イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




テニスのお馬様


13年目の荒木は、やる気が違う。意気込みが違う。

9日、豊田市で自主トレを開始した荒木は、初日からいきなり計7時間半にも及ぶ猛練習で汗を流した。
午前7時半から始まり、すっかり辺りも暗くなる午後6時まで続いた異例のハードメニュー。
これも全て、OP戦から日本シリーズまでの約170試合をフル出場するための「鍛錬」なのだ。

昨季、荒木は持病の右肩痛により二度に渡って戦列を離れ、その間31試合を欠場した。
レギュラー定着以後、幾度となく悩まされてきた厄介な右肩痛。
これまでは休ませながら上手に付き合っていくことに主眼を置いていたというのが、今年は考え方を改めた。


 「今までは休ませるって考えでしたけど、それでも良くならない」
        「それなら逆のやり方で行こう。鍛えてみようということです」



どうせ治らないのなら、いっそ鍛えてしまえ―。
発想の転換による荒行で、厄介な持病を克服しようというのだ。

これだけではない。自主トレでは一見野球とは関係のなさそうなテニスでの練習を取り入れたり、
選手会長として前任・井上の意思を継ぎファンサービスへの積極関与を宣言したりと、
とにかく今年の荒木はこれまでのマイペースなイメージとは違う、攻撃的な一面を見せているのだ。


昨季は自身初の盗塁王を獲得し、ポストシーズンにはその存在感の大きさを強烈に印象づけた荒木。
だが、先月末の契約更改で提示された額は、希望通りとはいかぬ500万円ダウンだった。
渋々サインはしたものの、会見では今季中にも取得するFA権の行使をほのめかすなど、
その動向は川上、井端らと並びこの秋注目の大本命とみて間違いないだろう。

ちなみに、






球界で一番最初にテニストレを取り入れたこの人は、後に巨人へ行っちゃいましたが・・・。

薄紅の秋桜が咲く今年の秋は、何かと別れの多い季節になりそうで。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/407-e70b9f7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。