イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




中日は向こう10年安泰だ(上)


FA和田が中日と初めて交渉し、入団を即決した。
3年8億4千万+出来高の条件提示があり、年内にも正式契約を交わす。

当初思っていたよりも安価で獲得できたので、球団としては万々歳ではないだろうか。
野球に取り組む真面目な姿勢は若手の見本になるし、明るい人柄も魅力的だ。

そして何より落合監督に通ずるものがある卓越した打撃理論が楽しみだ。
忘れもしない2004年日本シリーズ第一戦。川上の投じた内角ギリギリの厳しい直球に対して、
腕をコンパクトに畳みながらレフトポール際へ本塁打を運んだ姿はあまりに衝撃的であった。
あの時、どれだけの中日ファンが「なぜ和田をドラフトで獲らなかったのか!」と憤慨したことか。

あれから丸3年の月日を経て、ついに和田一浩は竜の一員になる事となった。
不思議な縁を感じずにはいられない今回のFA移籍。きっと和田は我々の期待に応えてくれるだろう。


さて、それでもやっぱり素直に喜べない方も中にはいるのではないだろうか。
主な原因としては外様組の増加があると思うが、ここへきて主力の高齢化も深刻を極めている。




昨日も紹介した2008年開幕スタメンの予想。名前の右側の数字は来年開幕時点での満年齢だ。
なんと、森野がかろうじて20代なだけで、あとは揃って30代というシルバー振り。
その平均年齢は、12球団で群を抜いて高齢な33.6歳なり。まるで老人ホーム打線である。

これではせっかく頭角を現し始めた平田や堂上剛が飼い殺しになってしまうし、
「目先の勝利しか考えていない」と言われても仕方ない面子だとは思う。
正直、私もさっきのさっきまでそう思ってた。ぶっちゃけ「和田来んなよ!」って思ってた。

だがしかし、少し視点を変えて上のスタメン表を見た途端にそんな愚かな考えは消え去り、
今では数年後のドラゴンズが安泰な事を確認し、とても希望に満ちた気分に浸っているのである。

では、一体その「数年後の中日が安泰」に思えてくる視点の転換とは何か―?
明日「中日は向こう10年安泰だ(下)」に乞うご期待!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/388-8fa6c3b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック