イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

   


山本昌、足掛け25年で悲願の200勝達成!



○中日5-1巨人

勝・山本昌
負・木佐貫



                    





【本日の感想】


僕がプロ野球に興味を持ち始めたのは小学4年生のとき。

当時、まだナゴヤ球場という狭いホームで戦っていた中日は、

「守り勝つ」とは程遠い打高投低の野球を持ち味にしていた。

今思えば、大豊とかパウエルとか山崎とか彦野とか・・・、

考えただけで冷や汗の出るような守備布陣で戦っていたものだ。

でも、そんな中でも、ほとんど打たれない凄い投手が中日には二人いた。

一人は、今や伝説となったスローカーブの使い手・今中慎二。

表情ひとつ変えず淡々と打者を「斬りおとしていく」様は、

小学生ながらそのストイックさに惚れてしまうほどだった。

そして、もうひとり。

クールで細身の今中とは対照的に、

いつも温和な笑顔を浮かべる体の大きな穏やかな人。

そう、彼こそが、山本昌その人である。

100キロ近い図体から放られる130キロ台の緩い球で打者を撹乱し、

「針の穴を通す」という比喩に相応しいコントロールで審判の目をも騙す。

そして、山本昌といえば、

枕詞のごとく用いられる決め球・スクリューボール。

そのどれもが当時の僕には魅力的で、

ちょうどテレビのヒーロー物から卒業した時期に出会った、

生まれて最初のリアル・ヒーローであった。

その頃はまだ、

その日その日の活躍にしか興味を持っていなかったが、

やがて見聞を広めると、なんと山本昌という投手は、

僕が生まれる前から中日にいた事がわかった。

1984年にルーキー年を迎え、そこから中日一筋。

そういえば「山本昌=ベテラン」という印象を持ってからも、

もう10年くらいが経っているんじゃなかろうか。

だが、とにかく息が長い山本昌も、ずっと輝き続けてきた訳じゃない。

途中、怪我で勝ち星を減らす時期もあったし、

若手の台頭でローテの三番手に回ることもあった。

それでもこの人の凄いところは、またすぐに華々しく復活するところにある。

例えば1995,96年と二年続けて一桁勝利に終わったかと思うと、

翌1997年には最多勝を挙げて汚名返上。

また、40代を迎えてそろそろ引退の声が聞こえ始めたかと思うと、

史上最年長でのノーヒットノーランをやってのけたり、と。

とにかく山本昌は、ずっと輝き続けるわけじゃなく、

ある時…、それこそ忘れられかけた時、

突然誰よりも燦然と輝き、周囲を仰天させるタイプの人なのだ。

それは、200勝へ向けてのチャレンジにおいても例外ではなかった。

2006年に11勝を挙げて通算191勝とした山本昌は、

嫌でも周りが記録を意識する中、残り9勝を懸けて2007年に臨んだ。

が、しかし、結果は見るも無残な2勝10敗。

チャンスを与えられなかったのではなく、

与えられたチャンスを悉くふいにしての結果だった。

まさか、昌が2勝しかできないなんて・・・。

記録を期待していた大方のファンは意外な成績に落胆したし、

他の誰でもない昌自身、身を退くことを意識したという。

そうした中、背水の陣の覚悟で臨んだ2008年は、

怪我以外では入団初期以来という二軍でのキャンプを迎えた。

それまでずっとホテルが個室だったのも、

特別扱いをしないという落合監督の意向の下、

高卒間もない若い選手との同部屋に「格下げ」。

一見すればプライドを傷つけかねないこの方針だが、

山本昌自身は周囲の過剰なプレッシャーから解放され、

初々しい気持ちでシーズンに臨めたとこの一件を振り返る。

そして迎えた今季初登板は、4月1日の巨人戦。

久々のマウンドは初回に早々と背中の痛みを訴え降板するも、

その表情は前年にみられた緊張感で包まれたそれではなく、

本来の昌らしい晴れやかな笑顔に戻っていたように思えた。

それから一ヶ月後の5月7日、背中痛から復活した昌は広島戦で初勝利を挙げると、

その後は一度の足踏みを経験しながらも順調に白星を重ねる。

そして、いよいよマジックは「1」となり、8月4日を迎えた。

相手は、現役最多38勝を誇るお得意の巨人戦。

過去に幾度となく死闘を演じてきた宿敵は、

大記録を達成するにはこれ以上なく相応しい相手である。

そして3万8千の大観衆が見守る中、

運命の18:00、プレイボールの声が鳴り響く。

さすがに今日ばかりは、球場全体が妙な雰囲気に包まれていた。

現地にいたわけではないが、テレビからそれはよく伝わってきたし、

試合前から僕自身、仕事が手に付かないほど緊張感で一杯だった。

だが、ファンがこれだけ騒然となる中、

当の本人だけは、極めていつも通りだった。

背をピンと伸ばした躍動的なフォーム。

打てそうで打てない、52回転/秒を誇るキレ味満点の直球。

そうだ、これが山本昌だ。

何一つ変わっちゃいない。

小学生の時分、仮面ライダーやウルトラマンを卒業し、

初めて「あこがれ」という視点で人を見た、あのときの山本昌と、

何一つ変わっちゃいない。

そうして投げた、9回127球―。






                     


           史上24人目の200勝達成





この素晴らしい日を、僕は一生忘れない。

山本昌は、今も昔も、ずっとみんなのヒーローだ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いつまでもいつまでも
応援しているチームが違っても
みんなこの方は大好きですよ
2008/08/09(土) 10:25:28 | URL | #MDo56pwE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/449-83e7ec47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック