イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




史上最大のウルトラマネーゲーム


福留を巡るマネーゲームは、もはや手のつけようがない次元へと突入した。

FA交渉が解禁となった14日、先頭を切って巨人が福留と会談。
具体的な条件提示こそ無かったようだが、用意している額が4年40億に上るというのだ。

中日が「最大限の誠意」として示した額・4年17億に較べると、その差は倍以上。
ファンの思い描く最悪のシナリオが、また一歩現実味を帯びてきた感じだ。


それにしても、4年40億というのは幾ら何でも非常識過ぎではないか。
あのイチローでさえオリックス在籍時の年俸は00年の5億円が最高だったと言うのに、
キャリアハイが.351 31の選手が単年10億ってのは、どう考えても異常だ。


ってか、そもそも40億円なんて言われても想像がつかないと思うので、
これがどれくらい異常な額なのかを分かりやすく例えて見る事にしよう。






【例1】



うまい棒4億本購入可能






【例2】



宝くじ一等賞に13回当選しても足りない






【例3】



ノリさん666人雇用可能







・・・ヤ、ヤベェっ!!


結局あんまり想像つかんけど、何かヤバいという事だけは分かった!
でもどう贔屓目で見たって、さすがにノリさん666人分の価値はねぇだろ。

つまり、やはり巨人の提示が常識外れの異常額というだけで、
別にドラゴンズの査定や提示に問題があった訳ではないのだ。


あー、もうなんかこんな奴のためにソワソワしたりドキドキしてんのがアホらしくなってきた!
銭ゲバ孝介なんか、とっとと巨人でもどこでも行きやがれ!


・・・。


そんな風に感情的になり巨人と福留への憎しみで一杯になっていた私を、
ある一枚の新聞記事が救ってくれる事になろうとは、このとき誰が想像しただろうか。

今日の東京スポーツ(スポーツ面)に、こんな事が書いてあった。


とてもじゃないが他球団には出せない大金を巨人が出し、
スター選手を日本に引き留めてあげようと言うのだから、
これはもう、日本球界の誰もが巨人に感謝しなければならない。



ごめんなさい、巨人様。
私は愚かな人間でした。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
やはり言葉の壁は厚いから
日本人大リーガーは英語ができる嫁がいないと日常生活さえキツイと思う。
巨人で数年リハビリしてからメジャーじゃない
2007/11/15(木) 17:30:24 | URL | fqt #-[ 編集]
◆fqtさん
確かに、向こうで成功した日本人選手のほとんどが英語喋れる嫁がいますね。実際、佐々木はそっちの面で失敗してますし。
ドメの奥さんは一般人らしいですが、どうなんでしょうね。
2007/11/16(金) 00:09:11 | URL | いくと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/364-870f2f6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。