イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




53年モノを、どうぞ


いよいよ明日、札幌から決戦が始まる。

巷じゃヒルマンの帰国が批判されていたり、
ダルビッシュがウッズを挑発したりしているようだが、
一度ゲームが始まれば、そんなものは一切関係がなくなると思う。

評論家の予想も、シーズン中の戦いっぷりさえも、はっきり言って無関係。
日本シリーズとはそういう舞台であることを、我々は昨年身に沁みるほど実感した。


この舞台で大切なものは、ただ一つ「勢い」のみ。


そう、CSで阪神と巨人を圧倒したあの感じこそが、
53年間このチームが掴めずにいる唯一にして最強の"壁を破る術"なのだ。



さて今年のシリーズは、第一戦の戦い方で全てが決まると私は読んでいる。

要は、CSの勢いをそのまま持ち込めてさえいれば日本一は確定、
逆に1999年のシリーズ第一戦のように手も足も出ない内容なら日本一はまず無理。

良くも悪くも、このいずれかのパターンにしかならないだろう。


幸い、今年のチームには昨年のような変なプレッシャーとか、
「勝つに決まってる」という妙な自信がな分、楽に臨める気がする。

言ってしまえば、ダメで元々。

福留もいなけりゃ3割打者もいないこのチームが、
そう易々と53年間苦しみ続けている壁を破れるわけなどないのだ。

だがしかし、だからこそ、予測不能のパワーが炸裂する可能性もある。

CSだって、まさか5連勝するなんて誰も考えてはいなかった。
それなのに、どういうわけか、ああいうことになった。

未だに何故、いきなりああいうことになったのかはよく分からないのだが、
ああいう形でCSを突破したのは、紛れもない事実である。


はっきり言って、今のドラゴンズは全く予想がつかない。
だが少なくとも、神がかり的な勢いが発生する期待感は、
あまりに強すぎた去年に比べれば相当に高いと思う。


勢い頼みの2007年・日本シリーズ。
なんにせよ、勝つか負けるかだ。

ならば、勝とう。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/346-65d812bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック