イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

                           


                            夢を与える職業


「プロ野球選手は、夢を与えることが仕事」

子供の頃は、はっきり言ってこの言葉の意味がよく分からなかった。
お金が沢山貰えたり、みんなに注目されることが「夢」の中身なのだろうか、
それともプロ野球選手を目指す子にとっての「憧れ」という意味での「夢」なのだろうか。
色々考えたことはあるが、結局よく分からないまま時間は流れ、気付くと20歳を越え、
いよいよ世間的には「大人」の扱いを受ける社会人にまで成長してしまった。

そういう年齢になって、最近私はよく選手に自分の境遇を投影するようになった。
例えばうまくいかない事があって凹んだ時に、若手選手がカミナリを浴びたとかいう記事を読むと、
何か物凄く安心するし、選手も頑張ってんだから自分も頑張ろう、という気になる。

逆に、選手の頑張りを見て自分の惰性が恥ずかしくなることもある。
私がのんきに「赤い霊柩車」の再放送を見てる間にも、選手は汗水垂らして練習に励んでいる。
私が「ドラクエⅣ」でせっせとレベル上げに勤しんでいる間にも、選手は死に物狂いでバットを振っている。
そう考えると「こんな事してる場合じゃねぇぞ!」と怖くなると同時に、強く奮い立たせられるものだ。

昔は選手に自身を投影したり感情移入することなんてあり得なかったが、
近頃は事あるごとに中日の選手から元気や希望をもらっている気がする。
そう、気付けば私も「プロ野球選手から夢をもらう一人」になっていたのだ。




                             


               「プロ野球選手は、夢を与えることが仕事」


この言葉の意味をもっと身近に感じたいので、月末にも沖縄行ってきます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/433-536ed257
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック