イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

三重県の星


○中日6-1横浜

中日ドラゴンズは地図的に東海地方のチームだが、
一般的に東海地方は愛知・岐阜・三重の三県に区分されている。

この三県に住む野球好きは、三重の南部を除いて8割方が中日ファンと考えられ、
タクシーで「野球どうだった?」と聞くと中日の結果を真っ先に教えてくる土地柄である。

そのため地元住民は「中日=名古屋」ではなく「中日=東海」という印象を抱いており、
当然この三県出身のプロ野球選手には和田のように昔からのドラゴンズファンが多い。

しかし、ここで注意すべきは、中日のホームエリアだからと言って、
必ずしも中日の選手が三県・・・特に三重県から輩出されているわけではない、という点である。


過去、最も大成した選手が豊田(巨人)では少々インパクトが弱いし、
第一地元の中日で名の知れた選手が過去一人もいないのは寂しすぎる。

赤福や松阪牛、伊勢えびなど、食文化に関してはやけに豪華だというのに、
野球選手の生産量と質は愛知・岐阜に大きく劣る不遇の県・三重。

だが、中日と三重の微妙な関係に終止符を打つべく、今ノリにノッている若者がいる。





                         

                多気郡出身・西川明である



ルーキーイヤーこそ実力を発揮できぬまま二軍で悔しい日々を送ったものの、
今季はキャンプからアピールに成功し、現在まで一軍帯同を続けている。

18日の巨人戦で代打出場し右前へ強烈なゴロヒットを放ち、
翌19日の横浜戦ではスタメン出場を果たして4打数2安打と結果を残したのだ。

そういえばキャンプ序盤には特製の矯正マスクで練習に励んでいるという話題もあったが、
守備も無難にこなしているようだし、将来は岩崎、谷らと共に内野の一角を争う選手になりそうだ。



ちなみに私、3歳~18歳を三重県で過ごしただけに、西川は猛烈に贔屓していこうと思う。
頑張れ、西川!植木等、野口みずきに続く三重の星になれ!

過去の中日選手で一番大成した三重出身者が koyama01.jpg ←この人じゃ、ちょっと寂しすぎる。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/445-0b63f1aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック