上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 





中スポがぶっ飛んでる




 近の中スポはぶっ飛んでいる。前からそうだ、と言われれば返す言葉がみつからないが、それでも最近は、そのぶっ飛びぶりが常軌を逸している。例えば今日の一面(上記画像)。各紙がそろってサッカー代表を取り上げる中、この新聞だけはまさかの英二である。それも、なにか特別な事態がおきたわけではなく、英二が森野相手にバッティングピッチャーをつとめた。ただ、それだけのことが、国民の関心を集める代表戦を小さく左端に追いやってしまうのだ。いったい東海圏民の何%が英二の話題に食いつくというのか。いくら野球ファンでも、さすがに今日はサッカーだろ。思わずそうつっこみたくなる中スポの暴挙に、あきれを通りこして清々しさすら感じるほどだ。判官贔屓も、ここまでくると立派。この調子でWBCの期間中も大会をいっさい無視してドラゴンズ情報に徹してくれたら、私は中スポ本社の玄関前で土下座をしてやろうと思う。

 プロ野球の人気低迷が叫ばれて久しい今、球団が生き残る最大の術(すべ)が地域密着であることは、北海道の日本ハムが証明してくれた。その点、親会社たる中スポの度をこえたドラ贔屓というのは、まさしく現代のスポーツビジネス手法の常道ともいえよう。実際、中スポに総合スポーツ情報誌の要素をもとめる読者は、あまりいないと思う。そういえば昨年、一時的にではあるが、中スポは従来のドラ応援紙のスタンスをゆるめ、いくつかのトピックスを一面に載せる一般紙のような構成にかえたことがあった。結局元のドラ情報紙に戻したところを見ると、おそらくあまり評判がよくなかったのだろう。それもそのはず、中スポは文字通り盲目的にドラゴンズをあつかうからこそ意義があるのだ。その他のスポーツの記事が読みたければ、最初から日刊スポーツかスポニチあたりを買えばいい。極端にいえば、中スポは1~3面のドラゴンズ記事だけでじゅうぶん成立する媒体である。だからわたしは、これからどんな国民的なイベントがあっても中スポには中スポらしくあってほしいし、世間に媚びるようになったら中スポは終わりとさえ思うのである。ぶっ飛べ、中スポ。

スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2009.02.12(Thu)22:48 | チーム全般 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 


 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ