上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 





サムライ出陣!




 ビッグ3が揃うと、さすがにオーラがある。次々と宮崎の地に降り立つ球界のスタープレイヤー達。その注目度は、NHK「ニュース7」のトップを飾るほどだ。ひしひしと伝わる緊張感、恐怖すら感じるすさまじいまでの威圧感。福留、松坂、岩村、城島、藤川、ダルビッシュ、そしてイチロー。この布陣をみただけで、野球ファンならば込みあげる興奮を抑えられないはずだ。70年以上のプロ野球の歴史は、ここから新たなステージへと突入する。間違いない。第二回WBCは、今後永らく語り継がれる伝説の大会となるだろう。そして、我々は後世の者たちに、この大会をこう伝承していくのだ。






「そこに、竜はいなかった」、と。






 中日ファンにとって、とても肩身が狭く、とても心中複雑な二か月間がついに始まってしまった。大会の盛り上がりをみて中日への興味を失うファンも、きっとおられるだろう。それはやむを得ないことだ。これだけ国を挙げて盛り上がっているさ中、ドラゴンズへの興味を保持しつづけろというのが難しい話なのかもしれない。やれイチローがどうした、やれ松坂がどうした、という話題で世間が沸きたつ中、野本が紅白戦で云々とか田中大輔の怪我が云々とかいうニュースをこれまで同様の熱意で受け入れられるか、正直言って私にも自信がない。しかし、それでも我々にとって最重要なのは、イチローでも松坂でもなく、野本の開幕スタメンであり、田中大輔の怪我完治なのだ。今回の心の葛藤は、中日ファンでありつづけるための試練といっても過言ではなかろう。もちろんWBCは見るし、中日の選手が出場してないのは素直に残念だが。あくまで心のベクトルは中日に向けていられるよう頑張りたい。
スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2009.02.15(Sun)22:09 | チーム全般 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 


 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ