イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

20071127232359.jpg



13年目の衝撃告白


先ほど、報道ステーションでいわゆる「10.8」の特集が放送された。

巨人ファンにとっては栄光の、そして中日ファンにとっては屈辱の歴史であるこの試合。
長嶋監督が「国民的行事」と表し、TV視聴率はプロ野球史上最高の48.8%を記録するなど、
この一夜の出来事は、今や伝説として後世にまで語り継がれている。


結果は知っての通り、落合の大活躍により惨敗を喫すわけだが、
大一番の流れを分けたのは、たった一つの考えられない「凡ミス」だった。







2回裏、同点に追いついた中日は、なおも無死一二塁のチャンスが続くも、
槇原からスイッチした斎藤雅の前に、今中が痛恨のバント失敗。

さらに続く清水雅治が空振三振を喫し、あっと言う間に二死を取られる。
だが、野球は2アウトから。次に控える小森に期待・・・と思った、次の瞬間だった!






「!?」

何かに気付いた村田真が、二塁へ送球の構えを取った。
エンドランでも無いのに、一体何が起きたのか?
訳も分からずただ状況を見守るので精一杯の中日ファンは、
この2秒後に大きな溜息を吐き、やり場のない憤りを感じる事となる。









なんと、二塁走者の中村が飛び出しており、刺殺されてしまったのである。

このミスにより流れを譲った中日は、あれよあれよと勝ち越しを許し、敗れ去った。
まさに球史に残る「まさか!」の凡ミスである。


さて、このミスに関しては、おそらくこれまで色々な企画で散々検証され尽くしてきただろうし、
当時見ていたファンの方も、翌日には同僚、あるいはクラスメイトと大激論を交わした事だろう。

だが、結局のところ全ての謎を知るのは本人のみ。
なんと今回の特集で、中村本人が13年の時を経て閉ざされていた秘密を暴露した!


それでは、目を凝らして見るが良い!これが、遂に明かされる10.8の真実だ!










・・・。


(;゚д゚)ポカーン


(つд⊂)ゴシゴシ






(;゚Д゚)…?!


なんか、急に体調悪くなってきたから、もう寝る。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私も見ました。

やっぱり、谷繁とって良かったですね。
2007/11/29(木) 21:19:47 | URL | ukon #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/377-302d7a54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック