イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




日本勢、初黒星は中日


中日3-6SK(韓国)

中日が、歴史的な一敗を喫した。

ウッズがいないことや若手重視のメンバーである事を考えれば致し方ないが、
不名誉な記録には違いないので、ナインはこれを恥じるべきであろう。

それにしても、相手の先発・キムグァンヒョンが思った以上に手ごわかった。
年齢は弱冠19歳、先月の韓国シリーズではシーズン最多勝のリオスに投げ勝つばかりか、
1試合での韓国シリーズ新人過去最高となる9三振を奪ってポストシーズン初勝利を挙げるなど、
今後の韓国球界を背負って立つことが期待される黄金新人なのだそうだ。

この10年くらいで韓国プロ野球が急成長を遂げていることは知っていたが、
まさかここまでレベルが上がってきているとは。
日本プロ野球もうかうかしていると「気付けば抜かれてました」なんて事になりかねない。
決勝戦でもう一度戦う事になる可能性が高いが、その時は油断なく臨んで欲しいと思う。








いやぁ、しかしキムグァンヒョンは良い!

MAX150㌔前後の直球と、キレ味鋭いスライダーのコンビネーション。
そして何といっても印象に残るのは、足を大きく上げる豪快なフォームだ。


若くて、大舞台に強くて、左腕で、本格派・・・。

待て、待て、待て!

これってまさに今、うちが一番欲しがってるタイプそのものじゃないか。

山本昌はそろそろ本格的に危ないし、小笠原も本格派という感じじゃない。
かと言って長峰や佐藤亮を待ち続けるのは無駄に一途なだけ。

となると、隣国のレベルの高い若手というのは最高に都合の良い存在である。
3Aやメジャーから取ってくるより、最低限の活躍はしてくれるだろうし。

・・・よし、決まりだ。

さっそく取りに行こうぜ。
今季の補強の目玉は和田からキムグァンヒョンにシフトチェンジだ。

だがイキナリ「お宅の若手左腕エースください」なんて言っても向こうがOKする訳もなく、
誰かとトレードするってのも前代未聞なので、事実上は不可能だろう。

こうなったら、残る手は高額なマネーか、もしくはコネ

前者については、いくら何でも未知数の19歳に億を用意するのはあり得ないので、
より現実的なのは後者ということになるだろう。


となると、うちには最強の「パイプ役」がいるから話はスムーズだ。






【今日の成績】三振、遊ゴ、一ゴ

最強のパイプ役・ビョン。
とりあえず3打数無安打でグァンヒョンのご機嫌取りに成功。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/359-0a5da002
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック