イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




そこに、希望があった。


○中日7-2巨人

近年、名古屋は日本でもっとも元気のある都市として、
様々な分野で注目を浴びる存在となっている。

愛知万博と中部国際空港という二大プロジェクトの成功、交通インフラの整備、
さらに今年はトヨタ自動車の本社ビル「ミッドランドスクエア」がオープンするなど、
各地で叫ばれる「地域経済の危機」もどこ吹く風、
今や名古屋は東京と肩を並べるほどの超近代都市へと変貌しつつあるのだ。

その好調な名古屋に引っ張られるかのように、お膝元の中日も、
ここ数年は常に優勝争いができる強いチームへと成長を果たした。

とは言え、福留・ウッズといった主力の退団が確実視されていることや、
レギュラー陣の高齢化が進んでいることなど、決して安閑としていられる状況ではなく、
とりわけ若手の伸び悩みは数年内のチームの成績に直結する問題なだけに、
できるだけ早い段階で対処すべき不安要素である。




さて今日、二軍の年間王者を決める日本選手権が、山形県球場で行われた。
相手がウエスタンの覇者・巨人とあって例年以上に注目される中で始まった一戦は、
強竜打線が爆発した中日が巨人を圧倒、見事日本一の座を勝ち取った。


ハイライトは、何と言っても堂上剛、森岡、平田の揃い踏みホームランだ。





堂上剛、1点差に詰め寄る反撃のソロ





森岡、バックスクリーンへ飛び込む逆転ツーラン





平田、ダメ押しとなる逆方向弾



「将来のクリーンアップ」と目される三者が織り成した衝撃の一発攻勢は、
確かな夢と希望をもって、我々ファンの目に強烈に焼きついた。
これだ、ファンが見たいのは、こういう若者のチカラなんだ。

次々と新たな高層ビルが建設される名古屋の駅前にも負けず劣らず、
新たな若武者の台頭を実感することのできた今日のゲーム。

この街とチームの成長は、とどまることを知らない。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いや~久しぶりにいいもの観ました。

ドラ弟は頑張ったんだからドラ兄も最後まで切れることなく
頑張ってほしいな。
優勝は絶望的に厳しいけどあきらめたらそこで終わりだからさ。
2007/09/30(日) 00:10:07 | URL | 人間メガネ #-[ 編集]
>人間メガネさん
優勝は絶望的に厳しいですが、日本シリーズ進出は実現しちゃいました(笑)
2007/10/23(火) 20:35:55 | URL | いくと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/327-affde413
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。