イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

せんとう

銭闘-sentou-

毎年この時期は、
球団vs.選手のいわゆる「銭闘」が恒例となっている。

予想よりも高評価を得てウハウハのオフを過ごす者もいれば、
越年も辞さない覚悟で球団に物申すも者もいる。

別に税金で年俸が支払われているわけではないため、
ファンへの直接的なダメージは皆無なのだが、
一年間応援し続けて来た選手達がどのような評価を得るのかは、
かなり興味深いものだし、面白いものだ。

また、金額を予想するのもなかなか楽しい。
それも、川上や福留のような一流どころではなく、
森野や中田といった中堅どころの予想だ。


昨年、ルーキーながら8勝を挙げ1700万円増(3000万)を勝ち取った中田。
だが今季は一年ローテを守る事ができず、勝ち星も7に終わった。

通常なら容赦なくダウン公示だが、
3000万円という現在の年俸を考えると、
期待料も込めて現状維持で良い気もする。

もっとも、2億円選手の川上が7勝に終わった場合は、
問答無用の大減俸が通達されるとこだろう。

つまり年俸というのは単純な成績のみで決まるのではなく、
「現在の年俸に見合った成績を挙げたか否か」が、
最も重要な査定ポイントとなるのだ。


たとえば二億円級の選手が

.300 25 80

という成績を挙げたとしても、
よくて微増、最悪減俸もありえるという事だ。

厳しいようだが、
周囲の二億円選手へ対する期待の大きさからすれば、
当然の事である。


球団と選手の考えの相違。
何度も保留と提示を繰り返し、
この溝を埋めていく作業こそが「契約更改」のミソ。

今季、一線級の選手が揃って期待通りの活躍をみせた中日では、
例年以上の激しい銭闘が巻き起こるのは確実。


まぁ、とりあえず井端さんは減俸で頼みますワ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/42-97478b1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック