イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

                         


                    そこに、一流打者がいた


●中日2-5日ハム

今季の李炳圭はホントに凄い。今日の試合を見て、そう確信した。

この日もマルチ安打を記録し、依然好調をキープする李炳圭だが、
関東在住の私はスコアでしかその好調さを知る由がなく、
これまでは半信半疑で「凄いらしい」と語ることしかできなかった。

しかし今日は久々にCSで試合が生中継されたため開始から終了まで見られ、
結果だけでなく内容も伴っていることがはっきり確認できたのだ。

中でも成長を感じたのが、8回に武田久から技ありの安打を放ったシーンである。
初球の逃げる変化球を逆らわずに流す様子を、画像でご覧頂こう。





                         


                         


                         


                         


                         



如何だろうか、まるでポッカリ空いた三遊間を狙い済ましたかのような流し打ち。
昨年、幾度となく見た「腰が引けた中途半端なスイング」の面影は、そこにはない。

オフには韓国代表の最終予選メンバーから外される屈辱も味わった。
そのことが、かえって着込んでいたプライドを脱ぎ捨てるキッカケになったのかもしれない。
今の李炳圭は、何か活き活きと野球を楽しんでいるように見えるのだ。


超一流独特の風格というか、オーラというか・・・。
その姿はまぎれもなく、





          

                   「韓国のイチロー」だった



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/442-07ae606b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック