライトの守備堅めで登場したのである。
怪我からわずか二ヶ月での復活。信じられなかった。

その後、18,19日のサーパス戦でも途中出場ながら姿をみせ、
守備、肩共に問題のないところをプレイで証明してみせた。

間違いない、この男は、そんじょそこらの大物とは格が違う。
私は喜びと感動に振るえ、将来の4番誕生を確信したのであった。



ところで、平田といえば趣味が漫画であることでも有名だが、
総裁選争いの真っ只中にいる麻生太郎氏も、また相当の漫画マニアで有名である。

福田康夫政権が終わり、麻生氏が総裁に就任する頃には、
ちょうど平田も一軍で暴れ始めている頃だろうか。







この二人が「時の人」になるのも、そう遠くはないだろう。


あー、平田も口まがってるし。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/318-642281e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック