イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

                           


                          宿星を持つ男達


「鮮烈」という言葉は、この男のためにあるのかもしれない。

中田翔は、球界が待ちに待った鳴り物入りの大スターである。
清原、松井、福留と続いてきた「大打者」の系譜も福留以降はパッタリ途切れてしまい、
いわゆるプロ野球の衰退もこの辺の事情が少なからず関係しているとも言われてきた。
そんな中、現れた待望の化け物18歳は、日ハムファンのみならず全野球ファンの「希望」なのだ。

その中田翔が、初の対外試合で初ヒットを場外弾で飾ったという、漫画のような事実。
これは来年から「中田記念日」として2月10日を祝日に制定しても良いくらいのめでたい出来事である。

「スターにならなければならない宿命」は、常人にはとても想像が及ばぬほどの重さと過酷さを伴うだろう。
しかし、宿星を持つ南斗六聖拳の伝承者達が、戦う運命に背くことができないのと同様、
スターの宿命を背負った選手は何があろうとファン、いや、国民の期待に応えなくてはならないのだ。
中田翔が、今後この運命に打ち勝つことができるかどうかは誰にも分からない。
だが、それに打ち勝つだけの能力が備わっていることは、今日の場外弾ではっきり証明された。
努力を惜しまず、誘惑に負けず、大打者への道を一路邁進に歩んで行って欲しいと思う。




さてさて、大阪桐蔭の後輩はこれ以上ない結果を残した。





                              

                      さぁ、次は先輩の番だ



中田翔をしても成し得なかった「甲子園三連発」の記録保持者が、竜の新時代を切り拓く。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/434-6dd173b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。