上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 

                           


                         和田一浩の見方


応援歌も完成し、すっかり中日の一員として板についてきた感のある和田一浩。
1日からは真新しいユニフォームに袖を通し、日本一キツいといわれる沖縄キャンプに参加するわけだが、
和田には「調整」ではなくあくまで「鍛錬」の場という認識で臨んでもらいたいと思う。


落合監督が既に明言しているように和田の開幕スタメンは確定的だし、
怪我でもしない限りはおそらく一年間レフトで固定起用することになるだろう。
だが言い換えれば、それはある程度の活躍が期待できるからこその特別待遇であり、
もし期待を裏切るような成績に終われば、チームの戦略は根底から大きく崩れてしまう。
言わば今季の中日のシーズンマネジメントは、和田の活躍ありきで考えられているのだ。

だがいくら和田とは言え、慣れないセリーグで苦労することも充分考えられる。
では、もし和田が期待外れの活躍しかできなかった場合、我々ファンはどういうスタンスで応援をし、
また首脳陣はどういった対処法(リスク・マネジメント)を講ずるべきなのだろうか―。


昨年の李炳圭を例に挙げて考えてみよう。

韓国のイチローの触れ込みで来日し、安打量産を期待されたビョンさんは、
春先から走・攻・守すべての面で目を覆いたくなるようなプレイを連発し、ファンの信用を失くした。
しかし、どれだけバッシングを浴びようと落合監督は頑なにビョンさんを起用し続けた。
その頑なさは「裏取引があるのでは」との憶測が流れるほど徹底したものであった。

この辛抱強い起用が実り、夏頃からようやく本調子を取り戻したビョンさんはそれなりに打ち始め、
また走塁・守備面でも春先のような酷いプレイは徐々に減って行き、
秋の声を聞く頃には一部ファンの間でカルトな支持を受ける人気選手へと見事に成り上がった。

このケースで落合監督が執った策は、「啼かぬなら 啼くまで待とう」の家康采配だ。
どれだけ待っても啼かない恐れもあるこの采配はリスクが高く、
まさに人並み外れた我慢強さを持つ落合監督だからこそできた策だと思う。


それでは、和田がスランプに陥った時も、この「啼き待ち」で対処すれば良いかというと、それは違う。
和田はビョンさんと違い、長打に魅力があるバッターだ。そのため自ずと打順も5番になり、
ウッズ、中村紀に挟まれる形で投手に凄まじいプレッシャーを与えることが期待できる。

ところが肝心の5番打者がからっきしではウッズが歩かされるケースが多くなるだろうし、
かと言って7番に下げて、代わりに腰痛持ちの中村紀、ビョンさんの打順を繰り上げるのも負担が大きい。
つまり和田という打者は、期待される役割と能力がはっきりし過ぎているため、
ウッズと同じく起用できる打順が非常に限られてくるバッターなのだ。
(ビョンさんは、良くも悪くも色々な打順で起用することができる便利なバッターである)


そんなわけで、和田が開幕から一ヶ月経ってもスランプから抜け出せない場合は、
容赦なくあの武将の采配で対処すべきだと思う。






                        

          啼かぬなら 外してしまえ 和田一浩



あの和田一浩に限って、期待を裏切るようなことは絶対に無いと信じている。
だが、万が一、セリーグの魔物に呑み込まれるようなことがあれば―。

その時は、やたら守備がうまくて肩の強い明智光秀が、その座を脅かすことになるだろう。

スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2008.01.30(Wed)23:10 | 和田一浩 | Comment : 01 | Trackback : 00 | 
信長は愛知の人ですものね~。
ただパ・リーグが投高打低なのでセ・リーグの方が活躍できるかも、と自分は思ってます!

アナキン #- | URL | 2008.01.31(Thu)00:54 [ 編集 ]


 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ