イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

勇者たちの言葉





◆中村紀洋
「今シーズンの初めはこの場所に立てるということを想像できなかったので本当にみなさんに感謝しています。何とか勝って日本シリーズに出て最後においしいお酒を飲めるようにみなさんがんばりましょう!日本一になりましょう!」






◆李炳圭
「スライダー。嬉しいの一言、思い出に残るホームランです」






◆中田賢一
「ブルペンでは調子が良くなかったが、本番では何とか多少はまとまって投げれたかなと思います。早めに味方が点を取ってくれたのですが、気持ちは0対0の気持ちで投げていました。大事な試合なので、もう少し球数少なく長い回を投げたかったです」






◆岩瀬仁紀
「ここまで来たら点差とかは関係ない。何としても勝ちたかった。とりあえず一山越えた」






◆落合監督
「この2試合は去年の悔しさがあったんだろう。ゲームの入り方が今までとは違った。うまいこと、ここへ照準を合わせてやってくれた。第一のハードルは失敗したが第二のハードルは越えたかな。第三のハードルを跳び越えられるように明日は選手をゆっくり休ませて英気を養ってもらう。目の前の一試合一試合を戦ってまたナゴヤドームで試合ができるようにがんばりたい」





おい、どうだ!強いだろ!これが中日ドラゴンズだ!

連夜の猛攻で阪神を呑み込んだ無敵の落合竜。
何より嬉しいのは、選手全員が各々にとって最高のパフォーマンスを見せてくれたことだ。

短期決戦が苦手と言われ続けた男達が意気揚々と躍動する姿は、
何かこのまま一気に日本の頂へと駆け抜けて行くのではと思わせるほど、
頼もしく、誇らしく、そして格好良く感じられた。

さぁ、とりあえず東京行きの切符は手に入れたぞ。
もう何も怖くない、優勝確率は、巨人と五分だ!



・・・ところで、今夜の快勝に対し、ただ一人厳しい評価を下す男がいた。






◆白井文悟オーナー
「見事(な勝ち方)ではないな。まあまあだな」



さすが優良企業のオーナー。常に厳しい姿勢で臨んでおられる。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/337-10ab1154
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック