イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

                           


                  怪物の2年目が始まる


怪物・堂上直倫が、2年目の沖縄に臨む。

昨年、徹底した英才教育でプロとしての体力作りに励んだ堂上直は、
パワーアップした肉体で「どれくらい飛距離が出るか楽しみ」と自信を覗かせた。

ライバルが多い現状、おそらく2010年頃までは控えでの起用が中心になると思うが、
調子次第では今季中の「初・一軍」経験も充分考えられるだけに、
今年のキャンプは、堂上直にとって大きな意味を持つものになるだろう。
特に幼少期からずば抜けていた打力の向上は、今キャンプでの最重要課題である。


さてその堂上直が27日、打撃において参考にしている選手の名を挙げたのだが、
それは、誰もが驚くあまりに意外すぎる人物の名であった。

かつてイチローが、そして福留が「理想」と敬ったカープ・前田智徳でもなければ、
落合でも王でも長嶋でも、はたまた兄・堂上剛裕でもない。

これから新たな時代を創り行くであろう怪物・直倫が挙げた人物の名とは―!




                              

                  まさかのヒデノリ・クラモト


なんでも、構えた時のバットの位置が似ているため、参考ににしているのだとか。




                   


                           うん、確かに!



でも直倫、よりによって手本が英智って。
色んな意味で、この先輩は手本にすべきじゃないと思うぞ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして!!
ヒデノリは守備と肩はいいイメージなんですけどね・・笑

打撃が少し・・でも結構いいところで打っているような気も(^^)

まぁ怪物ならもっと打撃のいい選手を手本にしてくれるといいですね!!
2008/01/30(水) 18:17:41 | URL | パーマン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/425-0b762074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック